2009年10月02日

霆鋒@国慶節

10月1日は中国で大々的に建国60周年のイベントが行われたそうで。天安門広場での晩会で霆鋒も歌うと聞いて(読んで)、「おーすごい!」と思っていたら、別のところには「参加歌手は70数名」などとも書いてあって、ちょっと「なーんだ」な気持ちになったりしてました(笑)

で、さっそく動画があがってました。→QQ
大陸、台湾の全然知らない歌手と一緒に3人で「大中国」という歌を歌っています(むかーし、お正月番組で「百家姓」を歌ってたのを思い出すなぁ)。動画には歌っている歌手はほんの一瞬しか映りません。あとはとにかくド派手なパフォーマンスを繰り広げる踊り子の皆さんと観客席?
日本のテレビのニュースでは軍事パレードのことしか言わないけど、この大喜びで飛び跳ねて踊っている人達の映像も流せば面白いのに。それとも日本国民はただ唖然として引いてしまうだけかな。

それにしても、霆鋒の声はやっぱりいい。特にこういう大舞台ではよく聴こえる、っていうか大舞台に似合う。イベントごとによく霆鋒が呼ばれるわけがわかる気がしました。なんかやっぱり華があるんでしょうなー(声にも見た目にも)。

2009年03月11日

「歌わなくても損失はない」

新浪に、今度の霆鋒の新譜について書いた記事がありました。→新浪

えー、私の中国語力は、霆鋒の普通話の後退どころじゃないくらい劣化しておりますゆえ、記事の日本語訳をここに書くのは差し控えますが、ざっと読んだ限りでは新譜への評価はあまり高くないような。。。でも霆鋒さんは映画や広告で稼ぐことができるので、「今後歌をやめたとしても損失はない」と。そしてファンにとっても「『不好聴的歌』(うわー、はっきり言うなぁ)に邪魔されずに彼の演技を見られるから損失はない」とか書いてあります(情けないけど、最後の方がよくわかんない。違う意味かも。)かなり皮肉っぽいけど、でも言わんとすることは、先日私が書いたこと(過去記事)と通じるところがあるわけで。

“霆鋒の歌のファン”という人には申し訳ないけど、でも私はもともと「霆鋒の全てが素敵!」とは思ってないのです。むしろ彼は不器用だと思うし、それでも一生懸命なところが好きだし。でも私だけじゃなく多くの人が『不好聴的歌』と思うなら、もう歌やめてもいいのでは?ただ引退するとか言わず、演技の方面では頑張ってほしいですな。応援している人達のことを考えれば、「引退したい」とかあちこちで言いまくってる霆鋒くんはどうかと思う。歌がイマイチなことより、そっちの方が問題だ。演技の道でもっと精進しなされ。(記事によると、霆鋒の普通話の発音に進歩が見られないのも『不好聴的歌』と言われる理由らしいです。)

久々の記事アップが、霆鋒への苦言になってしもうた。気分を害された方がいらしたらごめんなさい。

追記:こっちの記事(図e網)は“酷評”といっていいですね。いわれ無き非難は聞き流すし、まして自分のブログで紹介などしませんが、この記事を読んでいちいち「ごもっとも」だと思ってしまうから悲しい。
霆鋒、プロモ活動がイヤだとか、自分はこの業界に向いてないとか、そんな愚痴ばかり聞かされ、挙句にこんなアルバムじゃぁ・・・。ほんともう音楽やめていいですよ。

2009年02月20日

霆鋒 「歓楽中国行」出演

謝霆鋒(ニコラス・ツェー)がCCTVの「歓楽中国行」という歌番組(2月15日放送)に出演したそうで、CCTVのサイトに動画があがっています。 CCTV 歓楽中国行 走進張家港1

江蘇省張家港というところでの収録のようですね。長い動画ですが、これの開始8分から20分にわたり霆鋒の出演部分となっており、《成者為王》と《謝謝[イ尓]的愛》を歌っています。2曲の合間に司会者とのトークと、空手のように素手で板を割るパフォーマンスをやってます。まるで武術家のよう。あ、Lucasの話もしていて、Lucasの1歳のお誕生日に霆鋒が作った例の動画(霆鋒の命をはったアクションシーンを集めた)の紹介もありました。霆鋒はあいかわらず見た目は麗しいです。
霆鋒の歌部分だけを観たい方はこちらの動画を。《成者為王》 《謝謝[イ尓]的愛》

オマケ:同じ「歓楽中国行」の別の回に汪峰(ワン・フォン)が出演しています。“あら?パーマかけた?”な老板です。(ステージとか観客を見ると霆鋒の時と同じ会場のような気もするけど、番組名がビミョーに違う・・・) 歌曲《怒放的生命》演唱:汪峰

↑汪峰の新譜はいったいどうなったんだ?と調べていたら、ずらずらとこんな情報が出てきました(^^;)

2009年02月11日

ダウンロードはしないでね

この1つ前の記事で「霆鋒の新譜から5曲が試聴できます」とリンクを貼りましたが、それは公式のものではないそうです。今度の新譜のネット配信を担当する(?)“無線星空音樂”というところによると、霆鋒の新譜はまだ正式に発行されておらず、映画《証人》の主題歌《可以可以[口馬]》以外の4曲の試聴音源は公式なものではないとのこと。ファンの期待と関心があまりに高く、このように不正に露出してしまったのであろうと記事にあります。鳳凰娯楽

一度貼ったリンクをどうしようかと思いましたが、もとから公式なものとは思っておりませんし、ここを見てる方もそうだろうし(笑)ってことでそのままにしておきます。私はどうやってダウンロードするのかわかりませんが、もしわかってもダウンロードはしないでね。

販売方式がネット配信のみとか言ってますが、「しばらくは」とあるので、待ってりゃそのうちCDも出るでしょう。中国・香港のネット普及率がどうなのか知らないけど、CD需要だってそれなりにあるわけで、EEGがそれを無視するわけがないよね。

2009年01月25日

中国の氷川きよし

と言ったら怒られるかな?
1月24日の夜に放送された「2009遼寧衛視春節聯歓晩會」で謝霆鋒が『因為愛所以愛』を歌ってます。→謝霆鋒《因為愛所以愛》@捜狐
春節聯歓晩會特集ページ@捜狐 

中国の歌手は誰でもこのように十年間でも同じ歌ばかり歌い続けるのでしょうか?オリンピック前によく歌ってた『黄種人』はまあまあ好きな曲だったからいいけど、『謝謝[イ尓]的愛1999』と『因為愛所以愛』はほんとにもう聴き飽きたよ(もともとあんまり好きじゃないし)。これはやっぱり霆鋒にその後のヒット曲がないからなんでしょうか?その後のヒット曲がないのに、いまだに歌番組に呼ばれるのも不思議だな。

中国大陸で絶大なる人気があるのは確かだろうけど、『謝謝[イ尓]的愛1999』とか『因為愛所以愛』を若い人が好んで聴くのだろうか?上の動画で、大喜びで聴いている観客もどうも若い人ではないような・・・。なので“中国の氷川きよし”って思いました。氷川きよしは最初から演歌歌手だけど霆鋒は違う。これが霆鋒の思い描く理想の音楽活動ではないはずで、もうCD出さないって口走っちゃう気持ちもわかるなぁ。でも私としてはチョーかっこいいアルバムを出して、それをヒットさせて、『謝謝[イ尓]的愛1999』や『因為愛所以愛』に代わる新しい代表曲を生み出して欲しいと切に願う!

前にも書いた映画《北京樂與路》の中で北京の海賊盤屋が出てきて、そこのオヤジが「ここに海賊盤CDがある歌手こそ中国で人気がある歌手なんだ!」とうそぶくシーンがあります。そして店先に並んだCDが映って、そこにあったのは劉徳華と謝霆鋒でした。あれは映画のテーマでもあったアングラロックとの対比で、一般大衆受けする商業ベースに乗った音楽の象徴としての「謝霆鋒」だったのかも。そして「謝霆鋒」といえばいまだに『謝謝[イ尓]的愛1999』であり『因為愛所以愛』なのよね。うーん、なんとかこの状況を打開してくれないもんかしら?今度の霆鋒の新しいアルバム、霆鋒が精魂込めたアルバムが大ヒットしますように!!

2009年01月19日

お疲れの霆鋒さん

霆鋒が「疲れた」発言をしているらしいっすよ。そして「自分は芸能界には向いていない」とも。だからなのか、次に出すアルバムが『最後の1枚』になるかもしれんと。
(詳しくはコチラでもご覧ください。→新浪

でもよくよく考えれば、前からずっとそういう事(芸能界に向いてない云々)を言ってたしね。今に始まったことではないですね。だからって即引退ってこともないだろうし、現実問題としてそんなことができるのか?ってこともあるし。ショックを受けている人には申し訳ないですが、meiryの感情バロメーターの針はピクリとも動いてないんですよ。なんかねー、偶然にも霆鋒の「疲れた」と私の現状がシンクロしてます〜。テンション低くてすみません。。。

しかし例えば上に書いた新浪のリンク先とかの画像はバリバリにイケてる霆鋒なんですよね。何度も書くけど、今、ビジュアル的にはすごくいい塩梅ですよ(ほら、この人ってイケてる時とイケてない時の差が激しいから)。だから仕事とか私生活とかも充実してるんだろうと思っていたのに、仕事に対して後ろ向きな発言が出るとはねー。ま、そんな時もあらーな。霆鋒、元気出せ!ワタシも元気出せ!

2009年01月11日

お久しぶりの歌う霆鋒さん

CCTVの「星光大道」という番組にゲスト出演して、『謝謝[イ尓]的愛1999』を歌う霆鋒さんです。
CCTV.com

もうオリンピックも終わってしまったから、『黄種人』ではなくまた『謝謝[イ尓]的愛1999』を繰り返し繰り返し歌うのね。でもご機嫌良さげな霆鋒さんで、お得意のステージの端に座って歌うっていうのをやってます。最近の霆鋒さんは衣装もプライベートの私服もまあまあ普通(香港明星の中では上出来なセンス)なのは、嫁の見立てなのかしらん?それにしても、痩せすぎず太りすぎず、お顔もツルツル、ピカピカでベストコンディショ〜ンらしきご様子、“日本の母”は陰ながら安堵しております。
なんて、久しぶりに霆鋒の姿をゆっくり見て、あれこれ思ったりしている休日のワタクシでした(笑)

映画《証人》の香港版DVDの発売日は1月21日になったようですね。《証人》香港版DVD

2008年12月16日

榜單:全球華語歌曲排行榜第429期

霆鋒の『可以, 可以[口馬]』が初登場5位だそうです。→新浪音楽

というか、霆鋒さんが久しく音楽活動をしていないので、こんなランキングが新浪に出ていることも知らなかったぞ。この曲、それほど私の好みではないけど人気があるみたいです。
それはいいんだけど、新譜はいつ出るのだろう?霆鋒は「納得のいくアルバムを作るために時間をかけることを、会社も認めてくれている」などと以前のインタビューで答えていました。それはとってもよかったねーと心から思うものの、ファンをあんまり待たせ過ぎないようお願いします。(あ、それは汪峰さんにも同じこと言いたい、笑)

ところで百度MP3に「電影金曲」というページがあってですね、そこでも8番目に『可以, 可以[口馬]』が上がってます。でも《画皮》とか《梅蘭芳》という最新映画の主題歌に混じって《情癲大聖》の『愛』が堂々の2位です。これ霆鋒と阿saがデュエットしている歌ですが、いまだに根強い人気なんですね。ここのページには他にも古い映画の主題歌がちらほら出ていて、1個ずつ聴いてみたら楽しいかも。いいところをみつけました(^^)

2008年12月11日

雑誌のインタビュー?

101A359DJ_small.jpg
グラビアらしい写真とインタビュー記事。→金鷹娯楽

《時裝L’OFFICIELHOMMES》という雑誌(?)のインタビューらしいです。上のほかにもかっちょえ〜写真があり。

2008年11月04日

霆鋒&セシ 夫婦で事務所設立???

皆様、ご無沙汰しております。世間一般的には連休だったこの3日間、私は仕事と家族の用事と自分の遊びで大車輪で動き回り、しかも仕事ではドッカーンと頭に金だらいを落とされたようなショックを受けて(実はそういうことは割とよくあるんですが−どういう職場や−)クタクタに疲れ果て、ネットのニュースもよそ様のブログも見ないでクタバッテいましたら。。。

友達がメールで知らせてくれました。「ニコラス・ツェー、妻セシリアと芸能事務所設立へ」ですと!?日本語で読めるので、まあ、こちらをご覧ください。→Yahoo!ニュース
あと中文の記事で手っ取り早く、手近なところでみつけたのがコレ。→21CN

中文記事とあわせて読んでみると、霆鋒とEEGの契約が切れるのは2010年で、独立うんぬんというのはまだ先の話だし、霆鋒が何か言ったわけでもなく、結局のところ推測記事のようですな。EEGとの契約継続について聞かれた時の霆鋒の態度が非常に曖昧だったのと、長年、霆鋒と親密な関係にあった“助手”の周柱輝氏が突然、EEGに辞職を願い出たことから、このような話がマコトシヤカに語られているようです。阿輝の辞職というのも事実なのだろうか?どうだろうか?いつものことだけど、ヤホーさん(配信元はヤホーじゃないが)の記事は大雑把すぎる訳(ってか省略記事)で人騒がせなこっちゃ。もっとも私も中文記事を1コ読んだだけなんで詳しいことはよーわかりません。

2008年09月17日

霆鋒の國語アルバム10月発売?

ようやっと新譜の話題が出ましたよ。
「亜洲小天王謝霆鋒 将推出新専輯 重金属揺滾会為主打」華龍網

新しい國語アルバムには10曲の新曲の他に、映画やドラマの主題歌も収録されるそうで、「10月28日推出」と書いてあります。ひゃっほ〜♪しかも主打曲は“重金属揺滾”(=ハードロック?)らしい。いえ〜い♪具体的な曲名もいくつかあがっているし、今度こそほんとに新譜が出そうですな。たらったらった〜嬉しいな!!(すんません。書いたのが夜中なもんで異様なテンションで浮かれてます、笑)

関係ないけど、Lucasの近影だよーん。セシにも似てきたね。大河網
W020080916552518439309.jpg

2008年08月13日

霆鋒 奥運會開幕式について語る

インタビュー動画です。→QQ

あいかわらず白シャツが似合うし、お顔もすっきり、いい感じです。
でも霆鋒、普通話がちょっと下手になった気がする。。。

2008年08月11日

そして仕事は続く

霆鋒さんは北京から上海へ飛び、《喝彩,北京奥運》という番組に出演したそうです。熱唱するステージ写真あり。東方網

柔道で連覇を果たした内柴選手は、スランプから脱出するきっかけが幼い息子さんの言葉だったとか。そして優勝を決めた後のコメントが「これが僕の仕事ですから」。息子に父が金メダルを取ったところを見せたい!と頑張った内柴選手の姿に思わず霆鋒を重ねちゃった霆鋒ファンは、きっと私だけじゃないよね。

そして霆鋒父ちゃんは今日も仕事に励んでいるのだろうか?霆鋒も汪峰もいったいいつ新譜を出してくれるのかと待ちくたびれたけど、オリンピックのために全てが後回しみたいなんで仕方ないですねぇ。

2008年08月09日

霆鋒 結構長い(?)インタビュー

昨日の開会式が始まる前に、霆鋒は中継車の中で取材を受けたそうです。その動画があがってます。私はまだ全部観てないけど、タイトルからして家族のこととかも語ってる?後でゆっくり観るためにリンクだけ貼っておこう。

視頻:謝霆鋒壓軸大合唱 担心張柏芝和兒子看不到

視頻:謝霆鋒自稱十年沒改變 兒子現在粉絲成群

視頻:謝霆鋒跟張朝陽逛北京 抱怨北京房價太高

視頻:謝霆鋒嘴○想吃水煮魚 担心開幕式上出状況

2008年08月08日

追加〜

4599328504862017912.jpg

奧一娯楽頻道1 奧一娯楽頻道2
↑ここに、“鳥の巣”に入る歌手、司会者のそれぞれの写真があがってます。これまでに書いた以外に、孫楠(スン・ナン)、莫文蔚(カレン・モク)の姿がありました。

2008年08月02日

謝霆鋒-Top Stunts



霆鋒さんは順調にブログを更新しているようで、喜ばしいことですな。そのブログに「Nicholas Tse 謝霆鋒-Top Stunts」という動画が貼ってあったんで、同じものをここにも持ってきました。

これ見ていて、涙が出そうになった・・・。ほんとにいつも一生懸命、がんばってるよね。霆鋒、私は一生、アンタのことを見守っていくよ。たとえ迷惑だと言われようとも、見守らせてもらうからね(爆)

そして、Lucas、お誕生日おめでとう〜〜!!バースデー

2008年07月27日

エイドリアン氏のブログ

alive not dead内にありました。まだ写真がアップされているだけで、ブログ記事はないけど。霆鋒のブログの“お友達コーナー”に一人増えていて、よく見たら「adrian」、あーらエイドリアン氏じゃありませんか!というわけでした。
Leung Adrian@alive not dead

2008年07月22日

霆鋒のおニューなブログ

もう既に読まれている方も多いのであろう、霆鋒の新しいブログ
 →Nicholas Tse Blog@alive not dead

大方の予想をいい意味で裏切り、ガンガン更新されています。霆鋒がこれだけ頑張って書いてくれるなら、私は心置きなくココのブログをさぼれるってもんだ(え、なんか違う?)もしも、まだご存知ない方がいらしたら、ぜひご覧になってみて下さい。まずは英語の文章がアップされて、しばらく待っていると日本語に訳した記事も載るようです。この日本語記事がなかなかcool!であるよ。

ブログ内にある「My friends」のコーナーに安志杰(アンディ・オン)や陳柏霖(チェン・ボーリン)がいるのはわかるとして(共演経験あるしね)、呉建豪(ヴァネス・ウー)がいるのは意外でした。トモダチだったの?で、ヴァネのブログにとんで、そこでMVなんか見ちゃったりして、何やってんだか、ワタシ・・・。

2008年07月06日

オフの霆鋒

ニコパパの旧暦生日のお祝いで、一家で食事に出かけたという記事がたくさん出ていましたが、その時のことを伝える動画ニュースです。道端で話しかけられて、何度も行こうとしては引き返して律儀に質問に答える霆鋒。ご機嫌はよさそうです。
空港などで記者たちに囲まれても無言で通り過ぎることが多かったので、ちょっと珍しいというか、久しぶりにフランクな様子の霆鋒でした。動画の中にはLucasくんの後頭部もチラッと映ってます。

視頻:謝賢農曆生日謝霆鋒張柏芝全家聚餐慶賀@天山網

2008年06月08日

霆鋒“艷照門”について語る

霆鋒が「明報週刊」の独占取材を受けて、例の事件について初めて正面から詳しく答え、現在の家庭の状況と事件に対する見方を語りました。詳しくはコチラ。(他にもいろいろありますが、このリンク先には霆鋒のステキ画像もあったので、笑)

簡単にまとめると「セシの過去については結婚する前から知っていて、それは自分にとっては既に過ぎたこと。事件で明らかになった時も驚かなかったし、むしろみんなが知るのが遅い。今回の事件は我が家にとっては試練でもなんでもない。健康な子供を授かり、自分もセシも健康で、これは最も幸せなこと。自己現在的家庭生活很幸福。」と答えたそうです。

2008年06月03日

最近の霆鋒さん

まだ完璧ではないけど、なんとかIEは動いてくれるようになりました。

6月1日に行われた香港で最大規模の慈善イベント「芸能界5・12関愛行動」に出演した霆鋒の様子を伝える記事と動画。→千龍網
霆鋒は地震の際に一人のお婆さんを救った2匹の犬の話をして、現場で救援にあたっている“英雄達”に英語で敬意を表したそうです。

いつも霆鋒の母国語は何なのだろうかと思っていたけど、感動した時もしくは気持ちをこめて話したい時につい出るのが英語なら、彼にとって一番しゃべりやすい言語はやっぱり英語ってことなのか?今はどうか知らないけど、以前はファンへのメッセージ等を書く時も英文でした。外国で英語の教育を受けてきたから漢字が書けないと聞いてます。
英語でもなく広東語でもない普通話で仕事をしなければならないことが多い今の状況では、“仕事の空き時間は無口だ”と言われるのも、さもありなんと思います。

そんな霆鋒さんが普通話での吹き替えに挑んだ《風雲決》というアニメ映画。その録音風景の動画はこちら。→捜狐
やはり普通話ネイティヴではないため非常に苦労したそうで、何度も同じセリフを繰り返しています。それでも吹き替えの仕事のオファーがきたんだから、そんなにダメダメなわけでもなかろうと思うが。香港芸能人の中では霆鋒は普通話が上手な方だし(これも聞いた噂だけどパパの方針で子供の頃から普通話の家庭教師について勉強してたらしい。真偽の程は知らんよ。)、だから内地での仕事もたくさんあるのだろうと思っていたけど、さすがに吹き替えとなると難しかったのか。

しかし、こうして動画を見ると一時の“激痩せ”からはすっかり脱したようで、あらためてホレボレする男前黒ハート 精悍さが加わって、いいね、いいね〜。これからさらにオッサンの域へ到達して、ホンモノのオッサンになっていくわけだね、これまたいいね〜(爆)
そういえば最近CMに出まくっている日本のキ○○さんを見て、「ここにも一生懸命稼いでいるお父さんがいる」と思った私。父になると仕事にいっそう精を出すのはいずこも同じなんだね。

2008年05月20日

子供たちは無事だったが・・・

霆鋒が就学援助していた四川の子供達は無事だったそうで、彼らが被害を受けていないと知ってホッとしたものの、彼らの心理的なダメージを心配して、今すぐにでも会いに行きたいと思う霆鋒。しかし会社側は、彼が現れることで現場に混乱を引き起こし、被災者の救援に影響してはいけないと、彼が現地に行くことを制止しているそうです。
霆鋒はまた「学校を建てるためにお金を出すのは構わないが、今は政府の救済活動を混乱させてはいけない。現段階で重要なのはやはり“救済救人”だ。」と述べたそうです。 百霊

と答えたのがいつ、どこでなのか書いてなくて不明なんですが、北京で募金番組に出た時か、その直後でしょう。また紅網の記事には上に書いた話に加えて、記者から「王菲に会いましたか?」と聞かれた霆鋒が「今は被災者救援をしている!まだそんなことを聞くのか?」と答えたとあります。毎度、毎度このような質問がどれだけ霆鋒をイラ立たせていることか。やめろと言ってもやめないマスコミなんだろうけど、本当に霆鋒に同情します。

2008年05月19日

2008年05月06日

《心系奧運中華青年大聯歡》

青年大使とやらの周筆暢(チョウ・ビーチャン)を香港に迎え、劉徳華(アンディ・ラウ)李克勤(ハッケン・リー)謝霆鋒(ニコラス・ツェー)らの芸能人が出席して行われた、北京オリンピック応援紀念“五四運動”の《心系奧運中華青年大聯歡》活動。(書いてて、さっぱり何のことかわかってない・・・)。これの動画ニュースです。→視頻@人民網

見てみると周筆暢が旗を揚げたり、華さんが何かの宣言文を読んだりしてます。霆鋒は《黄種人》を歌ってる場面が少しと、インタビューの場面が映ります。上記芸能人のほか方力申(アレックス・フォン)も出席してたようです。その他の記事は東北網とか北方網に。

霆鋒は1月の「香港青少年慶祝奧運倒計時200天」(過去記事)にも出席したし、今回も華さんやハッカンや方力申(この人は今、香港若手の中では人気NO.1と聞いたような)と一緒にこんな晴れがましい活動に参加。“例の事件”以来、香港では霆鋒がこんな表舞台に立つ姿をほとんど見ることがなかっただけに、久々にこのフレーズを叫んでもよかですか?「“おかーさん”は嬉しいよぉぉ!」
そういえば霆鋒が歌うことになったという《We Are Ready》広東語バージョンはどこかで聴けないもんかのー。“おかーさん”はとっても聴いてみたいのだけど。

そして思いっきり脱線するけど、華さんを見て思ったこと。この人の若さは驚異的だけど、日本のヒロミGOの域にはまだまだ達していないなと。50過ぎてもあの若さを保つヒロミGOを目指して、華さんも頑張ってくれ!(笑)

2008年04月26日

霆鋒 武漢へ

武漢に行ってるらしいです。
長江網によると、今夜行われる第三届中博会開幕式晩会《潮涌中部》に出演するためで、25日の午後に武漢入りしたそうです。
またQQ.com(他にも画像あり)の記事には、昼間のうちに別のイベントに出席したとあって、ここでは范冰冰(ファン・ビンビン)と容祖兒(ジョイ・ヨン)が一緒だったようです。先日から范冰冰ちゃんと「とっても仲良し〜」って書かれてばかりいるけど、別にいいやん。范冰冰ちゃんは前に「謝霆鋒みたいなタイプはどう?」と聞かれて「背が低いからナシね」とかとってもシツレイなこと言ってたし、下心なんかないよ(笑)

10079353.jpg
冰冰ちゃんの黄色いワンピにピンクのタイツというファッションがかなり衝撃的!

2008年04月22日

また、くだらんことを・・・

先日の北京での霆鋒。顔に傷跡があったとかで、「セシにひっかかれたんじゃないか?」と人々に疑いを持たせた、だってさ。中華網
2008042208265431544200.jpg
でも元気そうで、なにより。

2008年04月18日

夢のツーショット

私以外の人には何の意味も価値もないであろう、霆鋒&汪峰のツーショットin動画ニュース(爆)
→ 新浪視頻

この記事のカテゴリを「ニコラス」にするか、「ワン・フォン」にするかですごく悩んじゃった。暇人だな、ワタシ。

2008年03月29日

銅鑼湾のパークレーンホテルって!

一部の方のみにわかる話で申し訳ないですが。。。
霆鋒が突然、香港の繁華街に現れてジョギングをしたり、HMVに駆け込んですぐまた出てきたりという行動をとり、“挙動不審”とか言われている記事です。新浪

前にも「体力作りのために、家からEEGの事務所まで走っていく」なんて発言があったから、今度も別に霆鋒的には不審でも何でもない行動だと思うんですが、私が着目したのはですね、その霆鋒が目撃された場所。銅鑼湾のPark Lane Hotel/柏寧酒店(パークレーンホテル)、といえば2006年12月の霆鋒のデビュー10周年パーティーに参加された方の多くがピン!とくるでしょう。前日の合流場所だったホテルってここだよね?いやー懐かしい。

U1145P28T3D1964756F328DT20080328073522.jpg

U1145P28T3D1964756F358DT20080328073522.jpg

確かHMVにも行ったよね(トイレ借りに)。霆鋒が駆け込んだHMVもそこかな〜?それにしても、あげな人の多かとこば走りよったとですか?!と驚き。確かに“挙動不審”と言われても仕方ないような。。。
しかも、このイデタチは???ボクサーパンツがスカートに見えたよ。足も内股でナヨってるし。

しかし、何にせよ霆鋒さんが引きこもりを解消して動き出してくれて嬉しいです。またまた霆鋒観察を楽しめます。そーいうわけで、私もそろそろ浮上せねばならんかな。

2008年02月29日

阿輝は語る

あいかわらず同じようなニュースばかり、それも本当かウソなのか甚だ疑わしい噂レベルのニュースばかりですなあ。
そんな中で霆鋒の仲買人の阿輝が語ったとするニュースがあったので、これもまあ本当に阿輝がそう言ったと信用していいのかどうかわかりませんがリンクしておきます。

昨日(28日?)の午後、阿輝が記者に向かって誠意を持って話したそうです。「謝霆鋒は実はもうずっと前から結婚指輪をつけていない。撮影の際に不便だからだ。彼ら二人は当然ながら問題はなく、誰も出て行っていないし、彼らの家庭は安定している。」
この後、例の事件についても言及していますが、それについてはすっとばして結論だけを。「現在、謝霆鋒は既に態度を明確にした。『向前看』。外部がどのように言い、書くに関わらず、彼は行動で示すことを望んでいる(ちょっとよくわからん)。霆鋒はもともと多く話さないが、今はいっそう“沈黙是金”だ。家庭が安定してやっと仕事に全力を投入できる。2008年も霆鋒にとって忙しい一年となる。新譜を出すだけでなく、準備中のいくつかの映画がある。ファンは当然、早いうちに銀幕やテレビで彼の大作を見ることができる。」(所々、訳に自信なし。) 中国新聞網

「他的大作」と確かに書いてある。「大作」って期待していいのでしょうか、輝先生?
そして一日も早く、ファンだけでなく世間の人々が謝霆鋒の仕事、作品そのものに注目してくれる日が来ますようにと、私は霆鋒のために祈っています。

2008年02月26日

昨日のつづき

一晩たったら、まとまった読みやすい記事が増えていました。

北京空港に着いた時の霆鋒の様子は「余裕のある歩きぶり。温和で善良な微笑みを浮かべていた。このような大混乱には慣れているのか、記者に幾重にも囲まれても淡々としていた。」イベント後、その日のうちに霆鋒は香港へ帰ったようで、その北京出発の時にちょっとだけ記者の質問に答えて、セシもニコママも感情に変化はなく、不機嫌なことはないと言ったそうです。写真がたくさんあるけど、北京に着いた時と帰る時のが混在している模様。不精ヒゲがあるのがイベント前、ヒゲがなく黄色いTシャツを着ているのがイベント後だと思います。 TOM

もう1つ。イベントが終わって会場から北京空港まで移動する際、霆鋒が先に出発して記者を引き付け、TWINSがゆっくり空港へ向かえるようにしたとか。あれこれ細かく書いてあるけど、つまりそういう作戦で、その作戦はうまくいったそうです。霆鋒はこのような“非常事態”において、自らオトリになることで見事に“妹弟子”達を守った、と書いてあります。
最後に記者さんの個人的感想が。霆鋒に対して好意的なことが書いてありますが、かなり主観的な文章なのでここに引用するのはやめておきます。元記事をご覧ください。 華商網(捜狐)

2008年02月25日

なんだ、行ってるやん。

霆鋒さんは今日、北京入りしたそうです(混乱を避けるために敢えてTWINSとは別行動、と書いた記事もあり)。当然ながら空港では記者に囲まれ質問責めにあったようだけど、何も答えず。北京での広告イベントでは無事にお役目を果たしたようです。

記事がイヤというほどたくさんあって、もう読む元気なし。適当に開いた記事のリンク貼っておきます。
●香港空港での様子・・・華龍網1
前もって会社側から「インタビューは受け入れない」との申し渡しがあったそうで、冷笑を浮かべるのみで何も答えず。
●北京空港到着時の様子・・・東方新娯楽
何も言わず、慌しく車に乗り込み去っていったそう。
●もう1つ北京空港での様子・・・華龍網2
またヒゲをはやし始めていた。温和な態度で微笑みも浮かべていたけど、一言も発しなかったそう。
●イベントの様子・・・網易
たいしたことは書いてないです。
●イベントの様子がもう少し詳しく書いてある記事・・・21CN

すみません、やる気無しの記事です〜。疲れてます〜。

2008年02月13日

霆鋒一家、引っ越した?

どうやら馬己仙峽道の家からどこかに引っ越したらしいという話。

「東方日報の報道による」として捜狐に書いてあるところによると(すみませんが、私はやっぱり簡体字の大陸紙の方が読みやすいため)、例の騒ぎの後、霆鋒の自宅では霆鋒一家どころか運転手やお手伝いさんの出入りさえなく、既に空き家になっている様子だと。
マネージャーのマニも霆鋒達が2週間前に引っ越したことは認めたが、その理由は「記者を避けるためではなく、彼らが子供を別の場所で育てたいと思ったから。」また「どこに引っ越したかは知らない。」と答えたそう。

さらにマニの話。「霆鋒の仕事は何ら影響を受けることはなく、年明け(旧正月明け)には映画《風雲》に特別出演する。また張家輝(ニック・チョン)と張静初(チャン・ジンチュウ)共演の映画の撮影にも参加する。」そうです。 捜狐 東方日報
新浪にも同様の記事が出ています。その他、セシの広告の仕事がどうのこうのと書いてあるけど、それはどうでもいいや。

しばらく主演の映画やドラマはなく、客演が続くのでしょうか?霆鋒さんはチョイ役の時の方が力を発揮するっていうか、存在が光るから、それもいいかもしれない。新譜を出すなら、そっちに全力投球していいモノ作って欲しいですし。(とりあえず期待はしているのだよ。)

2008年01月31日

霆鋒 返港できたらしい

記事の内容はどうでもよいのですが、記事の中の一文に「昨日、霆鋒は内地から香港に帰った」とあったので、大雪のため上海で足止めを食っていた霆鋒もどうやらやっと香港に帰れたみたいです。 新浪

で、さらにどうでもいいけど、「アイコラ」のことを「移花接木」と言うんですかね?流出しているセシの“床照”について、霆鋒は「どうせ“移花接木”なんだから」とハナから相手にせず切り捨ててます。本当にもうくだらなくて、くだらなくて、こんな記事を読んでる自分も嫌になる。

2008年01月30日

霆鋒 大雪で内地に足止め

001372d8a314090921c828.jpg中国ではここ数日、吹雪の影響で陸空の交通がマヒしているそうです。仕事で内地に行っていた霆鋒もその巻き添えを食い、香港に帰れずにいるそうな。
安徽蕪湖というところで零下10度という寒さの中、暖房のないホテルで眠れない一夜を過ごし、翌日は車で南京に向かったものの、そこで足止め。気管支炎を患い喘息の持病もある霆鋒の体調の悪化を心配する会社側は自家用飛行機の手配も考えたが悪天候でそれもかなわず。
仕方なく南京で一夜を過ごして、さらに列車で上海空港に到着したけれど、そこでも天候は極めて悪く、いまだ飛行機は飛んでいない・・・と。
霆鋒が予定どおりに香港に帰れないでいる間に、香港にいるセシはひとりで容祖兒(ジョイ・ヨン)の演唱會へ出かけたそうです。 西部網

大変ですなぁ。。。霆鋒は大丈夫だろうか。

2008年01月26日

霆鋒 急性気管支炎で激痩せ

《忽然一周》の報道によると、謝霆鋒は急性気管支炎を患い、2週間で5キロも激痩せしたそうです。セシは息子のLucasが感染しないよう、息子を連れて外出して新鮮な空気を吸わせ、家族全員、フィリピン人のアマさんや家を訪ねてきたニコママにまでマスクを付けさせ、病原菌が家の中に広がるのを防いでいるとか。
霆鋒は21日には旺角球場でオリンピックの活動に参加して、剣舞や“健身操”を演じたけれど、その時は両頬が落ち窪み、剣を高く掲げることもできなかったそうです。マネージャーのManiは霆鋒が最近確かに忙しいと答え、「彼はその前、TWINSと牛乳の広告を撮り終え、今は気管支炎のため歌の録音もできない。その後、また広告の仕事で中国(内地)へ行き、又、春節晩会に出席する。彼は顔がげっそりしてしまった。私は彼に、息子を隔離して病原菌が伝染するのを防ぐように言っている。」と話したそうです。 網易

とあるんだけど、腑に落ちない点がいくつか。そもそも気管支炎は隔離しなければならないような、うつる病気ではなかろう。セシの“Lucasを菌から守れ作戦”と霆鋒の気管支炎は別問題では?それとも本当はうつる病気なのか?そして「忙しい、忙しい」と言われている霆鋒だけど、いったい何の仕事でそんなに忙しいのかな?活動の話はほとんど出てこないのだけど。そして、Mani、Lucasのことも心配だけど、まず霆鋒のことを心配したらどうなん?

やっと久々にニュースが出たかと思ったら、こんなニュース。ブログに書いても楽しくないっす。霆鋒、はやく元気な身体になってバリバリと良い仕事をしてね。ってそんな事しかコメントできない。

追記:「気管支炎」は一般的な風邪ウィルスやインフルエンザウィルスなどから引き起こされるそうで、特に乳幼児は用心した方がいいのは確かなようです。中文記事には「伝染」とあったけど「感染」というような意味でしょうね。

2008年01月22日

“全民健身迎奧運”活動の動画

昨夜のイベントの動画があがっていました。同じ映像があちこちで観られますが、リンクは新浪を貼っておきます。→謝霆鋒化身武術高手@新浪

霆鋒さんは号令をかけながら、武術体操(?)をやっています。その後でインタビューにも答えていますが、なんだか声が違う人みたい。
霆鋒は立派に体操のリーダーを務めたけれど「実はとても緊張していた。セシが自分のために武術の口訣(辞書によると「口ずさんで覚えるのに便利な調子のよい言葉」だそうな)を作ってくれて、それをあちこち自分の見えやすいところに貼ってくれた。(そうやって体操のフリを覚えたんですね)」などと答えたそうです。「最近、どうしてそんなに痩せているの?」と聞かれて、「忙しくて疲れている他に、天気の変化が激しく気管の具合がよくないせい。でもたいしたことはない。」と答えたそうです。気管支炎ですか?それで声が変なのかな?

その他、新華網に画像もたくさん出ています。

“全民健身迎奧運”活動

昨夜の「香港青少年慶祝奧運倒計時200天」について、詳しい記事が新華網にあがりました。「約6000名の香港の学生は九龍旺角大球場に集まり、“全民健身迎奧運—慶祝北京奧運倒數計時200日”活動を行った。」

いろいろ演目があったようですが、霆鋒が何をやったのかだけ書いておきます。
「“全民健身之星”の謝霆鋒は、6名の北京オリンピック武術香港代表(って具体的に何の種目の代表なんだろう?)と一緒に“中華武術健身操”を演じ、会場の全観衆が立ち上がって一緒に練習した。」
「夕べの終わりには、謝霆鋒は香港児童合唱団と一緒に北京オリンピックまであと1年のテーマ曲《We Are Ready》の広東語版を歌った。」のだそうです。無事に大役を果たせたのかな?《We Are Ready》はいい曲で大好きですが、その広東語版もぜひ聴いてみたいです。

ところで香港ではオリンピックの馬術の競技が行われるそうです。中国国内で競馬場があるのが香港だけなのだと聞きました。ハッピーバレー競馬場のことですね。

香港青少年慶祝奧運倒計時200天

U1639P6T12D3432845F44DT20080121223051.jpg

さすが新浪、早いです。22日の夜に行われた「香港青少年慶祝奧運倒計時200天」(オリンピックまであと200日のカウントダウン慶祝会)で《黄種人》を歌う謝霆鋒(ニコラス・ツェー)だそうです。新浪

いつも思うんだけど、霆鋒は《黄種人》がこういう使われ方をするのを見越して、この曲を作ったのだろうか?つまり2008年オリンピックイヤーを意識して作った曲なんでしょか?ということです。たぶん、そうなんだろうな。狙いはバッチリ当たったようです。まあ、この曲は好きなので「いんうぇいあ〜い」ばっかり歌わされ続けるよりはよかったと思いますが。

ここに追加の画像が上がるかも→香港青少年慶祝奧運倒計時200天 精彩図集

2008年01月17日

霆鋒 2008年央視春節晩會に出演決定?

出るの、出ないのとはっきりしなかった「2008年央視春節晩會」ですが、英皇のお偉いさんによるとやはり出演するそうで、《黄種人》を歌う予定だそうです。でもセシと息子は家でお留守番。それについても、このお偉いさんが言うには「霆鋒はきっと翌日の朝一番の飛行機で香港に帰るだろう。それが慣例になっている。」と答えたそうです。大陸に仕事に行っても“トンボ帰り”が常だということでしょう。で、そんな彼なので、お正月に家族団らんができないんじゃないかという心配も無用なのだってことらしいです。

また髪を短く切った霆鋒ですが、記者さんからの「まさか会社の決定ですか?」との質問には「彼の髪型や身なりは全て彼自身が決めている。彼はそのような事で人から指図を受けるのは嫌いで、ずっと自分の思うとおりにしている。」との回答だったそうです。 東方網

2008年央視春節晩會 特集ページ@東方網

追記:今回の春晩では霆鋒には2分間の独唱部分があるそうで、この待遇は普通ではないそうな。新華網

霆鋒 “全民健身”之星に。

U1343P28T3D1877046F326DT20080115103934.jpg xinsrc_41201051510547502740435.jpg 

今さらだけど、一応貼っておきます。香港で行われる“オリンピックまであと200日”イベントの「全民健身迎奧運」に参加して《We Are Ready》の広東語バージョンを歌ったりするそうです。 新浪 北方網 新華網 
※《We Are Ready》の北京語バージョンについては、コチラの過去記事でご紹介しています。

動画ニュース@新浪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。