2008年10月22日

《赤壁/レッドクリフ》予習本

映画はわかりやすいので予習は不要と書きましたが、下のような本も出ております。本屋でチラ見してきたけど、パーフェクトガイドは写真もたっぷり、各俳優の紹介も詳しく載っていました。キネマ旬報も「赤壁」特集ページが結構な分量、載っておりました。

  
posted by meiry at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他中華芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《おばさんのポストモダン生活/姨媽的後現代生活》

今年の秋の映画祭については、期間中の予定がはっきりしなかったこともあり、先行予約はおろか一般発売の前売り券も買っておりません。でも、この映画は当日券が買えたので観てきました。
以前にも映画祭で上映された作品で、今年は特別再上映という形で一日のみ上映されたもの。監督は霆鋒出演の《玉観音》と同じ許鞍華(アン・ホイ)です。

今から観る人もそういないと思うのでネタバレしますが、上海で一人暮らしをしているおばさん(斯琴高娃/スーチン・ガオワー)をめぐるお話。そうです、主役は“おばさん”です。
おばさんは中国東北地方のある街で暮らしていたんだけど離婚して一人で上海で暮らすようになって10年。ケチケチ節約生活ながらも気ままに都会生活を楽しんでいたのに、周潤發(チョウ・ユンファ)演じる怪しい“おじさん”と知り合ったことがきっかけで詐欺にあい、コツコツ貯めた全財産を失ったあげく、陸橋の階段を踏み外して手と足を骨折してしまいます。お金もなく身体も動かず、仕方なく10年振りに会う娘(趙薇/ヴィッキー・チャオ)に悪態をつかれながら東北の寒い街に連れ戻されるというのが大筋。

上海でのおばさんはそれなりにオシャレもしてて、シャンとしてて、人情もあり、周潤發とちょっといい仲になるくだりでは可愛らしくもあり、見ててほんと楽しかったです。コミカルな場面も多く、場内でもクスクス笑いが何度か起こってました。(お金持ちな隣人の“水太太”はどこかで見たと思ったら、《男兒本色》のジェイシーのおばあちゃんでしたね。)

ところがいろんなことが起きて(省略するけど)、おばさんは「もう上海では暮らせない」と観念して、10年前に捨てた夫と娘の家に戻るわけです。おしゃれでインテリぶってた周潤發とは比べ物にもならない無骨で無口な夫の世話に明け暮れ、自分もすっかり白髪だらけになってしまいました(上海にいた頃はいつもキレイに染めていたのね)。
ラストシーンは寒い寒い市場。露店で夫が作った靴を売って生活しているらしく、その日も夫とおばさんは市場にやってくる。そこで店番をしながら虚ろな目をしたおばさんが饅頭(マントウ)を口に運ぶ、というところで終わるのです。

途中まですごく面白かったのに、陸橋の階段から転落したおばさんは人生からも転落しちゃって、たぶん嫌で嫌でたまらなくて飛び出してきたのであろう北の寒い街に戻って、淋しげに市場に座っている。このラストを一体、どう受け止めたらいいのか戸惑いました。おばさんや、おばさん予備軍の女性には辛い、悲しいラストでした。どうしてこんなやるせないお話を映画にしたんだろう?と理解に苦しみました。

でも、しばらく考えているうちになんだか解釈が変わってきました。おばさんは少なくとも上海にいた10年間は楽しかったはずで、離婚しないでずっと北の街で過ごすよりも絶対によかったはず。最終的に市場に座ることになったとしても、10年も気ままに楽しく暮らせたんだからおばさんには悔いはないんじゃなかろうか。上海で貯めたお金は全部なくなっちゃったけど、映画の中で周潤發やおばさんが言ってたように「この世に自分のものなどない」。何か物を残せばよいというものではないのです。

そう思っていたら暗い気持ちはなくなりました。同時に私も今でさえあまり将来を考えずに好きなことやって生きていますが、この先、どんな生活になっても悔いのないよう、何でもやりたい事やってやるぅ!と元気な気持ちになりました。うーん、どこまで楽観的?でもこの映画は「ああ、女の人生って何?」とかってため息ついて落ち込むんじゃなくて、そうやってたくましく前向きに解釈するのが吉っていう気がしました。結局、この映画、面白かったわ!
posted by meiry at 01:32| Comment(2) | TrackBack(0) | その他映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

《風雲決》サントラCD

yesasia風雲決OST.jpg 風雲決 香港映画OST 9月30日発売

《風雲決》のサントラですが、主題歌は任賢齊(リッチー・レン)が歌っているので霆鋒の歌は入ってないのでは?と思うけど、詳細不明。
posted by meiry at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(風雲決) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメ映画《風雲決》東京で上映!

noeさんの「てぃんふぉんくん日記」で教えていただきました。

秋葉原アニメまつり2008で、霆鋒が声優を務めた長編アニメ映画《風雲決》が上映されるそうです。10月25日というから今度の土曜日ですね(私は行けない・・・)。詳しくは公式サイトで。
秋葉原エンタまつり2008 秋葉原アニメまつり2008

「東京国際映画節に参加」なんてアチラの記事が出ていたけど、ちょっと催し物の名前が違ってましたね(笑)

追記:「秋葉原エンタまつり2008」は東京国際映画祭の共催・提携企画の1つでした。なので大きく言えば「東京国際映画節に参加」で間違ってはいなかったのでした。
posted by meiry at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(風雲決) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

東京国際映画祭オープニング特別招待作品《赤壁》

東京国際映画祭のオープニング上映《赤壁》(舞台挨拶付き)に昨日、行ってきました。実は知り合いが1枚だけ先行予約で当てたのに都合がつかず行けなくなって、そのチケットを私に譲ってくれたのです。その方、最近私が仕事に追われて激疲れているのを知っていて、「たまにはゆっくり映画でも」と言ってくれたので、ありがたく行かせていただきました。(チケットも嬉しかったけど、その言葉がすごく嬉しかったの、涙)

六本木ヒルズの上映会場では、ちょうど6時からスクリーンでレッドカーペットならぬグリーンカーペットの終着点のアリーナ会場の中継が始まりました。ステージに並ぶ「赤壁」ご一行様。インタビューは呉宇森(ジョン・ウー)監督、梁朝偉(トニー・レオン)、金城武の3氏のみでした。監督は北京語、トニさんは広東語、金城さんは日本語で、通訳は周さんでした。
次に画面はオープニングセレモニーの会場に切り替わり、麻生総理大臣の挨拶やらコンペティション部門の審査員の紹介やらがありました。この後、私、一瞬気を失って(寝てしまって)全く記憶がございません(爆)

ふと気付くとセレモニーも終わりに近づいており、ここで「赤壁」ご一行様の登場です。さっきのアリーナでのご挨拶とほぼ同じでしたね。そしてこれもアリーナと同様にフォトセッションがありました。ここで一番にこやかにカメラに向かって何度も手を振っていたのが呉宇森監督で、去年の香港映画祭オープニングの時のお茶目な監督の姿を思い起こし、「監督、1年ぶりだね〜」と思わず心の中で声をかける私。セレモニー終了は7時過ぎでした。(→呉宇森監督は去年の香港映画祭には来ておりません。すみません、私の勘違いでした。Nさん、ご指摘ありがとうございます。)

さてオープニングセレモニーも終わり、いよいよ私達のいるスクリーン2の会場に監督、キャストがやって来ました。総勢12名でしたっけ?そしてなんと嬉しいことに、ここで初めて全員の方による挨拶が!まず呉宇森監督、そしてトニさんが3回目にも関わらず律儀に同じことをしゃべってたような。次に金城さんは「さっきの様子がここでも中継されてたと聞きました。さっきは本当に緊張して・・・」と笑っていたけど、ここではぐっとリラックスした様子でそれがまたよかったなぁ。正直に告白すると、私の周囲には金城武ファンが多いわりに私は今まであまりピンと来なかったのですが、今回、初めて“金城武”の良さがわかりました!知性と品があって素敵〜。

続いて次々と出演者が紹介され、ここで初めて他の人の声が聞けたわけです。張豊毅(チャン・フォンイー)、張震(チャン・チェン)、趙薇(ヴィッキー・チャオ)、林志玲(リン・チーリン)、[イ冬]大為(トン・ダーウェイ)、チャン・シャン、ワン・チンシャン、そして主題歌を歌っているAlan(アラン)、製作のテレンス・チャンの順番でした。チャン・チェンとチーリンとアランは日本語でもご挨拶。チーリンの日本語が流暢ですごく上手なことにびっくり!!(会場からもドヨメキが!)アランは「OLニッポン」のローラ・チャンに声もしゃべり方もそっくり(笑)

でね、何が一番印象に残ったかというと、それはチーリンの美しさ。もう気がつくと思わずチーリンばっかり見てしまっているというくらい、惹きつけられまして。一番背が高いのに一番顔がちっちゃい!本当に八頭身じゃないかって思うくらいスタイルがよくて、ドレスが似合ってて、光り輝いていました。ヴィッキーもすごく可愛いんだけど、チーリンに比べるとヴィッキーですらズングリムックリに見えるほどですよ!もし私がチーリンの横に並んだら、同じ人類とは思えんだろうなー。ってか絶対に並びたくないわ!って何をこんなに熱く語っているんだろ(笑)
トニさんに金城にチャン・チェンがいるのに、チーリンに食いつく私って、やっぱりヘンですかねぇ。
あ、ここで「赤壁」パート2の日本公開は4月だと発表がありました。

さてさて、その後にようやく「赤壁」鑑賞です。前後編の前編だけでも2時間半。いやー、圧倒されました。ところで、私は自慢じゃないが三国志は全くもってわかりません!そんな私でも全然困らないくらい、非常にわかりやすい映画でした。これは中国以外での上映のみなのかもしれませんが、映画が始まる前に役者の顔写真入りの人物相関図が映り、しかも日本語のナレーションで説明もあって、これで予習はOK!さらに映画の中でも度々、人物名や場所名のクレジットが入るので「中国人俳優は誰も知らない。顔の区別がつかない。」という人でも大丈夫だと思われます。

映画の内容については、これから一般公開もあることなので書かないでおきます。ま、三国志について知識も思い入れもない私に言わせると、「みんなで力を合わせて、嫌われ者の悪いアイツをやっつけようぜ〜!」というお話です(爆)しつこく言うけど三国志を全く知らない私が何の予備知識もなしに見ても、「あー、なるほど、この人はこういう性格なのかー」とキャラがすぐわかる。とにかく非常にわかりやすいです。
そして映画観た後もやっぱり小喬役のチーリンが素敵だったと思う私はチーリンに恋しちゃったのかしらん?(でも映画の中のチーリンより生チーリンの方が数倍美しいです!)それから胡軍(フー・ジュン)と中村獅童もえらくカッコよかったです。ま、金城さんとトニさんがかっこいいのは当然として、それ以外だとね。

これ、観るなら絶対に劇場で!DVDなんかじゃダメ、ダメ〜と言いたいですなー。DVDだと迫力がそがれて変に冷静に見る分、戦闘シーンとかは笑っちゃうかも(!?)いやいや、いろんな作戦が出てきて面白かったよ〜。
posted by meiry at 23:47| Comment(5) | TrackBack(0) | その他中華芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行ってきました!

081018東京国際映画祭1.JPG

081018東京国際映画祭2.JPG

実はチケットが手に入ったので、行ってきました。詳しいレポは後ほど!
posted by meiry at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他中華芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

明日からですな〜

081016tiff.JPG

東京国際映画祭の旗(?)。渋谷の街の飾りつけができてました。(昨日撮影したものですが、バックの空が真っ青!すんごいいいお天気だったんだなーと今、気付いた・・・。)

東京では明日18日から、私が知ってるだけでも3つの映画祭が始まります。

東京国際映画祭 http://www.tiff-jp.net/ja/

香港エンタテインメントシネマ・ウィーク
(同時開催:香港カルトシネマ・フェスティバル)
http://hkccf2008.blog7.fc2.com/blog-category-3.html

中国映画の全貌2008 http://www.ks-cinema.com/schedule.html

今、ぴあのサイトを見てみたら、東京国際のオープニングの「赤壁」以外はチケットがまだ買えそうです(中華圏の、それも私が見たいやつしか確認してませんが)。ああ〜、誘惑されるわ〜。時間があいたら行っちゃうか?

そんで「赤壁」ですけど、舞台挨拶があるとかないとか噂がとんでたけど、それも今、ぴあを見たら、「スクリーン1」はオープニングセレモニーのライブ中継と本編上映のみ。「スクリーン2」はさらに舞台挨拶がつくらしい。ふーん、そういうことになっていたのかー。確かに上映会場が2つに分かれてはいたけど、舞台挨拶の有る無しってチケットの先行予約の時からわかってた?私は知らんかったよ。

その「赤壁」ですが、「当日券はまだ余裕がございます」だそうですよ。
posted by meiry at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

中国語ジャーナル次号に霆鋒インタビュー

←今、本屋さんには黄暁明表紙のこの11月号が並んでいるのですが、その次号予告を見たら、12月号には謝霆鋒(ニコラス・ツェー)のインタビューが掲載されると書いてありました。北京語で答えていて、その音声が付録のCDに収録されるそうです。
ちなみにもう一人は「赤壁」に出演の林志玲(リン・チーリン)ですって。
12月号は11月8日発売です。

霆鋒、ここにきて日本の雑誌に立て続けに登場。どしたの?実はこっそり来日して取材受けてたりして(!)あー、粉ミルクの買出しに来たのかもしれん(笑)

以下は霆鋒のインタビュー記事が載っている最近の雑誌です。
  
posted by meiry at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(雑誌・本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

謝霆鋒演唱《浣花洗劍録》主題曲《終点站》

《浣花洗劍録》の放送が北京でも始まって以来、やたらと《浣花洗劍録》関連記事が出ているようです。さんざん観たので、自分んちにもリンク貼っていると思っていたら、まだでした。→主題歌《終点站》
posted by meiry at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(浣花洗劍録) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

きゃぁ〜知らなかった!!

 いつのまにか日本版DVDが出ていたなんてっ!
 レンタルビデオ屋で発見!
 とりあえず借りてきたけど、観る暇あるんだろうか?

 あ、これ《北京樂與路》の日本版《北京ロック》です。
 挿入歌の一部に汪峰の歌が使われております。
 あっち版DVDは持っているけど、例のごとく熟成中でした〜
posted by meiry at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ワン・フォン/汪峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

落選

忙しいので「今年は参戦できない」と言いつつも、実は東京国際映画祭のオープニング上映《赤壁》だけは、先行申し込みをしておいたのです。仕事があるから行けるかどうかわからないけど、もし当たったらどんな算段をしてでも行こう!と思って。でも『落選』。今のところ私の周囲で「当たった」という話をまだ聞いていません。もし当たった方がいたら、かなりラッキーな人でしょー。
posted by meiry at 01:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

霆鋒インタビュー掲載雑誌

 Asian Wave華流 (Vol.012) (スクリーン特編版)
 
 久々にこの手の雑誌を買ってしまいました。
 だって〜、霆鋒の流し目がイロっぽかったんだもん。
 この雑誌に載ってる他の誰よりも色気ムンムン!(爆)

 来日した華流明星のあの方やこの方や大勢載っているけど、
 毎回思うのは来日しなくても、現地まで取材に行ってでも
 霆鋒を取り上げてくれるというのはアリガタイことよの〜
 「北京五輪では開会式と閉会式に参加」とちゃんと書いてくれてます。
 (参加・・・ってことで、いいのか?笑)
posted by meiry at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(雑誌・本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

インビジブル・ターゲット パネル展@台場小香港

催し自体は終了してしまったのですが、2週間ほど前に友人と「インビジブル・ターゲット」パネル展というのに行ってきました。お台場の「台場小香港」との共催企画だったらしく、パネル展の他に映画の半券を持って行くと割引してもらえるサービスとかあったらしいんですが、全く盛り上がっていませんでした。行ったのが平日だったにしてもガラ空き状態、というより見学者は私達だけ(^^;)
台場小香港1.JPG 台場小香港2.JPG
まずは台場小香港内の某レストランで香港風の麺で腹ごしらえ。

パネル展1.JPG
こんな風にパネルが展示してあるんですわ。監視員とか誰もいないんで写真撮りまくり〜。なんか寂れたショッピングセンターのテナント募集中の空きスペースに、仕方なくパーティションを並べてお茶を濁したような、そんな感じ。

パネル展2.JPG
陳木勝(ベニー・チャン)監督のサインですな。サインが泣いているよ・・・。

パネル展3.JPG
おやおや、パネルがはがれて落っこってます。パネルをこっそり持って帰る人がいない(私が行った時点では一応、パネルは全部あったみたい)のが不思議なくらいです。

パネル展4.JPG
おお!これは去年の香港映画祭の時にレッドカーペットの終点に置いてあったサインのボード!しかし無残にも落書きだらけ。

パネル展5.JPG
霆鋒のサインもイタズラ書きに覆われています。ひどすぎる。こんな状態にしてしまうくらいなら、いっそ展示などせず廃棄処分にしてしまった方がまだマシでは?ファンの気持ちを踏みにじる行為です。見ての通り、落書きの中で目につくのがハングル、そして中文も。
※2007年香港映画祭で撮影した同ボードの写真→<1><2> 記事はコチラ

パネル展6.JPG
別の一角では台湾ドラマ展みたいなものも。こちらは「インビジブル」のコーナーに比べるとかなりスペースをとってあり、展示もきれいでした。でもやっぱり見学者0。

「インビジブル・ターゲット」パネル展はとても人にお薦めできるようなシロモノではなかったので、今までぐずぐずと記事アップをためらっていた次第。去年、あんなに熱気があった香港映画祭なのに、あの時の豪華出席者による貴重なサインがこんなことに!!非常に憤りを感じてしまいました。
posted by meiry at 16:21| Comment(6) | TrackBack(0) | ニコラス(男兒本色) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

霆鋒インタビュー掲載誌が発売(その2)

「第1弾」ってことは「第2弾」があると思っていたら、やはり。《詠春》日本公式サイトにお知らせが出ていました。

ニコラス・ツェー インタビュー記事掲載第2弾!!
 SCREEN 11月号   9月20日(土)発売  
 ASIAN WAVE Vol.12  9月24日(水)発売


そして、私的大発見!さっき《トランサー》の公式サイトを見てて気付いたのですが、《詠春》の「フォン・イー」役の李彩華(レイン・リー)が《トランサー》にも出ていたんですね!!言われてみれば・・・あの子がそうやわ。
posted by meiry at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(雑誌・本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

《2002/トランサー霊幻警察》が劇場上映

詳細が出たので貼っておきます。 シアターN渋谷
詳細ページ・・・香港エンタテインメントシネマ・ウィーク
         (同時開催)香港カルトシネマ・フェスティバル

霆鋒出演の《トランサー霊幻警察》や、セシ(と劉徳華)出演の《剣客之恋》を劇場で観られます。他には映画版《上海グランド》やこれが日本最終上映となる《拳神 KENSHIN》など。
《トランサー霊幻警察》の上映日、時間は以下のとおり。
 10月20日(月)13:15〜
 10月23日(木)17:15〜  うーん、微妙だ!行けそうな行けなさそうな時間帯・・・

《トランサー》は公開初日に観に行ったわ〜。確か上映中に地震があって結構揺れたけど、ちょうどクライマックスのシーンで誰一人席を立つ人も叫び声をあげる人もいなかったのが不思議でした。私は関東の人間じゃないんで、あの程度の地震でも超びびったけど。ま、そんなことはどうでもよろし。あの時の前売り券についてたプレゼントはポストカードだったし、上映初日の先着プレゼントは特典映像のVHSビデオテープでした(VHSってところが今じゃ有り得ない・・・)。このビデオの内容は、後に出た日本版「トランサー」DVDの特典映像と同じようでちょっと違うんだなー。
その時のお知らせサイト、まだありましたよ。→トランサー公式サイト
posted by meiry at 23:56| Comment(4) | TrackBack(0) | その他中華芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分用覚え書(^^;)

 浣花洗劍録 アメリカ版DVD(北京語・広東語音声/英・中国語字幕)

 リージョンといい音声といい、これが最も理想的なタイプですね。
 いつになったらこれに手を出せるのかわかりませんが。。。
 楽天でも買えるんですね。送料無料だし。
 いつか買える(観れる)日が来た時のためにリンク貼っておこう。
posted by meiry at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(浣花洗劍録) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

《インビジブル・ターゲット》

yesasia男兒本色1.jpg インビジ看板.JPG

《インビジブル・ターゲット》(原題:男兒本色)
観てからもう何日もたってしまったけど、なかなか落ち着いて感想が書けず。。。
この映画は去年の香港映画祭で一度観ていて、今回が二度目でした。はっきり言うと一度目の感想は微妙で、だからここにも何も書かないままだったし、その後DVDを観直すこともしていませんでした。でも!今回は観終わった後、素直に「おもしろかった!」と思ったし、「霆鋒かっこいい〜」とも思いました。もう一度観てよかったです。一度目はいろいろな要素が重なって、映画に集中できなかったのかもしれない。

かなり長い映画だけどテンポがよくてスピード感があるので長さを感じさせないし、観終わった後の清々しさ(ラストで重要な登場人物が1名亡くなり、『何も殺さなくても』とは思うものの、でもエンドロールが流れる頃にはなぜか清々しい気持ちに・・・)もよい。盛大に爆破して、燃やして、ぶっ壊して、割りまくって、これでもかっていうほど殴り合って、ちょいとじ〜んとしたりもして、これで爽快感を感じなくてどうしましょ、という映画です。

なにより良かったのが、出演者たちのチームワークの良さ。謝霆鋒(ニコラス)、余文樂(ショーン)、房祖名(ジェイシー)の3人が最後に最強の敵、呉京(ウー・ジン)と3人がかりで戦うシーン。これ観ながら思ったのです。「《かちこみ》もやっぱ最後は3人で戦って欲しかったなー。」
そして役柄の上だけでなく、敵役の呉京や安志杰(アンディ・オン)、サム・リー(字が出ない)らも含めて、特に若いキャストそれぞれが好演しているのが気持ちよかったです。霆鋒が成龍と共演した《香港国際警察》も大好きな映画だけど、あれはやっぱり成龍がいてこその、成龍の映画。でも《インビジブル・ターゲット》は、スター選手はいないけど選手全員が力を合わせて戦ったサッカーの試合を見たような感動がありました。

そう言いつつも、一度目に観た時は「ジェイシーに全部持っていかれた」ような気がしたけど、今回は「やっぱり中心は霆鋒なんだ」と再認識。スタントも含めアクションも頑張ってたし。そりゃ一番強いのは呉京だけど、最も「全力を出し切った」感があるのは、やはり霆鋒でしょう!

あとは小ネタ。まず冒頭付近で《詠春》の“阿春”と、《詠春》第一話で霆鋒にコテンパンにやっつけられるバカ息子役の人を発見!“阿春”は今回も良い子風味の役で、“バカ息子”は今回もチンピラ役だった。チンピラ役が似合いすぎ(笑)
それからこれは一度目に観た時からチェック済みなんだけど、きっとみんな気付いたと思うけど、遊園地のシーンにエイドリアン氏がしっかり映ってるね。見覚えのあるグリーンのシャツを着て。
posted by meiry at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(男兒本色) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

霆鋒、街をぶらぶら

香港でプライベートな時間を過ごしているところを写真に撮られている霆鋒さん。
セシ同伴で友人と食事をしていたとか、妹と街をブラついてたとか。

セシとラブラブハートたち(複数ハート)21CN
妹ともおデート→TOM
 妹、気を遣ってペッタンコの靴を履いておる(笑)
posted by meiry at 14:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ニコラス(謝家の人々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汪峰の新譜発売は来年の春節頃

久しぶりに汪峰が自分のブログを更新していて、そこに新譜のことが書いてありました。新譜に収録する曲の作成と選曲がやっと終了したこと、これから編曲と録音をして発表できるのは来年の春節頃だということなどなど。まだまだずーっと先の話ですなー。気長に待っていることにします。
posted by meiry at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ワン・フォン/汪峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。