2008年01月25日

2007年度北京流行音楽典礼での汪峰と陳奕迅

もう少し2007年度北京流行音楽典礼の話題を引っ張らせていただきます。授賞式の動画が出ていました。

まずは「年度最佳男歌手」の発表&表彰のシーン。発表の前にはノミネートされた全歌手の紹介ビデオが流れます。なかなかバラエティに富んだ人選。内地部門ノミネート歌手の中にはかなりなイケメン君がチラホラ。オーディション番組出身者が結構、混じっているようです。港台部門は「港台」と言いつつ香港からは陳奕迅(イーソン)と学友さんしか入ってないですねぇ。霆鋒はあれだけ大陸で人気があると言われてても、アルバムを出さないことには選ばれなくても仕方ない。最高賞を取れるかどうかは別としても、せめてノミネートされるくらいには頑張ってくれたら嬉しいのだけど。。。

で、で、その最高賞なんですけど!内地部門と港台部門の発表が同時に行われたので、なんと汪峰とイーソンが一緒にステージ上に!!現在この二人にぞっこん心酔中なmeiry的にはこれはもうたまりません!
視頻:汪峰陳奕迅分獲内地港台年度最佳男歌手@新浪

動画なんか貼っといてナンですが、この二人を見た目でうんぬんしてはなりませぬ。二人ともその声と歌と音楽性と敢えていうなら全身から醸し出す雰囲気に私は惚れこんでいるわけで。だからイーソンの衣装は何だとか汪峰の顔がでかすぎるとかいうツッコミはここでは受け付けません(爆)

と予防線を張った上で、汪峰、イーソンそれぞれの歌っているシーンをどうぞ。会場の音響が悪いのか、録画状況が悪いのか、二人ともあんまり歌が上手に聞こえないけど。汪峰はホントは後ろにバンドを従えて歌ってる時の方がやっぱり数倍かっこいいですね。
視頻:汪峰登台激情演唱《勇敢的心》@新浪
視頻:陳奕迅演唱《富士山下》@新浪
posted by meiry at 12:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ワン・フォン/汪峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

汪峰のMV(その2)



オサレな汪峰さんをみつけたんだけど、でもこの曲のイントロ部分がある曲に激似なことにもびっくりなのです。似ているのはイントロだけで、途中から全く別の曲になるのだけど。さて何の曲でしょう?
この《怒放的生命》は2005年発売のアルバムに入っていて、似ているある曲はついこの間、香港で公開された映画の挿入歌。
posted by meiry at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ワン・フォン/汪峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汪峰のMV

ひとり汪峰(ワン・フォン)まつり開催中〜







1曲目の《哭泣的拳頭》や2曲目の《勇敢的心》みたいなガツンとくるロックが実はmeiry、大好きでして。でも3曲目の《揮揮手》もスピッツにちょっと似ていて、これはこれで好き。なにせ汪峰の声が好き。この人、全曲、自分で作詞作曲編曲までこなしてます。バイオリンは全国2位の腕前だそうです。このおっさん臭いビジュアルと全然かまってないのか、計算されたさりげなさなのかわからない衣装もス・テ・キ〜♪
posted by meiry at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ワン・フォン/汪峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

汪峰《勇敢的心》

めちゃくちゃ気に入ってヘビロテしているCDです。
InAssociation with YesAsia.com

これ、yesasia.comでは売り切れになっていますが、日本国内の他の通販サイトでは、結構あちこちで扱っています。去年の6月に出たアルバム。

オリンピック関連歌曲の動画をイーソン目的であれこれ見ていた時に、イーソン以外でとっても気になったのが、この汪峰(ワン・フォン)さん。とてもとても私好みなニオイがしたので(笑)。試聴サイトで《勇敢的心》全曲を聴くことができて、もう一目惚れならぬ一耳惚れでした。さっそくCD購入しました。
かっこいいです〜!渋いです〜!ロック&ブルースです。大人の魅力です〜!っていうか大人の鑑賞に堪えるアルバムです(ボーカルもバックバンドの演奏も)。※このアルバムのうち2曲だけですが、ドラムスでファンキー末吉さんが参加してました。

汪峰という人について、ちょっと調べてみたら、私の睨んだとおり北京生まれの北京育ちでした。中国と言っても国土は広大で、中国人と言ってもほんとに千差万別ですが、北京出身のロックバンドなりロック歌手は香港・台湾などと比べても都会的で洗練されている、というのが私のイメージ。(あくまでも私的イメージなので、反論されても困るよ〜ん。)

そして、そして、某サイトの歌手紹介のところに「汪峰とテイストの似ているアーティスト」というコーナーがあり、そこに陳奕迅(イーソン・チャン)の名が!!いやー、やっぱり〜?と一人でニヤニヤしちゃいました。

汪峰を知ってる人って日本ではほとんどいないだろうし、私一人で勝手に盛り上がっているので放置してくださってよいのですが、もしももしも「へー、聴いてみようかな」と思われた方がいらしたら、ここのブログの右メニューに「おすすめアルバム(試聴)」というのを設けているので、そちらからどうぞ。
posted by meiry at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ワン・フォン/汪峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。