2009年06月27日

《最後》DVD付バージョン発売!

ジャケットの画像がなかなかどこにも出ないのだけど。霆鋒のアルバム《最後》のセカンドバージョン=DVD付きが発売されました。私はココで申し込んだけど、今なら10%OFFです。

ここでもさんざん文句を書いたし、今も楽曲そのものにはあまり期待はしていません。それでも久しぶりのアルバムだからやっぱり嬉しいし、早く欲しいな!私事ながら激務が続いているので、霆鋒の声で癒されたいです。

2009年05月15日

《Tonight Short Flim》

パパと初共演というMVです。 [MV]謝霆鋒-《Tonight Short Flim》@網易

《Tonight》と《終点站》の2曲分なんですね。
うーむ、やっぱり予想通り、霆鋒さん、思いきり自分のシュミに走ってますね。前半なんか、いつもやってるネットゲームの中にとうとう自分が出演しちゃったのね、という感じ。こりゃあ、作ってる間は楽しかったろう!案の定、ウチのダンナに見せたら食いついてました。戦闘機に航空母艦、オトコのロマンなんだろねー。
MVはよくできているみたいなんで、早くDVDを観てみたいよーと思いますが、しかし惜しいことに肝心の音楽が。。。映像がカッコいいだけに、ほんと惜しい。というか、映像とのギャップがありすぎて泣けてきてしまう。まあ霆鋒さんもこれからは俳優業に力を入れていくと語っているようだし、ぜひそうして下さいとここから叫んでおきます。

2009年04月17日

謝霆鋒《最後》CD発売

yesasia最後.jpg 謝霆鋒《最後》
 2009年4月27日発売 らしいです。

 ようやく出るんですねぇ。
 でもCDのみですねぇ。買う?(爆)

2009年04月03日

ブログ

霆鋒さんがブログを3月28日と4月2日の二度に渡って更新しとります。3/28の内容はオタクっぽい内容で、悪いけど途中で読むのに疲れてしまいました(笑)一応、頑張って最後まで読んだけどね。それで4/2の日本語訳を読む限りでは、アルバムは5月に出さなきゃならんとか、2バージョン出るとか書いてあります。これ読むと初回バージョンは誰も買わないんでは?いや最初からDVD(MV?)やメイキングの入ったセカンドバージョンが出ると告知してくれるのは、買う側にとっては親切だけど。セカンドがLD versionって、これどういうものだろ?それにしても霆鋒自身が「つまらん」というファーストバージョンを買う人がいるのか?

で、霆鋒さんは今回はえらくMV製作に力を入れておるようで。しかしなー、締め切りを守らなくちゃいけないから100%の出来にならないって。。。締め切り仕事を10年間続けた私に言わせてもらうと、そんなのはプロとしてはちょっと恥ずかしい言い訳だと思いますがー。あ、MVを作ることに関しては霆鋒はプロじゃないのか。じゃ趣味でやってんの?

ブログに貼ってあった動画。パパと共演するMVのメイキングだそう。




これ、戦闘機とか戦艦とかがもしすごくリアルに出来上がっているとしたら、我が家のオタク男どもが食いつきそうな内容ではある。やっぱり霆鋒さんもシュミに走ったとしか思えない(爆)まあいいんじゃない?楽しく仕事してくださいな、愚痴ばっかり言ってないでね。

2009年02月24日

謝霆鋒新專輯造型

U1817P28T3D2387975F326DT20090223154845.jpg約3年ぶりに出た謝霆鋒の“数字專輯”《最后·謝霆鋒》の造型だそうです。新譜の方はまず5曲がネット配信を開始しているようです。新浪
ここで5曲続けて試聴ができます。→一听音楽網

して、このアルバムタイトルの意味するところは?ま、この5曲を聴く限り、私はこれ以上は霆鋒の音楽に期待しない。なので別に「最後」でもいいや。これが私の正直な気持ち。もちろんCDが発売されれば買うけど。“息子”の作品はどんな内容であれ、“母”は喜んで聴くさ〜。それは自分の好みに合うとか合わないとかとは別次元の話なの。それが「愛」ってもんだわね(笑)

2009年02月05日

霆鋒の新曲が試聴できます。

謝霆鋒(ニコラス・ツェー)のニューアルバムから5曲、試聴できます。(もしかしたらダウンロードもできるのかも?でも私のPCではセキュリティ上できないらしい。)
謝霆鋒09數字專輯五首歌曲搶先聽@網易
↑ここのページ自体、セキュリティ設定を低くしないと、ちゃんと表示されないです。自己責任でお願いしますね。

試聴できるのは以下の5曲。
《Tonight》
《不敗的天才》
《最愛之後》
《可以嗎可以[口馬]》
《終點站》
このうち《可以嗎可以[口馬]》は映画「証人」の主題曲、《終點站》はドラマ「浣花洗劍録」の主題曲なので、既に聴いたことあります。

記事によると、なんだか“新しい販売方法”とかで、しばらくはCDショップでは買えず「只能通過數字渠道進行購買。」だって。どういうこと?ネットからのダウンロードのみってこと?うー、よくわかりません。
「英皇娯楽(EEG)は霆鋒のニューアルバムのために巨額の資本を投入し、中国語音楽界の一線のクリエイターたちによる強大な製作陣に作詞、作曲をお願いした」とありますが・・・。汪峰の作った曲を霆鋒に歌って欲しいという私の儚い夢はまさかかなうはずもなく。5曲聴いた限りでは、これまでとたいして路線は変わってない気がする。

2008年05月22日

泳兒の《多想認識[イ尓]》

香港の女性歌手で、EEGでは霆鋒の後輩にあたる泳兒 (ヴィンシー)が初の北京語アルバムを出す・・・と聞いても「ふーん」だったけど、なんと!そのアルバムに霆鋒とのデュエット曲が収録されていると聞いては、これは見過ごせません。yesさんからのお知らせメールに「謝霆鋒(ニコラス・ツェー)主演の武侠ドラマ『大人物』のオープニングテーマで、ニコラス作曲のデュエットナンバー『誰比我真』を収録」と書いてあります。泳兒と霆鋒のデュエットらしい。でも『大人物』のオープニングテーマってどんなんだっけ?(観てないのがバレバレやん、汗)

InAssociation with YesAsia.com 多想認識[イ尓] (CD+DVD)
  泳兒 (ヴィンシー)
  2008年5月23日発売予定

 泳兒って歌い方とか声がフェイそっくりなんだよね。。。
 (関連記事

2008年03月29日

《20 Twenty》再リリース!

InAssociation with YesAsia.com

ほほ〜、これは貴重かも。今やかなーり入手困難となっている、霆鋒の日本発売版CD《20 Twenty》の再リリースです。ただし、これは日本ではなく香港での発売です。2008年3月28日発売。曲目リストの最後に「16.(日本語)」というのがあるので、ちゃんと日本語メッセージも入っているようですね。買い逃したままだった人には嬉しい再リリースでしょう!

2007年12月10日

《英皇精挑細選》再販版発売

InAssociation with YesAsia.com 英皇精挑細選 2007年12月6日発売

ついにEEGのコンピレーションアルバムの再販版が出ました。今後も続々と出るのだろうか?
これには霆鋒の曲は「邊走邊愛」と「第二世」の2曲収録。私はこの辺りの曲は最近は全く聴いてないですねー。ちょっと私の嗜好には合わないようで。

2007年10月15日

謝霆鋒張柏芝のデュエット曲 新譜に収録?

新浪の記事に、霆鋒とセシが、かつて周慧敏と林隆xuanが歌った国語のラブソング『流言』を二人で歌うことになり、この曲は来年3月に出す予定(本当か?)の霆鋒の国語アルバムに収録されるとあります。
歌詞の内容が1組のカップルが外部の流言飛語に惑わされることなく互いの愛情を信じて守るというもので、霆鋒とセシのこれまでの経歴と非常に一致するそうな。
もともと結婚と同時に二人は記念に1曲デュエットすることを決めていたけれど、その後にセシの妊娠がわかり、録音がしばらく延期されていたそうです。

デュエット曲はまあ「どうでもよい、好きにやってちょうだい」ですが、それよりも霆鋒の新譜!!新しいアルバムの準備を進めているような話もこれまでなんとなーくチラホラと伝わってはいたけど、いよいよかな。いよいよといってもまだ来年の話だし、ほんとに3月に出るかのかどうかはわかりませんが。

2007年09月13日

《Reborn》再リリース!

InAssociation with YesAsia.com

今度は《Reborn》の再リリース。9月11日発売。
これのオリジナル版はパッケージがぶ厚くて、大きさも普通のCDケースより一回り大きくて、ほんとに“企画外”そのもので収納に困るんです。再リリース版はスマートでいいなぁ!(《Viva Live》のVCDは持っていましたがCDを持ってないことに先日気がついて、再リリース版を買ってみました。あっさりフツーのCDサイズでした。。。)

2007年08月28日

國語版も再リリース

InAssociation with YesAsia.com InAssociation with YesAsia.com

「次は《Believe》かな?《謝謝イ尓的愛1999》かな?」という私の予想が半分当たり、《謝謝イ尓的愛1999》と《世紀預言》の再リリース版が8月24日に発売になっています。

《謝謝イ尓的愛1999》は霆鋒が初めて出した國語アルバム(北京語のアルバム)で、シャ乱Qのカバー曲も入ってたりします。
國語アルバムとしてはこの後に《了解》が出て、3枚目が《世紀預言》。《世紀預言》にはそれまでの国語曲とはかなり印象の違う「香水」など収録。映画《2002/トランサー》の挿入曲「Without Me」も入っていて、これはステ君(馮徳倫)作詞作曲の英語曲です。

オリジナルの《世紀預言》台湾盤は銀色の缶ケース入りでVCDなし、香港盤は形も大きさも普通のCDケースでVCD付きでした。ファンになりたての頃の私は「特殊ケースよりもVCDをとる!」と香港盤を注文したつもりでいたところ、届いたCDにはVCDが付いてない!「なぜ?もしかして海賊盤?」なんて狼狽したのですが、実はなんと台湾盤にVCD無しの「ノーマル版」(つまり普通のCDケース入り)というものがあり、それを間違って購入していたのでした。《世紀預言》といえば、そんな初心者的失敗の苦い思い出が蘇るという、思いっきり個人的なハナシでしたとさ。
※ちなみに再リリース版にはVCDは付いておりません。

2007年08月17日

《無聲彷有聲》再リリース!

InAssociation with YesAsia.com

再リリースが止まりませんねぇ。今度は《無聲彷有聲EP in Winter 97》の再リリースで《無聲彷有聲》。8月14日発売。これはデビューアルバムの《My Attitude》とセカンドの《Horizons》の間に出た6曲入りのミニアルバムです。うーん、こうなると次の再リリースは《Believe》かな?《謝謝イ尓的愛1999》かな?

さらに、こういうのも出るらしいんですが。(yesasia.comに画像がまだない。)
影視旗艦店

映画やドラマの主題曲を集めたコンピレーションアルバム(CD2枚組)なんですが、《明明》(黄耀明&周迅)や《甜心粉絲王》(蔡卓妍)など、つい最近の映画の曲も入っています。私的には陳奕迅(イーソン)が歌う《魂魄唔齊》の主題曲「1874」が気になる!(《魂魄唔齊》といえば、超美麗な霆鋒が拝める映画。)
霆鋒のは何が入っているかというと、《半支煙》の「愛後餘生」、《情癲大聖》の「愛」、《戀愛起義》の「潛龍勿用」、《龍虎門》の「先發制人」でした。《龍虎門》はSolerのじゃなくて霆鋒の曲なんだ・・・。
発行元はEEGなので、容祖兒、Twins、謝霆鋒の歌が多いです。あと陳冠希の《特警新人類2》の曲とか。これ、なかなかいいかも。値段もまあまあ。欲しいぞ〜。でもDVDもいっぱい買わなきゃだし・・・。もう首が回らなくなりそうだぞ〜。あ、この影視旗艦店という主題曲集は8月21日発売予定。

2007年08月09日

《Horizons》再リリース!

InAssociation with YesAsia.com

DVDの発売ラッシュに気を取られているうちに、CDがまた再リリース。《Horizons》です。セカンドアルバムですね。私はこのアルバム、大好きです。ドラマ《撻出愛火花》の主題歌『天空這麼大』を収録。あ!あと映画《新古惑仔之少年激鬥篇/硝子のジェネレーション 香港少年激闘団》の挿入歌も入ってます。

今、よくよくyesasia.comの曲名一覧を見たら、あらら「前前後後 左左右右」が「前前後後」と「左左右右」と分かれて2曲分になってる(笑)これ、合わせて1曲分のタイトルなんですが。。。

2007年05月02日

陳奕迅+謝霆鋒 最佳好友演唱會 Karaoke DVD(霆鋒編)

買いだめしていた(別に溜めようと買ったわけではなく、仕方なく溜まってしまったと言うべきか)CDやDVDをちょっとずつ消化している日々です。

InAssociation with YesAsia.com 陳奕迅+謝霆鋒
 最佳好友演唱會 Karaoke (中國版)

これは前から気になっていて、ついに手を出してしまった大陸版のDVD。「ニコさんのVIVA Live」ですぜ、奥さん!(笑)
正確に言うと、陳奕迅(イーソン・チャン)と霆鋒のそれぞれのライブDVD2枚組。イーソンのライブについては別記事にて書くとして、まずはVIVA Live。私はVCDしか持っていなかったのですが、これはさすがDVDなだけあって映像がきれいです!大陸版なので品質的にどうかと思ったけど、全然問題なく見られました。(ただしPAL方式なのでパソコンかオールリージョン対応のDVDプレーヤーでしか見れません。)

InAssociation with YesAsia.comちなみに霆鋒のVIVA LiveのVCDはコチラ→
VIVA Live 謝霆鋒演唱會Karaoke (VCD)

香港版は現在かなりの入手困難になっておるようで。
ただし、私はみつけましたよ。香港王に、今ならあります。
(でもすぐ売り切れになるかも。)

ひとつ気を付けなければならないのは、香港版と大陸版では収録曲数が違うということ。大陸版にはなぜか「活著VIVA」と「不是定律」が入っていません。この2曲も欠かせないなら、香港版VCDを根気よく探す、それより映像のきれいな方を選ぶなら上の大陸版「最佳好友演唱會 Karaoke 」。香港版DVDが手に入るなら、もちろんそれが1番良いのでしょうけど、今でも探せばどこかにあるのだろうか?

ところで、VIVA Live目的で買った大陸版DVDですが、もう一枚のイーソンのThe Easy Rideライブを見て、なんとすっかりイーソンに堕ちました。この件は次回で!

私信>Yさん、お待たせ。お薦めDVDってこれです。PALでもOKなら。。。

2007年04月17日

さらに3作品 再リリース!

4/12にちょっと書きましたが、追加で以下の3作品、やはり再販版が出ています。
左から『Viva Live (2CD)』『Viva』『零距離』。
InAssociation with YesAsia.com InAssociation with YesAsia.com InAssociation with YesAsia.com

先に発売された再販版は以下の3つ。『My Attitude』『了解』『玉蝴蝶』
InAssociation with YesAsia.com InAssociation with YesAsia.com InAssociation with YesAsia.com

2007年04月12日

またまた霆鋒のCD再販?

香港buyoyo.comの霆鋒コーナーにまたも新発売の情報が。今度は以下の3点が「NEW」と出ていました。(クリックするとbuyoyo.comに飛びます。)

零距離
霆鋒VIVA
VivaLive謝霆鋒演唱會(2枚組)

零距離とVIVAが4月13日発売、VivaLive演唱會が4月16日発売となっていました。残念ながらどれもVCD等は付かずCDのみ。先日ご紹介した3作品と同じく、これもEEG再販シリーズなんでしょうか?yesasiaに出ていないので詳細不明。それにしても、次々とどうしたんだ?

ところで今夜はBS日テレ「C-POP World 恋し☆チャイナ!」にいよいよニコラス・ツェー登場ですね。(詳細は過去記事参照して下さい。)みんな忘れずに見ましょうね!

2007年04月01日

(続)霆鋒のCD3作品 再リリース!

3月28日の記事でご紹介した、霆鋒の再発盤CDがyesasia.comにも出ました。
InAssociation with YesAsia.com InAssociation with YesAsia.com InAssociation with YesAsia.com

“Music@EEG Reissue Series”というシリーズとして、趙學而(ボンディー・チュウ)、Swing、容祖兒(ジョイ・ヨン)、王傑(デイブ・ウォン)、Twins (ツインズ) 、陳奕迅(イーソン・チャン)らのCDと一緒に再リリースされたようです。でも一人で一挙3枚の再リリースは霆鋒だけ♪

追記:上記のSwingとは、エリック・クォックとジェラルド・チャンによる男性デュオです。

2007年03月28日

霆鋒のCD3作品 再リリース!

人気復活の証!?霆鋒の過去に出したCDが再リリースされています。いつものyesasia.comのサイトにはいつまでたってもあがらないのですが、香港のbuyoyo.comに出ているので、リンクを貼っておきます。→buyoyo.com
ここのページの上の方の3作品《My Attitude》《了解》《玉蝴蝶》が再リリースされたものです。ただし、これにはVCDは付いていません。

これらのもともとのCDは、yesasia.comでは廃盤や品切れになっているのですが、ページだけは残っているので、リンクを下に貼っておきます。
InAssociation with YesAsia.com InAssociation with YesAsia.com InAssociation with YesAsia.com
《My Attitude》はデビューアルバムです。《了解》には大陸に行くと必ず歌わされる「因為愛所以愛」が入ってます。《玉蝴蝶》は日本版も出ていて、私が最初に買った霆鋒のアルバムは《玉蝴蝶》日本版でした。と、いろいろ語りたくなっちゃうなぁ(笑)

「買い逃して持っていない」という方にとっては、再リリースは朗報ですね。(早くyesasia.comもしくは日本の通販サイトで買えるようになるとよいのですが。)

2006年10月19日

《鞦韆》ってブランコのことだったのね

さて下の記事を書きながら、あることに気が付きました。
紹介したリンク先「鮮唱片」@国際在線の記事中に《秋千》という曲名があり、そんなの《毋忘我》に入っていたかしら?と不思議に思って調べたところ、この秋千を繁体字で表記すると鞦韆になることが判明!香港版《毋忘我》だとDisc1の8番目に入っている曲です。

この鞦韆、コメントを下さったきゃさりんさんだけでなくとも「何て読むの?」と思った方は大勢いたはず。私も読み方も意味もわかりませんでしたが、簡体字で書くと秋千のことだったのですね。読み方は普通話読みで「qiu qian=ちうちぇん」です。そして秋千はぶらんこのことです。なんともまあ可愛い曲名ではありませんか。

さらに発見は続く。「いやぁ、そんなに可愛い曲だったの?」と歌詞を読んでみましたら(歌詞も読まずに曲だけ聴いてたことがバレましたね、笑)、あれれ?歌詞の中では鞦韆ではなく、韆鞦になってる!判り難いですが、よく見てね。が順序逆になっているのです。曲中何度も出てくるのが全て韆鞦、ちぇんちうと歌っています。でも曲名は鞦韆、ちうちぇん。なぜ〜??

歌詞をさらーっと読んでみた限りでは、可愛いというよりもせつない感じですね。とにかく歌詞カードが巨大すぎて読みにくいったらないので(だから歌詞を読む気にもならないじゃないか!)、自前で縮小版をどうにかして作ろうと思います。

《毋忘我》の一部が聴けるラジオ番組

と言っても日本のラジオではないです。
中国のインターネットラジオ(?)で、新しく出たアルバムを紹介する番組があり、ニコさんの新譜《毋忘我》を取り上げているのをたまたまみつけました。30分の番組です。→「鮮唱片」@国際在線

うちのPC、動画だけでなくラジオも切れ切れにしか聴けません(泣) 同様に「聴けない」という方も夜中とか早朝だったら、もう少しつながりやすいかもです。新譜を買われた方はそれを聞けばいいだけの話ですが、もしここをご覧の方で「ニコラス・ツェーのアルバムってどうよ?」と思いつつ、まだ買っていないという方がいらっしゃったら、どうぞお試し下さい。リンク先の記事でもコンパクトに《毋忘我》の紹介をしてくれています。

番組中でかかった曲は以下のとおり。(記事にあるのは、ちょっと違う。)
1.成者為王 2.勇敢做人 3.活該 4.黒夜 5.逃離世界 6.鞦韆

なにぶん切れ切れにしか聴けないので間違っているかもしれませんが、ご容赦下さい。

それから余談ですが、今、ニコさんが大陸でプロモーションに励んでいる新譜は、当然ながら大陸版《毋忘我》、つまり10曲入りの方なんですね。なので「Forget Me Not」は中国語、日本語ともに入っていません。(これについてはニコさんも「歌詞が問題となり、収録できなかったのは残念」と語っています。)
上でリンクした先の記事にも「Forget Me Not」の事は何も書いてありません。ちょい残念。

2006年10月14日

「Forget Me Not」をリクエスト

「Forget Me Not」のモト歌が聴きたくて、尾崎豊のCDをレンタルして来ました。ファンの贔屓目かもしれませんが、ニコさんの方が声がよく出ていて上手に聴こえる〜。

さて、ニコさんがせっかく日本語で歌ってくれた「Forget Me Not」を、ニコファン以外の、というか中華ファン以外の日本人にも聴いて欲しいという“野望”がむくむくと湧き起こったので、リクエスト大作戦を敢行することに。

でも日本でリリースされていないCDの曲を、普通のラジオ番組にリクエストしても放送で流してくれるものなのかなぁ?というわけで、とりあえずココだろと思いついたのが、以前にニコさんもゲスト出演したことがある、関谷元子さんの「アジアポップスウィンド」。
コチラからメールでリクエストできるので、よろしかったらぜひ!

2006年10月10日

霆鋒の新譜《毋忘我 新曲創作集》やっとやっと来ました!

毋忘我.JPG

あ〜待ち遠しかった!ようやく私の手元にもやってきました。噂どおりのデカさです。
上の写真は三面鏡のように折りたたまれたジャケットを広げたところ。たたんだ時でさえ、昔のLPレコードみたいにデカいです。
中には写真のように3枚のディスクが例のスポンジで止めてあります。右に見えるのがTシャツ。私のはどう見ても男物だろうという大きさでした。いくら私がデブだからって、これは大きすぎる!(とか言って、着てみたら案外ピチピチだったらどーしましょ、汗)使い道はうーん、パジャマ?ひぇ〜畏れ多くもニコ様のTシャツをパジャマとわ!と怒らないで下さいまし〜!布地はしっかりしていて、モノは良さげなので、ヨレずに長くパジャマとして活躍してくれそうです(あくまでもパジャマ・・・)。

さてさて、それより中身ですね。
そりゃもうまず第一に日本語で歌った「Forget Me Not」を聴きました。ニコさん、上手いよ〜。日本語も歌も。一生懸命、日本語で歌うニコさんの姿を想像して感激でうるうる。
他の歌手に提供した曲を自分で歌いなおしたという数曲は、どれも懐かしい感じがしました。昔のニコさんの曲をあれこれ思い出して。でもそんな懐かし風味の曲でありながら、というかそうだからこそ以前に比べてニコさんの歌唱力がアップしているのを感じました。うまくなったよね、ほんと。
以上はディスク1の感想。ディスク2とDVDについてはまたそのうち。

ところで今回は新譜をお店で受け取りという形にしました。それでお店に行った時に「Tシャツ無しバージョン」を見ましたが、こちらは普通のCDケースサイズです。(厚みはかなりありますが。)これならCDの棚に並べられそう。「Tシャツは要らん!」という方はこちらの「毋忘我 新曲創作集 (2CD+DVD) (香港版)Tシャツ無しバージョン」の方が収納に便利でよろしいかと。CDを買うのに「収納に便利」というキャッチフレーズが決め手になるとは・・・やっかいな中華仕様CDよ。

2006年09月27日

《謝霆鋒毋忘我新曲創作集》について

200609261507572e1de.jpg

網易にニコさんの新譜に関する記事があがっていました。
この中でジャケ写について書かれているのですが、

 謝霆鋒の写真を表紙にしないで、香港の新鋭デザイナーにアーティスティックな
 霆鋒の肖像を書いてもらった。この(デビュー以来)10年の中で霆鋒が
 表現したかったことが、その絵に現れている。


だそうです。上の画像が表紙とされているのですが、これ、てっきり仮の図柄だと思ってました(笑) よく見ると絵の中に「玉蝴蝶」、カメ、ギター、女の人などが描かれているらしいのですが・・・。
以前にもニコさんは自分の顔写真をCDのジャケットに載せたくない、みたいな事を言っていました。顔で「ジャケ買い」されるのは自分の本意ではないということでしたが、今回もその気持ちを貫いたようですね。

その他、新曲《毋忘我》の“背景”についても書かれています。尾崎豊の「Forget Me Not」をカバーしたこの曲は、ニコさんの音楽創作に多大な影響を与えた曲であると。日本人である尾崎豊の曲をニコさんがとても大切に思っているということが、日本人としては嬉しいです。

いろいろな意味で、今度の新譜はとても楽しみです。で、yesasiaさんによると本日発売予定になっていますが、無事に発売されるのでしょうか?

2006年09月25日

霆鋒の新譜情報その後

もう毎日毎日yesasiaさんのサイトをチェックする日々。なかなか情報が出ないと思っていましたが、今日やっと出ました。↓これだよね?新譜っていうのは。
Nicholas Tse Forget Me Not New + Best Selection (2CD+DVD) (Limited Edition)

当ブログはyesasiaさんのアソシエイト・メンバーになっているので画像や作品紹介文をお借りすることができるのですが、他の通販サイトさんの情報は勝手に持ってきていいものかどうかわからず、今まで新譜情報を載せることができませんでした。この新譜の画像はyesasiaさんにもまだ出ていないのですが、曲目リストが出ていたので・・・。
c1004523325.png
CD1が新曲とこれまで他の歌手に提供した曲のカバーが入るようです。最後に「Forget Me Not(日語)」とありますね〜。CD2はいわゆるベスト?このラインナップはなかなか良いかも。ニコさん自身のお気に入りの曲が並んでいる気がする。
CD2枚にDVDが付いて、さらにTシャツも付いてUS$19.99ってかなりお得感ありますね。

ちなみに百楽園さん香港王さんチャイナセンターさんなどでも予約受付中です。

2006年09月16日

霆鋒 新譜は9月末発売

やっと発売までこぎつけたようですね(いや、実際に発売されるまでは延期もありうるし、まだまだ油断はできない・・・)。

謝霆鋒国際歌迷会「鋒のGroup」に会長が新譜について書き込んでくれています。それによると香港では9月26日発売となっています。「2CD+1DVD」って、これはまた豪華版!ニコさんがインタビューでも答えていたように、これまで他の歌手に提供した曲を自ら歌って収録したものもあるそうです。あとMVも7曲分収録。Tシャツ付きの【限量精裝版】 というのもあるらしい。なんだか、めちゃくちゃ楽しみなんですけど!

中国経済網(来源:新浪)にも新譜についての記事が。
他の歌手に書いた曲とは、容祖儿「告解」、陳恵琳「假天真」、許志安「未簽收」など。さらにセシ(陳柏芝)に書いた「吻着道歉」もカバーしていると書いてあります。

2006年08月17日

霆鋒&グレースのデュエット曲MVが入ったVCD

金柑さんより情報をいただきました。(金柑さん、ありがとうございます!)

In Association with YesAsia.com昨日書いたニコさんと葉佩[雨/文] (グレース・イップ)のデュエット曲『捨荒蛋[米羔]』は、こちらのアルバムに入っているそうです。

これはEEG所属歌手のいろいろな歌が入ったカラオケ機能付きMV集なんですが、ニコさんやジョイ・ヨンだけでなく、2001年当時はEEGにいたイーソンやエヂの歌も入っていて、今見ると参加アーティストがすごく豪華です。
このVCD、私は持っていませんが、金柑さんはお気に入りだそうですよ。

Vol.1、Vol.2もありますが入手困難のようですね・・・。(下はDVDです。)
In Association with YesAsia.com In Association with YesAsia.com In Association with YesAsia.com

追記:アルバム名を書くのを忘れていました(^^;)《英皇盛世 Karaoke Vol.3》です。

2006年07月11日

《夢幻組合 Karaoke》7月7日発売

In Association with YesAsia.com

こういうのも出ています。DVD2枚組。ニコさんの曲も2曲収録されています。
2006年ドイツ・ワールドカップにあわせ、EEGのアイドルたちが結成した「EEG Dream Team」によるコンピレーション。トップアイドルの容祖兒(ジョイ・ヨン)とTwinsが、呉浩康(ディープ・ン)、李逸朗(ドン・リー)、關智斌(ケニー・クァン)、?雅文 (マンディ・チァン)に鄭希怡(ユミコ・チェン)らEEGの若手シンガーと期待の新人・泳兒(ヴィンシー)を率いてワールドカップを応援!全員で歌う「夢幻組合」は李竣一の作詞作曲によるナンバー。
このほか、ジョイの「赤地雪」や「摩登時代」、Twins「一時無兩」「幼稚園」、ケニーの「月光光」、そしてドンとマンディのデュエット「懶醒」等17曲を収録している。(yesasia.comより)

2006年05月31日

《釈放(Release)》 Karaoke 観ました!


01 勇者之歌
02 愛回來
03 イ尓微笑時好美
04 寂寞堂口
05 上一次下一次
06 燭光
07 給天使看的戲 (中國電影百周年電影音樂劇 「電影之族」 族曲) 
08 愛 (国語合唱版)
09 狼 (国語版)
10 黄種人

外側の紙箱と中のDVDケースの絵柄が違う!ここ最近のニコさんの作品はずっとこの大きさで統一されているから整理しやすくて助かるわ。ってそんな事より中身でしょ!

よく考えたら収録曲10曲のうち9曲が既に観たことあるものでした。
「黄種人」は《黄 karaoke》、「寂寞堂口」と「燭光」は《釋放》(Version 2)に入っているのと同じです。「勇者之歌」「愛回來」「イ尓微笑時好美」「愛 (国語合唱版)」はYouTubeで観ました。リンク先はコチラ(過去記事)にあります。「上一次下一次」は《情癲大聖》の公式サイトで観られます。「給天使看的戲」はmiharuさんが教えて下さったリンク先でちょこっとだけ観られます(私が見るとなぜか途中でブチッと切れてしまうのですが)。

というわけで「狼(国語版)」だけが初めて見るものでした。新鮮味がないと言えばそうなんだけど、でも今までPCの小さい画面で、しかも荒い画質で見ていたものがテレビの大きな画面で見られるのはやっぱり嬉しいです。
「勇者之歌」等の台湾で撮ってきたMVはどれもこれも可愛い。台湾に行った時のニコさんはひときわ爽やかで可愛かったものね。台湾滞在中ずっとMV撮ってたようなもので、あれはきっとスタイリストさんもちゃんと付いていたに違いない!香港・大陸にいる時とはファッションセンスが全く違うニコさん・・・。
「給天使看的戲」も最後まで観たのは初めてでした。よく観たらこれはストーリー仕立てになっているんですね。ファンタジーですよ、ファンタジー。

1つ1つのMVについては、まだDVDを手にしていない方もいらっしゃるでしょうから語るの控えますが、ハズレは無いです(笑)

ただね、これが《釋放》(Version 2)と同じ値段というのが、ちょっと納得いきません。(Version 2)がお得過ぎたとも言えるかもしれないけど、CDも付いてて(完全にCDがオマケ扱い、爆!)同じ値段よ?おばちゃんはその辺はシビアなんよ。と言いつつ結局どれも全部買ってるんですけどね。EEGの陰謀には屈するしかないのさ。(《釋放》(Version 2)のDVDの映像はこの《釋放》Karaokeとはまた違うものなので、これはこれで持ってた方がいいでしょう・・・)

2006年05月30日

《釈放(Release)》 Karaoke 到着!

意外に早かったです。今、届きました!
仕事中(締め切り前の修羅場!)なので後でゆっくり感想は書くとして、とりあえず今からDVDを流しっぱなしにします。あー仕事が終わらないのが恨めしい。昨日のうちに死んでも片付けておくべきであったよ。。。

2006年05月19日

《釈放(Release)》 Karaoke

yesasiaさんにも出ています。左がDVD、右がVCD。
In Association with YesAsia.com In Association with YesAsia.com

曲目を見ると《釈放》(Version 2)に入っていた「寂寞堂口」「燭光」もまた入るんですね。人気が高い(皆さん、もうどこかで観てるのね)「給天使看的戯」もちゃんと入ってます。もうこれだけでも買う価値あるかな(笑)。
miharuさんご指摘のように「5月22日発売予定」と書いてあります。まああくまでも「予定」ですから・・・。

2006年05月18日

《釈放》MV集が6月発売?!

百楽園さんのメルマガに「ニコラス・ツェ直筆サイン入りCD限定1枚」なんて事が書いてあったので、買う気はないけど「どれどれ?」と覗きに行ったのですよ。そうしたら、びっくりなお知らせが!!

 ニコラス・ツェ(謝 霆鋒)/釋放Release DVD or VCD
 2005年国語アルバム【釋放】収録曲8曲含む10曲Music Video収録
 カラオケ対応ビデオクリップ集。 6月19日香港発売予定!


えええ???これは噂のあった“広東語の新譜”とはまた別物なんですよね?8曲はたぶん、釋放(Version 2)のDVDに入っていたアレとアレ以外の8曲?あとの2曲は「成者為王」と何だろ?
いや!そんな事より、これ買うべき?3つ目の《釋放》ですよ、とほほ。でも欲しい。おそらく収録されるであろう曲のうち4曲くらいは既にYouTubeとかで観てるんだけど、どれもイイんですよね。ニコさん、最高に可愛い。DVDのきれいな画質で観られるのなら、そりゃ欲しいです。でも6月以降、いったいいくらニコさんに貢ぐことになるのか・・・。嬉しいけど、おそろしい。

あ、それで当初の目的だった「直筆サイン入りCD」とやらは見つかりませんでした。もう売り切れた?百楽園さんのサイトは→百楽園 中華明星CD専輯

2006年01月31日

《釈放》2ndバージョン到着

届きました〜!結局同じCDが2枚になってしまったけど、でもやっぱりこのDVDは見られてヨカッタです。
MVは「愛(国語合唱版)」「寂莫堂口」「燭光」の3曲分。その他に台湾に行った時にMVをたくさん撮りダメしたらしいのですが、そのメイキング映像。台湾プロモの密着映像。それから大陸のどこかの山奥に、経済的な理由で学校に行けない子供を訪ねて行った時の映像(ニコさんはたくさんの子供達へ就学援助をしています)。ニコさんのインタビュー。それから自宅(?)で愛するカメと遊んでいる映像、でした。

ニコさんはこの《釈放》というアルバムを最終的には、学校へ行けない子供達のために役立てたいと考えていると、前にインタビューで答えていました。欧米のセレブにはさりげなく地道に慈善活動を続けている人も多いですが、ニコさんもカナダやアメリカで教育を受けた人なので、ボランティアの精神が自然と身についているのかもしれません。

ただ、この映像を見せられただけでは、いったいこの先どうしたいのかわからない。このアルバムがどういうふうに子供達の役に立つのだろうか?それからニコさんのファンの若い子達に、具体的に何を訴えようとしているのか?どうも今ひとつよくわかりません。あ、そうか、インタビューでそういう事をしゃべっているのかな?私が聞き取れないだけか・・・。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 
勝手ながら、明日から3日間、ブログの更新をお休みします。。。

2006年01月21日

《釈放》2ndバージョン発売延期

発売予定日が24日に変更になっています。
またyesasia.comさんに詳しい説明文が追加されていたので、以下に引用します。日本語での説明はありがたいですね。

あと全然関係ないけど、朝起きたら雪景色!@東京
主演映画「情癲大聖」、「無極」と映画での活躍が目立つ謝霆鋒(ニコラス・ツェー)が、久々の北京語アルバムをリリース。ニコラス自身、この新作「釋放」を非常に重視しており、選曲はもちろん準備段階から制作にも参加したとか。作家陣には、F.I.R.の阿沁(アチン)、五月天(メイデイ)、蔡健雅(ターニャ・チュア)、游鴻明(クリス・ヨウ)、陳偉(チェン・ウェイ)、林[日韋]哲(ウィル・リン)、黄義達(イーダ・ホワン)、徐若[王宣](ビビアン・スー)、姚謙(ヤオ・チェン)、伍佰(ウーパイ)、[台β]正宵(サミュエル・トイ)、周耀輝(チャウ・イウファイ)、深南大道(シェンナンダーダオ)らを迎え、まさにアジア全域のトップクリエイターを結集した豪華さだ。
 オンエアトラック「給天使看的戯」は、中国映画100周年記念ミュージカル「電影之歌」中の曲。いつものロックテイストをぐっと抑えたニコラスの、ソフトな歌声がロンド風の優雅なアレンジと絶妙にマッチしている。ニコラス自身が「アルバムのコンセプトは社会への思いやり。どの曲も暖かいフィーリングに満ちている。全く新しい謝霆鋒を感じて欲しい」と話す通り、今までとは違った彼の魅力を感じ取れること間違いなし!

 ボーナストラックとして、ニコラス主演の映画「情癲大聖」主題歌「愛」を、ニコラスのソロとTWINS阿Saとのデュエットの2バージョンで収録。

 このセカンド・バージョンには、「愛」北京語ソロ版、「寂寞堂口」「燭光」のミュージックビデオと、イベントのハイライト及びメイキングを収録したボーナスDVD付き!

2006年01月18日

《釈放》(Version2)1/20発売予定

Bonus DVDが付いたものが1月20日発売予定です。CDは既に持っているわけですが、でもMVは見たい。確かMVの他に「カメとたわむれる様子」とかの映像も入っているとニコさんが語っていたのではなかったでしたか(記事を探したけどみつかりません、よって未確認)。
あー、見たい!というわけで、私はポチッとして来ましたわーい(嬉しい顔)

2006年01月10日

霆鋒の《釈放》について

picture.jpg

ニコさんのアルバム《釈放》のプロモ活動は続いています。
ところで、《釈放》についてこんな記事をみつけました。

 《釈放》は霆鋒にとって、会社に従わず自己の主張を貫いた特別な1枚となった。
 今回、《釈放》に収める曲の製作を多くのアーティストに依頼する際に、霆鋒は
 「個人的な小さな感情についてではなく、もっと大きな世界について書いて欲しい」
 と頼もうとしたが、会社側は「そんなCDは売れない」とその考えを拒絶した。
 でも霆鋒は黄家駒の影響をとても受けていて、彼もまた感情についての歌も書いて
 いるけれども、その大部分は世界についての曲だ。
 会社は思い切って霆鋒に感情について歌わせないことにしたけれど、予算の問題と
 霆鋒との契約のため、もし楽曲が15曲を超える場合は超過した分の金額を霆鋒が
 払うことにした。
  東方早報

ザーッと読んだだけなので訳が間違っているかもしれません。
でも、要するに今回のアルバム製作に関してはニコさんは自分の希望を通すことができたということで、念願かなってやっと自分の作りたいものを作ることができたんですね。しかも1年もかけてじっくり取り組めたし。前にもニコさんが「今回のアルバムはもうけは度外視」みたいな事を言っていたのを読みました。でも、もしこれが売れなかったら、今度はもうニコさんの主張は会社に通らなくなるわけで、まさに背水の陣だった?!
《釈放》が多くの人に受け入れられ、たくさんたくさん売れるといいなと思います。

2005年12月16日

ここらで霆鋒のCD《釈放》の話を。。。

今更な話題ですが。「釈放」聴いておりますよ。毎度ながらどの曲も好きです。

ボーナストラックとして《情癲大聖》の「愛」という曲が収められているのですが、これを聴いてちょっと思いました。
私はニコさんの作る映画の主題曲は素晴らしいと思います。「愛」もそうですが、今までの《玉観音》の「短劇」や《ムービングターゲット》の「不散」も映画の雰囲気をよく表現していて大好き。「短劇」も「不散」も映画を見る前に曲の方を先に聴いたのだけど、曲を聴いただけで映画を観たくてたまらない気持ちになったのを覚えています。「トランサー」のラストに流れる「Let Me Die」も感動を盛り上げてくれたっけ。ニコさんが映画の持つテーマや世界観を深く理解して作った曲だからなんだろうな。ニコさんは映画音楽をやっても成功するんじゃないかと思いました。

下は購入した「釈放」に付いていたカレンダー。
CDサイズのケースと、片面印刷のカードが7枚(台湾版)。
携帯ストラップの引換券も入ってました。
dc120913.JPG dc120915.JPG 

2005年12月06日

新城唱好 謝霆鋒x達明一派 同場異夢音樂會 DVD観ました。

観ました、やっと観られました!うにゃ〜ハートたち(複数ハート)この可愛さはいったい何?あんまり可愛くて、今ぐにゃぐにゃしてます(笑)いやもう「骨抜きにされる」ってこういう事なんだ!ギターを弾いてる時の恍惚の表情はセクシー以外の何ものでもなく、そしてピカチューのパジャマを着て登場した時の照れ笑いの愛くるしさは世界一!

もちろん歌も最高。声のツヤがいっそう増していて エアサプライの「渚の誓い」を歌った時なんか、気絶しそうでした。すみません、かなり危ない人になってます。でも、すごく久しぶりのライブ映像な上に、この反則技的な可愛さなんで、ノックアウトされてしまいました。ニコさんを映画でしか知らないという方は、絶対にこのライブ映像を見るべきです!アーティスト謝霆鋒どれだけ素晴らしいか知って欲しいです。

ここから先はさらにイタイことを書くので、ニコファン以外の方はお読みにならないで下さい(笑)続きを読む

2005年11月27日

まだあった!《釈放》の写真

U1358P28T3D909386F326DT20051127113242.jpg U1358P28T3D909386F328DT20051127113242.jpg U1358P28T3D909386F329DT20051127113242.jpg
新浪網

めちゃめちゃいけてます。クリックすると大きくなります。

2005年11月26日

謝霆鋒《同場異夢音樂會》DVD出ます!

ようやく出ますね、DVD。2005年11月28日発売予定です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。