2008年06月30日

3周年

あいや〜、汪峰の誕生日どころか、自分のブログの誕生日を忘れていました!6月28日でこの「宝箱のカギ」は3周年でした。いつもお読みいただいている皆さん、ありがとうございまーす!こんなワガママ迷走ブログですが、4年目に入ってもよろしくお願いします。

3周年記念ってことで、以前に先輩霆鋒迷さんからいただいたチラシを公開。(えーと、まだ公開してなかったと思いマス。)GLAY EXPO 2001のチラシです。クリックして大きくしてご覧下さい。

2001_GLAY EXPO 2001チラシ1.jpg 2001_GLAY EXPO 2001チラシ2.jpg 転載厳禁
(多謝 Mさん)

2007年10月13日

みつけた!!

映画祭に向けて、皆様、気分大盛り上がりなところ、またまたmeiryがずれたことを書きますよ(笑)

タイトルにあるように、みつけました!何をかというと、霆鋒の「無聲[イ方]有聲」CMバージョン
以前、ある香港ツウの方から、「ニコラスの『無聲[イ方]有聲』は香港のコーヒーチェーン『大快活』のCMに使われた曲なんだよ」と聞いたことがありまして、そのCMの映像を探したけれど、その時はみつけられなかったのです。でもさっき、ひょんなことから例のところで発見しました。
それがこれ→ 【香港廣告經典系列】大快活...謝霆鋒
(CM映像そのままかどうかは不明ですが)

そしてMVバージョンがこちら→ 謝霆鋒 - 無聲[イ方]有聲
(こっちにはFITTOのロゴが入っています。)

学生運動の闘士らしき霆鋒(ニコラス・ツェー)と、婦人警官の葉佩[雨/文](グレース・イップ)が恋に落ちるというストーリー仕立てのMVなんですが、途中で唐突に港で二人が紙コップに入ったミルクコーヒーを飲むというシーンが出てくるのが何故なんだ?と思っていて、「『大快活』のCM曲だった」と聞いて謎は解けたのですが、実際のCM映像は見たことがなかったのです。

CMバージョンとMVバージョンはほとんど同じですが、よーく見比べると1箇所だけ違うシーンがあります。それはCMバージョンにはMVバージョンにはない“キスシーン”があるのですー!!シルエットなので誰だかわからないけど、ストーリー上、霆鋒とグレースなんだろうと思われます。
映画にたくさん出ているけど、キスシーンはほとんどない霆鋒さん。これ、もし本人が演じてるとしたら貴重だわぁ。でも本人じゃないからMVには入ってないのかしら?だってこの時、霆鋒さんはまだデビューしたてのお子ちゃまだしねー。

2007年08月29日

霆鋒生日快樂

霆鋒先生、27歳のお誕生日おめでとう!!

自分の家族を作るという、長年の想いがかなってよかったね。これからの1年も、良いことが続きますように!そしてますます良い仕事をして、嬉しいニュースをファンにたくさん聞かせて下さい。

霆鋒先生お誕生日企画♪2001年、初の来日公演「Viva Live!」のチラシです。この“オレ様”具合がたまりません。
2001_ライブチラシ2.jpg

こちらも「NICHOLAS NEWS」を下さったNさんMさんからいただきました。多謝!
転載厳禁

2007年08月13日

「NICHOLAS NEWS」その8

news2001_4.jpg「NICHOLAS NEWS/ニコラス・ニュース」2001年版vol.4です。
(2001年8月発行)
2001年8月11日に行われたGLAY EXPO 2001に出演した霆鋒について軽くレポートしてあります。

私の手元にある「NICHOLAS NEWS」はこれで最後となります。貴重な資料を分けていただいたMさん、Nさん、本当にありがとうございました。 転載厳禁

これらの「NICHOLAS NEWS」を読んでみて思ったこと・・・。華流だの韓流だのが起こる前の時代に、一人の香港の歌手・俳優として日本でこれだけのNEWSを出してもらっていたこと、しかも弱冠20歳ながら、華流アイドルとしてではなく作曲やプロデュースもこなすアーティストとして扱ってもらっていたということに、改めて霆鋒の凄さを感じます。
こんなのを読んでしまうと、今更“華流スターの一人”扱いされるくらいなら、いっそ霆鋒は来日しなくていいかと思ってしまったりするんですね。。。ま、そんなファンもいるということです。

2007年08月11日

「NICHOLAS NEWS」その7

news2001_3.jpg「NICHOLAS NEWS/ニコラス・ニュース」2001年版vol.3です。
(2001年7月発行)
前の号に引き続き、CDの宣伝が中心。この号では特に《玉蝴蝶〜ジェイド・バタフライ》のことが詳しく書いてあり、霆鋒が音にこだわり渾身の力をこめて作ったアルバムだということがわかります。私も《玉蝴蝶》は完成度の高いアルバムだと思うし、最初の出会いがこのCDだったのは幸運でした。ファンになってしまえば、どのアルバム聴いても何かしら良い点があって、今ではどれもこれも好き!なわけですが。 転載厳禁

ちなみに霆鋒の日本発売CD6点をまとめると以下のとおり。一応、amazonにあるにはあるけど、中にはユーズドでべらぼうな高値がついているものもあり。《VIVA》《了解》《零距離》《玉蝴蝶》については安い再販版(香港版)が出ているので、お持ちでない方はそれを買うのがよろしいかと。再販版はVCD無しですが、日本版はもともとどれにもVCD等の映像は付いてないので、同じです。
VIVA
了解
零距離
玉蝴蝶〜ジェイド・バタフライ
20 Twenty〜Best
Senses~15 Songs Composed by Nicholas Tse~

2007年08月10日

「NICHOLAS NEWS」その6

news2001_2.jpg「NICHOLAS NEWS/ニコラス・ニュース」2001年版vol.2です。
(2001年6月発行)
「『GLAY EXPO 2001』のプロモーションで来日!」とあります。また7月20日には《零距離》《了解》《VIVA》の日本盤CDが3タイトル同時リリース、8月10日には《玉蝴蝶》臨時発売決定、などのお知らせが。
そしてこの《玉蝴蝶〜ジェイド・バタフライ》こそが私が最初に買った霆鋒のCDなんですねー。これ聴いて「この人はただのアイドルじゃない!」と一気にはまったのでした。 転載厳禁

2007年08月09日

「NICHOLAS NEWS」その5

news2001_1.jpg「NICHOLAS NEWS/ニコラス・ニュース」2001版vol.1です。
(2001年5月発行)
「2000年に好評だった“ニコラス・ニュース”が復活!」とあり、2000年の来日・初ライブ以降、日本での人気がいっそう盛り上がったことが伺えます。(00年、01年といえば香港でも霆鋒の人気が最高潮だった時期。)

この号ではGLAYライブへのゲスト出演や、映画《ドリフト TIME&TIDE》の日本公開が決まったことなどが書いてあります。
で、これまた初めて知ったのですが、《ドリフト》サントラの日本盤が発売されていたのですね。主題歌「不是定理」は日本盤のみ特別収録なんだそうです。
あと、この号には来日公演記念盤「Senses〜15 Songs Composed by Nicholas Tse」の広告も載っています。 転載厳禁

2007年08月05日

「NICHOLAS NEWS」その4

news2000_5.jpg「NICHOLAS NEWS/ニコラス・ニュース」vol.5です。2000年に出たものでは、これが最終(?)。
この号は全面が日本オリジナル編集ビデオ『STIMULATOR』の広告になっています。このビデオについては、またいつか別記事でご紹介します。

転載厳禁


2007年08月01日

「NICHOLAS NEWS」その3

news2000_4.jpg「NICHOLAS NEWS/ニコラス・ニュース」vol.4です。(このまま大きい画像を貼っていくと画面表示に時間がかかりそうなので、サムネイル表示に。クリックして下さいね。)
この号には霆鋒が来日時に書いた英語メッセージが載っています。取材記事の載った媒体がまた出ていますが、「JJ」や「MORE」それから「Seventeen」が!そのせいか、香港などには全く興味のない10代の女の子が「ニコラス・ツェー」の名前を知っててびっくりしたことがありましたっけ。
転載厳禁

2007年07月31日

「NICHOLAS NEWS」その2

news2000_3.jpg「NICHOLAS NEWS/ニコラス・ニュース」vol.3です。(残念ながらvol.2は手元にナシ。)
「ニコラス来日記念号」となっており、写真がカラーです。この号には日本オリジナル・ビデオ「スティミュレイター」の広告が載っています。またニコラス・ツェー関連の記事を掲載した新聞・雑誌の一覧も載っていますが、今のように華流芸能雑誌が続々誕生する前の時代で、ほとんどが映画雑誌です。また私はこれ見て始めて知ったのですが、NHKの「中国語会話」にも出演したんですねー。セシより5年も早く登場してたんだ! 転載厳禁

2007年07月30日

「NICHOLAS NEWS」その1

news2000_1.jpg「NICHOLAS NEWS/ニコラス・ニュース」vol.1(2000年発行)です。これ以降も全てそうですが、B5版の片面刷り。
記念すべき第1号には、霆鋒直筆の英語メッセージが。その他、簡単なプロフィールや、日本デビューアルバム「20 Twenty〜Best」(日本オリジナル編集盤)の宣伝等が載ってます。“アジア各国で新世代のカリスマ的存在となったニコラス”がついに日本デビュー!という感じ。当然ながら、霆鋒のみをフィーチャーした内容であり、最近巷でよく見る華流関連のフリーペーパーとは全く趣が違います。ま、私の講釈など必要ないですね。現物をとくとご覧くだされ。(クリックで拡大します。) 転載厳禁

※ちなみに、この発行元の会社と霆鋒の契約は既に切れているそうですので、
 今はこちらでは霆鋒へのファンレターは受け付けていないと思われます。

2007年07月29日

その前にもう1つ【貴重!】なお写真

陳坤(チェン・クン)に会うために香港に行かれていた、陳坤☆13億の中の1つの星のアディさんから、“おみやげ”画像をいただきました!《男儿本色》の大看板とポスターです。 転載厳禁

070729男儿本色看板.jpg

↑九龍から香港島に行くトンネルの入り口の大看板。↓拡大してみました。

070729男儿本色看板(拡大版).jpg

↓地下鉄のポスター。
070729男儿本色海報.jpg

(画像提供:アディさん。謝謝!)

アディさんの香港レポ&陳坤から日本ファンズへのメッセージは、陳坤☆13億の中の1つの星でご覧になれます。

お宝ブツご披露(の予告)

さて、これは何でしょう?実はこれ、2000年と2001年に日本で発行された「ニコラス・ニュース」です。霆鋒の日本デビューの前後に、当時の霆鋒の日本版CDを発行していた会社が作成、HMVなどのCDショップで無料で配られていたものです。配布された地域がどの程度だったのかは不明。

nnews01.jpg nnews02.jpg nnews03.jpg nnews04.jpg

nnews05.jpg nnews06.jpg nnews07.jpg nnews08.jpg

実はこれは、霆鋒ファンとしては私の先輩にあたる中華な友達お二人から、それぞれ数枚ずついただいたもの。ブログで紹介することも、快く了承していただいたので、これから1枚ずつ大きな画像にしてアップしていきます。 転載厳禁

Nさん、Mさん、多謝。随分前にいただいていたのに、アップするのがこんなに遅くなってしまいごめんなさい。長らくお待たせしましたが、これから昔を懐かしみつつ一緒にお楽しみ下さい。

2007年05月25日

【貴重!】霆鋒 広告写真(第2弾)

第1弾とは別のニコ迷友達から、またまた貴重なお写真をいただきました。2004年11月に香港で撮影されたもので、ヘアケア用品のbiolynの看板です。そうそう、この頃もちょびっとお髭の時期があったんでしたね。何かのCDには、このbiolynの試供品の引換券が入っていたような気がします。
転載厳禁

nic_poster8.JPG

nic_poster7.JPG

nic_poster9.JPG

nic_poster10.JPG

(画像提供:Mさん。謝謝!)

2007年05月16日

【貴重!】霆鋒 広告写真

友人から貴重なお写真をいただきました。2002年に上海で撮影されたものです。コカコーラ、スポーツシューズの特歩、それからバッグの宣伝用ポスター。バッグのポスターは店内に貼られていたものを、お店の人に頼んで撮影させてもらったそうです。転載厳禁

nic_poster1.JPG

nic_poster2.JPG

nic_poster3.JPG

nic_poster4.JPG

nic_poster5.JPG

nic_poster6.JPG

(画像提供:Nさん。謝謝!)

2006年10月11日

霆鋒 ご幼少時のお写真

たまにこうして記事になることがあって、そのたびに「可愛い〜可愛い〜」と楽しませてもらうのですが、またまた出ていました。ニコファン歴の長い方にはお馴染みのものかもしれませんが、最近ファンになられた方のためにリンクを貼っておきますね。
self_20061010_268.jpg商都網−娯楽天下「謝霆鋒未曝光成長照片」
ここのページは重いかもしれませんので、
気長にローディングして下さい。
「1」から「18」まであるので、お時間のある時にどうぞ。
ちなみに、こんなのがあります。→

2006年10月03日

若かりし頃の霆鋒の来日インタビュー記事

いつも楽しく読ませていただいているFREEMANさんのブログ「電影宣伝自由人」で、ニコさんが映画《ジェネックス・コップ/特警新人類》の宣伝のために来日した時の雑誌の記事を紹介して下さっています。記事はコチラ(その1)コチラ(その2)

この映画が日本で公開されたのは2000年で、私はまだ謝霆鋒を知らない時でした。なので、紹介されている雑誌も見たこともありません。一緒に来日したスティーブン・フォンやサム・リーとのワイワイ楽しそうな様子や、20歳前だというのに本当にしっかりした発言をしているニコさんを知ることができます。とっても貴重な資料です。

2006年09月04日

ペプシキャラクター缶<霆鋒版>

ニコラス缶1.JPG ニコラス缶2.JPG

台湾に旅行に行った知人が、私がいつも「ニコラス、ニコラス」と言っているのを思い出して、現地でこれを買ってきてくれました!ペプシのニコラス缶です。超うれし〜!!

缶に印刷された絵柄だと、なんだか霆鋒の顔がヘンなんだけど、そんなの気にしな〜い!霆鋒のペプシグッズがあるというだけで嬉しいんだもん。

※尚、当ブログの全ての記事・画像について、転載は許可しておりません。

2006年02月17日

霆鋒 幼年期〜デビュー初期画像

なんか、すごいものを発見しました。
広州のたぶんニコさんファンと思われる「狗狗さん」という方のブログです。
ブログ名は「Live with passion!」

「謝霆鋒99年前最経典的照片」

↑ここに、ニコさんの子供時代からデビュー直後の頃までの写真が山ほど。これまでもネットにたくさん出ているので見たことのあるものが多いですが、中には知らないものもあるみたい。これからゆっくり見てきます。今日が暇な日でよかったー!



2005年09月05日

霆鋒&イーソン コスプレ写真

106c23b397c.jpg   106c23b399d.jpg

ここには“お気に入り”だけを集めるつもりで、たとえニコさんの画像であっても「イケてないものは載せない!」というポリシーでやっているのですが、これだけは残しておきたいと思ったのが上の写真カメラ

捜狐娯楽 に陳奕迅(イーソン・チャン)の「ヘンな写真」集みたいな特集ページがあって、その1枚目と2枚目でした。仲良し二人組がイタズラ小僧みたい!ご興味のある方は拡大して下さい。

TWINS_VCD.jpg上のバナナを持って踊っている方は実は動画があって、3年ほど前に出たTWINSのVCDに入っています。「迎春花」という曲にあわせて踊っていました。「TWINS ICHIBAN AMAZING SHOW」という2枚組のカラオケLiveVCDをニコさんのバナナダンスを見るためだけに買ったおバカな私です。

ところでイーソン、最近パーマをかけてヘアスタイルがいい感じグッド(上向き矢印)と思うのは私だけかなぁ?

2005年07月23日

One Inch Closer のポスター

このポスター買っちゃいましたー!
さわやか写真ズです。でも、これと一緒に注文した肝心の
CD本体がまだ来ないよ〜もうやだ〜(悲しい顔)(ポスターだけ先に届いた。。。)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。