2009年09月28日

《詠春》を観ています

「今ごろ?!」ってな話ですけど(笑)香港版のDVDはいち早く買ったものの、「ドラマを日本語字幕無しで観るのはやっぱりキツイな〜」と放置。そうこうするうちに日本版DVDがリリースされ、レンタルも始まったのが去年の夏でした。レンタルで其の二(6話)まで観たけど、その後またまた中断。気がつけばもう1年たっておりました。そろそろツ○ヤの店頭から撤去されるかもしれないと、気にしていたところ(一応、観るのを放棄したわけではなく、汗)、ちょうどいいことに近所のツ○ヤでレンタル料割引キャンペーンをやっていたので、「よし!今だ!」と観賞再開となったわけです。

再開したものの7話、8話には霆鋒は全く登場せず。お仕置きで謹慎中だったらしい。1年も前に観たきりだったので、「なんで謹慎になったんだっけ?」などとぼんやり考えつつ、惰性で2話観ました。9話から謹慎が解けたビー(霆鋒)がやっとまた登場。でもその後もちょくちょくいなくなります。やっぱり今のところ主役はユンピョウお父さんなんだなー。ユンピョウ父さんには悪いけどムサいオジサン達ばかりじゃどうも観賞意欲がわかない・・・。

それでもイー←ビー←小饅頭←ミン(「イー」とか「ビー」とか名前ですから)という若者たちの恋の一方通行に話の比重が移るとやっとドラマも面白くなって、観賞が軌道に乗りつつあります。この調子で一気に最後まで観るぞー!と思ってるけど、まだまだ残りが3分の2もあるんですよねー。中断せずに観られるかなぁ。
posted by meiry at 01:07| Comment(1) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

《詠春》有料動画サイトで配信開始

gooブロードバンドナビの「ライブ台湾 on goo」で12月25日から配信開始です。3話までは無料で観られるそうです。→詠春@ライブ台湾 on goo

しかし、ここのキャスト紹介はなんか変。洪天照(サミー・ハン)がいなくて、“小饅頭”が紹介してあるなんて。
posted by meiry at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

T、U揃ったのね。

BOX−Uも発売になって、全巻揃って購入できるようになったようです。
  
posted by meiry at 22:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

《詠春》公式サイトに霆鋒のインタビュー掲載!

《詠春》日本公式サイトに霆鋒のインタビュー動画が掲載されています。(トップページからメニューの[INTERVIEW]をクリック!! )
《詠春》DVDの日本発売を記念してのコメントで、日本ファンズに向けたメッセージです。(でも広東語オンリーで日本語は全くなし。もう忘れたのかもね。)

それから、霆鋒のインタビュー記事が載っている「DVDでーた 9月号」と「映画秘宝 10月号」も立ち読みしてきました。どちらも1ページのみの記事なので、まあ立ち読みでいいかなーと(笑)でもちゃんと霆鋒に取材した、読み応えある内容でしたよ。霆鋒、まじめに語っています。「映画秘宝」には《インビジブル・ターゲット》関連で陳木勝(ベニー・チャン)監督のインタビューも載っていました。
posted by meiry at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

《詠春》がらみでこんなイベントも。

自分が全く行く気なし&忙しかったので、すっかりスルーしていた情報ですが、一応、書いておきます。
「詠春」試写会オールナイトイベントに30名様ご招待!
 イベント内容、応募方法等、詳細はこちらのサイトでご確認下さい。

応募締切が「8月21日(火)」とありますが、21日は木曜ですよねー。もしかして19日(火)=今日が締切?応募する方は急いでね。
posted by meiry at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

《詠春》1話〜6話の感想

レンタルショップに《詠春》が新作DVDとして置いてあるかどうか確認しに行っただけのつもりが、ついつい借りて帰ってました。いやぁ、やっぱり日本語字幕付きはいいね〜。ほんと気楽に観られる。

感想はネタバレ無しでいこうと思うのだけど、でもこれって《双龍記》を観た人には既にネタバレしてるってことですよね?最後の大ドンデン返しも《双龍記》観てれば、もうわかっちゃってるわけだし。《双龍記》で全体の流れがわかってるのは有難いけど、あの大ドンデン返しを知ってしまったことが、唯一、失敗だったなーと思うわけです。《双龍記》観てない人には「なんのこっちゃ?」な話でしょうけど。では、ざっと感想をば。(《双龍記》についてはこちらを。)

其の弌(1話〜3話)

DVD1巻に3話ずつ入ってます。導入部の第1話はつまらなくはないけど、ちょっとコメディ色強すぎて、でもそのコメディに霆鋒が全然はまってなくて、ちょっと「どうしよ〜?」な気分になるのは事実。それに霆鋒が演じる阿壁って少年武術大会に出るくらいだから、まだ18、19歳ってところなんだろうけど、それも最初は無理を感じてしまうし、阿壁がダダをこねるところなんか「霆鋒さん、キモイです」とか思ってしまうわけです。

でもお顔はやっぱりキレイなんだよなー。“お花君”より活き活きしてるし。2話、3話と観ているうちに“少年”霆鋒にも違和感を感じなくなり(「この人は10代の男の子なんだ」とかなり強く自分に言い聞かせた結果ね、汗)、ハチャメチャなのは1話のみで、意外にマジメなお話だというのもわかってきて、面白くなってきます。3話観終わった時点では「これってかなり面白いやんかー。香港版を買ったのに放置してて、ごめんよー!」と誰にともなくお詫びしたくなってしまったのでした。(香港版は1話観て、その後、放置でした・・・)

其の弐(4話〜6話)

このドラマでは霆鋒は主役だから出ずっぱりだろうと思っていたらそうでもなく、今のところ、むしろ出ずっぱりなのはお父さんの元彪(ユン・ピョウ)でした。妻を早くに亡くして男手ひとつで二人の息子を育てている、武術家であり医者でもある黎賛がユンピョウさんの役どころ。特に長男の阿壁に手を焼いていて、子育ての難しさにため息をついたり、嘆いたり、息子をひどく叱った後で自己嫌悪に陥ったりと、なんかねー、私はこのお父さんに思いっきり感情移入。「こんなに息子のことを思っているのに、『親の心、子知らず』だよねー」とか、時には「あーあー、そんな頭ごなしに叱っちゃいかんよー」とか(笑)

このドラマの根底に流れているのが親子の確執っていうか(そんな大層なものでもなく)、親と子の価値観の違い、親の敷いたレールを走りたくない子の反発、だけど自立できない子の苛立ち、男子はいつか父親を乗り越えなければ大人になれないとか、まあそんなものだろうと、早くも察してしまったぞ。
でも親に理解されない子の絶望感や焦燥感も自分でかつて経験したはずなのに、それよりも子育てに苦悩するお父さんに共感してしまうのは、自分が親になったからなのか、それとも単純にユンピョウさんと霆鋒の演技の技量の差なのでしょうか?

その他の登場人物、弟の阿春や、若い叔母の九姑娘(この人、字幕では全然違う名前になってた)、生き別れた妹を探しに佛山(阿壁たちが生まれ育った町)にやってきた高明などの背景も徐々に語られ始めて、これらの人達が皆、なかなか魅力的。特に高明役のサモハンの息子の洪天照(サミー・ハン)は、《双龍記》を観た時から気になってて、ドラマを観てもやっぱり高明がイイんだよなー。
それから阿壁、阿春兄弟の幼馴染の小饅頭(そういうあだ名なんだと)役の女の子がとっても可愛い。小饅頭や阿春の爽やかさを見てると、どうしても霆鋒と同年代っていう設定に無理を感じる・・・。(霆鋒がサワヤカじゃないって言ってるわけじゃなく、いや結局、そういうことか、ゴニョゴニョ)

ついつい霆鋒には厳しくなってしまうけど、6話まで観終わった時点では魅力的な登場人物たちで俄然、ドラマは面白くなってきた中で、肝心の主役の阿壁だけがどうもいまだ光ってない気がして、《小魚兒與花無缺》の時と同様「霆鋒、がんばれ!」と言いたくなってしまうのでした。まあ、今のところ阿壁は夢を語るばかりで実際には勉強もせずぶらぶら遊び歩いてるだけの少年なんで、そんなものかもしれませんがね。
posted by meiry at 11:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

《詠春》日本版DVDもうすぐレンタル開始

 amazonにもありました。
 詠春 The Legend of WING CHUN DVD-BOXI
 出演:ニコラス・ツェー ユン・ピョウ、サモ・ハン
 DVD発売日: 2008/09/03
posted by meiry at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

《詠春》日本版DVDの公式サイト

ひゃ〜!《詠春/The Legend of WINGCHUN》日本版DVDのサイトができてました!日本語ナレーション入りの予告編も見られます。(下のバナーも配布中。)
banner_eishun.jpg ←コチラをクリック!!

DVDは9月3日発売、レンタルは1stが7月25日より、
2ndが9月3日よりレンタル開始です。
posted by meiry at 14:36| Comment(8) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

《詠春》日本版DVD発売

まだ画像はありませんが、楽天ブックスで予約受付開始してます。

 詠春 The Legend of WING CHUN DVD-BOX 1
 発売日: 2008年09月03日

 香港版を熟成させているうちに、日本版が出ちまいます。ああ・・・。
 FREEMANさんの「電影宣伝自由人」によると、
 レンタルは7月25日からだそうです。
posted by meiry at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

ショック!!

やっと内職仕事も片付いたので、《詠春》鑑賞に取りかかろうと思ったわけですよ。やっぱりパソコンよりはテレビの大きな画面で観たいと思ったのだけど、うちのプレステ2ったらまったくもう、《詠春》DVDは「テレビシステムが違います」だと!「ALL/NTSC」と書いてあるのに観られないDVDは初めてです。なぜ〜?

もちろん“りーじょんじょん”(リージョンフりーデッキ)を使えばいいことなんですが、うちのテレビには常時プレステ2がつながっている状態なので、DVDを観るたびにコードをつなぎ替えないといけなくて面倒なの〜(泣)しかもうちの“りーじょんじょん”は大事に箱に仕舞われている箱入り娘なんで、いちいち箱から出したり片付けたりが本当に面倒なの〜(泣泣)

さて上とは全く関係ないけど、唐突に思い出したので。“例のところ”で《詠春》関連の動画をみつけては「お気に入り」登録していたのですが、たくさん貯まったので、ここで一挙ご紹介。まだまだ他にも探せばたくさんあるみたいですが。各テレビ局のドラマ紹介番組とか宣傳片とかです。お暇な時にどうぞ。
記者会見1 記者会見2 紹介番組 ロケ現場取材 ロケ現場取材2 宣傳片
posted by meiry at 15:59| Comment(6) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

やっと来た!

詠春DVD1.JPG 詠春DVD2.JPG

うっきゃぁ〜!ジャケ写もいけてる!早く観たいよ〜
でも今夜はドラマ「SP」観ます。岡○くん、《ドリフト》の霆鋒みたい!(はぁ〜と)と思って観てたけど、うーん、立ち回りはちょっと残念。そりゃ霆鋒みたいなのをいつも見てたら、岡○くんがどんなに頑張ってもしょぼく見えるわな。
posted by meiry at 23:48| Comment(6) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

わーい!やっと香港版発売!

InAssociation with YesAsia.com待ちに待った《詠春》香港版がついに発売です!っていうか、2007年10月18日だからもう既に発売になってるやん!嬉しいことにリージョンALLです。さっそく申し込もう〜!(北京で買ってきた大陸版が無駄になっちゃったけど、ま、いいか!)

posted by meiry at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

《双龍記》DVDゲット

双龍記DVD.JPG某ショップにさりげなく売られていたのでゲット。さっそく観ました。予想以上の面白さ!!

まず、昨日の記事で「没有字幕」などと書きましたが、実際には字幕(中文簡体字)付いてました。でも字幕が消えるのが早い!早い!ほとんど読んでいる暇がないのですが、それでも粗筋は大体わかりました。ドラマ《詠春》の紹介記事に書かれている内容とほぼ同じで、やはり《詠春》を短く映画用にした感じ。それでも先日の「ぶった切りプロミス」よりよほどしっかりしたストーリーで、解りやすかったです。これ編集した人、すごい。

周辺人物のエピソード等はとことん省略されているようで、時々、突然現れて「あんた、ダレ?」な人がいたり、主人公(霆鋒)と女性とのロマンスも省かれて、ラストである女性と微笑みを交わすシーンのみが唐突に出てきて「あんたら、いつの間にそーゆう関係になったん?!」と思ったり、というのはありますが、まあそれはご愛嬌のうちです。

主人公の放蕩息子ぶりとか、父親との確執の描かれ方も薄いのですが、逆にこれをドラマでじっくり観られるのかと思うと、ドラマ《詠春》への期待が嫌でも高まる。って結局、この謎のDVDの思うツボやん!

霆鋒のカンフーシーンはたっぷりで見ごたえあり。「上達したなぁ」と思わず見入ってしまうカッコ良さ。お顔もめちゃくちゃキレイです。正直に言って、アクションシーンは《龍虎門》の数倍面白い(好き好きもあるだろうけど、私的には)。洪金寶や元彪の貫禄はさすがです。また悪役として登場する洪金寶の息子、サミー・ハン(洪天照)が演技もカンフーも◎でなかなか良いです。

2時間程度(正確に測ってないけど、それぐらい?)の映画版でこれだけ楽しめるのだから、ドラマ版は「どんだけ〜?」。早くドラマ版が観たいです。でもドラマは香港版が出るまでガマン、ガマン。

※あのー、念のため追記しておきますが、これ、海賊版ではなく正規品ですよ。
posted by meiry at 00:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

謎の映画《双龍記》のDVD

香港でも発売になっています。→雙龍記(中國版)@寰購網buyoyo.com

そのうちyesasiaにも出るんじゃないでしょうか。でも、なんと「没有字幕」です。音声は北京語なので広東語よりはなんとかなりそうだけど、さすがに字幕無しで聴き取りだけだとチンプンカンプンかも。
実際に見てないので何とも言えませんが、これ多分、ドラマ《詠春》のダイジェストで、ドラマの宣伝効果を狙って発売されたものじゃないかと推測してます。つまり映画と同じくらい長ーい予告編って感じ?
posted by meiry at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

《詠春》主題曲−天公地道



万一、動画が見られない場合は、コチラで音だけどうぞ。霆鋒が歌っています。
posted by meiry at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

霆鋒“スーパーおばあちゃんファン”に出会う

fbcf0435d8e1bc728db6e1a97f017784.jpg

霆鋒はドラマ《詠春》の宣伝で、齊魯テレビ局の「粉糸大派送」という番組に出演。観覧席では、車椅子に座り「鋒」の字を刺繍した服を着た一人のおばあさんが人目を引いていました。この方は霆鋒の追っかけをしている「スーパーファン」。これを知った霆鋒はポスターにサインをしてプレゼントし、“深情擁抱”(心をこめたハグ)したそうです。 新浪(中国新聞網)

おお〜すごいなぁ。こういう方の存在は、年齢ちょい高めな日本の霆鋒ファン(あ、私のことですよん)には心強いですね。霆鋒、日本に来た時も“お年寄り”は大切にしてくれ。

下は《詠春》の一場面。これってお葬式の時の衣装ですよね?(違う?) 
posted by meiry at 14:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

霆鋒 プロモは続く

引き続き《詠春》のプロモ行脚中の霆鋒さんです。共演者の洪天昭、劉梓研と一緒に20日は南京へ。
10016833_996175.jpg 10016835_335105.jpg 新華報業網(揚子晩報)

「南京での放送開始の28日までまだ何日もあるのに、どうしてこんなに早く来るのか?それは謝霆鋒のスケジュールがいっぱいで、この日の午後の半日だけ空いていたので、ここで宣伝活動をするしかなかったのだ。」なんて書かれています。そりゃあ8月近くなったらなるべく香港から離れたくないでしょうからねぇ。そこのところをわかってやって、そんな意地悪言わないでよ、とは私の心の声(笑)

21日は武漢。
xin_47070422111592068423.jpg 漢網娯楽(武漢早報)

《詠春》のプロモなんだけど《男儿本色》のことも聞かれたりして、もうわけわかんない。観衆から選ばれた人たちに詠春拳を教えたりしたそうです。良い先生ぶりだったように書いてありますが、また大得意で技を披露したんでしょうな。そういえば《PROMISE/無極》のプロモの時も舞台上で扇子の使い方を披露して鼻高々でした。そんな子供っぽさを失わないニコさんが大好きさ!(笑)

もう耳タコ話ですが、《詠春》や《男儿本色》を命がけで撮影したのは生まれてくる子供のためで、いつか子供を香港の會展中心に連れていき「あそこから跳び下りたのはジャッキー・チェンと君のパパの二人しかいない」と言いたいと、また話してます。少し追加があり、「『君もいつか登れるようになって欲しい』と言いたい。あ、でも『くれぐれも転がり落ちて来ないでね』とも言うけどね。」とアレンジをきかせて笑いを取ったそうであります。
posted by meiry at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

霆鋒 広州で《詠春》の宣伝も


《男儿本色》プロモで訪れた広州で、ドラマ《詠春》の宣伝活動も。大忙しの霆鋒さんです。インタビューに答えて、「将来、息子には武道の道を歩んで欲しいとは思わない」とか「自分は成龍の後継者にはなり得ないし、年をとって誰の後継者にもなり得ない」とか話したようです。

映画《男儿本色》が公開され、一方テレビではドラマ《詠春》の放送も始まるんですね。中国の霆鋒ファンは嬉しくもあり忙しくもありというところ?『盆と正月が一緒に来たような』という言葉を教えてあげたい。
posted by meiry at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

《詠春》DVD大陸版出ました。

InAssociation with YesAsia.com 《詠春》(Part I)DVD

 PALL/ALLで、北京語吹き替え。
 パート1ということで第1話から22話を収録。
 VCDもあります。

 とりあえず大陸向けバージョンは出ました。
 香港版も待ってれば出そうですね。
posted by meiry at 02:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

謎・謎・謎《双龍記》DVD

benさんの「nic nic」でやっぱり《双龍記》という映画も存在しているらしいと教えていただきました。
既にDVDも出回っているようなので、yahoo!中国で検索したら、あらあらいっぱい出てきた!
雅虎(yahoo!)購物検索「双龍記」(本当は「双龍記」は簡体字です。)  VCDもあります。

そのうち1つをランダムに見てみたのが、ココ。一応【正版】と書いてあります。本当に正規品なら欲しいけど・・・。
双龍記
posted by meiry at 15:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

《詠春》のDVD!?

InAssociation with YesAsia.com

他の物を探していて、これを発見!なんと《詠春》のUS版DVDです。DVD8枚組なので、これは映画ではなくドラマですね。7月24日発売予定。リージョン1です。北京語音声に簡体字の中国語字幕付き(ん?英語字幕は無し?)

《大人物》といい、まずはUS版から出す流れ?でも《詠春》は中国国内で放映も決まっているようなので、そのうち少なくとも中国大陸版のDVDは出るはず。その後、もし香港版が出れば霆鋒の生声広東語入りになるかも?そもそもこの《詠春》はリージョン1なので、“りーじょんじょん”がないと観られませんね。うーむ・・・。

追記:yesasiaのサイト、今見たら「リージョンALL」に表記が変わっていました。
posted by meiry at 03:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《詠春》は《詠春》で・・・

新浪のこちらの記事によると、功夫大劇《詠春》は今月まさに全国の各大テレビ局で放送されるそうです。《詠春》はあくまでもテレビドラマなんですが、出演者やあらすじを読むと、やっぱり《双龍記》(こっちは映画とされている)と同じなんです。もうさっぱり意味がわかりません。どういうことなのか、誰か解説して欲しい!!

《詠春》の見所は3つ。1つ目が洪金寶(サモ・ハン)と元彪(ユン・ピョウ)の共演、2つ目が謝霆鋒(ニコラス・ツェー)の鍛錬を積み大いに進歩した功夫、3つ目が3人の女優さん、李彩樺(レイン・リーだったかな?)、胡可(フー・コー)、新人の劉梓妍の三人三様の素晴らしさ、だそうです。

U1825P28T3D1631609F326DT20070709210204.jpg
posted by meiry at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

《双龍記》内陸での上映が危ぶまれる?

行きがかり上、《詠春》のカテゴリで書き続けている《双龍記》の話題。たぶん同じもの?という前提で書いているのですが、もし違ってたらごめんなさいね。

で、その《双龍記》なんですが、制作会社の寰宇が漏らしたところによると、映画のアクションシーンがあまりに激しいため(本文=『動作場面火爆』)映画館で上映するのにふさわしくないという理由で、もしかすると内地の映画館では上映できないかもしれないそうです。
監督はシーンの変更は映画の一貫性を損なうとして、「大規模な変更を要するなら、いっそ映画館上映を放棄し音像商品として発行する(つまりDVDスルーってこと?)」と言っているらしい。
寰宇は引き続き内地での上映へ向け努力はしているが、夏期上映については不確定のようです。   新浪(京華時報)

なるほどー。映画館ですら上映できないなら、ましてテレビ放送なんて無理ってこと?どっちにしろ日本ファンの大多数はどうせDVDで観るんだから、DVDさえ出してくれればいいやー。
posted by meiry at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

この夏公開される霆鋒の2本の“映画”

として、新浪のこちらの記事で《男兒本色》と《双龍記》が紹介されています。やっぱり《双龍記》は映画なんですね。

《男兒本色》の紹介は省略。《双龍記》は、「元彪と謝霆鋒は映画の中で一組の父子を演じる。元彪(が演じる役)はずば抜けた武芸を身につけていて、霆鋒もまた良い素質を持っているが、惜しいことに彼は一日中ぶらぶらしている無学無能なドラ息子だった。いくつかの挫折を経て、最後には父と子の間でお互いに理解、支持しあうようになり、共に敵に立ち向かう」というようなストーリーらしく、やっぱりこれは《詠春》じゃないかと思うのあります。

そして霆鋒は映画の中の多くのエピソードは数年前の自分を描写しているようだと話しているらしいです。なるほど。でも現在彼はアクションドラマ(映画)が好きで更に研究をして、命をかけて完成させた。霆鋒は「これは人生における一種の精神修養だ」と言っているそうです。

U1171P28T3D1617883F329DT20070629101458.jpg U1171P28T3D1617883F326DT20070629101458.jpg U1358P28T3D1618003F326DT20070629113513.jpg

画像追加 右端はオマケ:セシが家庭に入る直前に撮影していた《周[王施]》のスチール。美しい・・・(惚れ惚れ) 新浪1 新浪2
posted by meiry at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

《詠春》改め《双龍記》なのか???

1182245254967_30418.jpg

TOMの記事にこの画像があって、「謝霆鋒最新動作戯《双龍記》劇照」とあるのですが、これって《詠春》のですよね?正式タイトルが《双龍記》になったのかなと思いつつ記事を読んでみると、どうやら映画みたいなんです。私はドラマだとばかり思っていたんですが・・・。うーん、よくわからんぞ。

香港の寧宇と山西電影による合作アクション映画《双龍記》は既に審査(検閲?)に送られ、夏休み期間に上映される見込み。主演は謝霆鋒、元彪らで、謝霆鋒は映画の中で元彪と多くのアクションを演じる。
謝霆鋒は近年、多くのアクション映画に出演、《無極》で無歓を演じた他に《龍虎門》《新警察故事》にも激しいアクションの場面があり、この夏休みにもうすぐ上映される《男兒本色》《双龍記》も同様に大量のアクションシーンがある。謝霆鋒はまさに新世代のアクションスターになった。
 TOM

って、やっぱりどう読んでも、この《詠春》改め《双龍記》らしきものはドラマではなく映画のようです。いつの間に映画になったんだー??
posted by meiry at 23:13| Comment(5) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

《詠春》精彩花絮&劇照

視頻:《咏春》精彩花絮介紹 李彩樺飾霆鋒女友@QQ

《詠春》関連の動画ニュースもあがっていますが、これはインタビュー等はなく、丸々全部6分半の予告編です。

ニコさん、かなりカッコいいです。私は“花様”の数倍はイケてると思う。(実際、“花様”は今にして思うと垢抜けていないと思うのよね。暴言!)気になっていた長髪もドラマの画面ではすっきりして見えるし、全然おかしくないです。衣装もカンフーの格好だけではなくて、サスペンダー付きズボンで可愛く決めてたり、一瞬だけまっ白なスーツ姿も出てきたりで期待できます。何気にサモハンの息子もかっこいい!このドラマ、早く見たいぞぉ〜!!

組図@新浪 →こちらには《詠春》のスチールがたくさん!

U1735P28T3D1251697F326DT20060917144725.jpg U1735P28T3D1251703F326DT20060917144751.jpg U1735P28T3D1251700F326DT20060917144742.jpg

 
posted by meiry at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

《詠春》期待のドラマ?

U1431P28T3D1228373F326DT20060902151943.jpg

U1431P28T3D1228373F328DT20060902151943.jpg

U1431P28T3D1228373F329DT20060902151943.jpg

記事をザーッとしか読んでいないのですが、第4届広博会で40集のテレビドラマ《詠春》の13分の予告編が公表されたそうです。とても人気があって各放送局が放映権獲得をめぐって争っているとか。

現在の中国のドラマ界は刑事物、不倫物、古装の武侠ドラマなど似通ったテーマが溢れているが《詠春》はそのどれにも属していないこと、洪金宝、元彪など有名な真のカンフー役者が出演している上に、謝霆鋒と洪天照の二人の若い役者もみんなを失望させないこと、予告編からちょっと昔の香港のカンフーアクション映画の影響が伺えること、などから買い手の人気を集めていると分析しています。また女優さんの造形と演技も際立っているそうです。
ニコさんについては「多くのアクションのテレビドラマを撮影して、その腕前はとても進歩し、もう初心者ではない。」とも。

大絶賛です。確かに期待したくなるなぁ。サモハンとユンピョウが出てるってだけで昔からの香港映画ファンの心をつかみそうだし、この劇照を見る限りでも女性ファンの心はニコさんがワシ掴みって感じですか? 新浪
posted by meiry at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

霆鋒《詠春》の新出写真


新浪の《詠春》特集ページから。
クリックするとさらに大きくなります。私はPCの壁紙に設定しちゃいました。
posted by meiry at 09:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

《詠春》最新劇照

b82a8c84561841df8ed93ec78357dbd0.jpg ff92f2887cba4d5996b4be599ecd7d4a.jpg bbd14ec9a3204098be0825b46ad273da.jpg

52ad64bf15064ec1aa1d28dd15fc3501.jpg 7b54ed0ebe86471fab9b543e6d56f84b.jpg

「最新」といっても日付が7月19日なので、かなり前になります。
上の以外にも写真がたくさんありました。→八面互動娯楽

ついでに。Diorのイベントに参加するために香港に帰ったニコさんが、さっそく記者につかまりセシのことをいろいろ聞かれています。→大公網

これを読む限りでは、ニコさんは多くは語らなかったものの、その受け答えはいたって普通で大人な対応。ニコさんまでセシみたいにはしゃいで有頂天になっていたらどうしようかと思っていましたが、そんな事もなく落ち着いているようです。なんだかホッとした。

648831ae3b604d5e80304a7a5d97114a.jpg そして、セシ。
 これは映画かドラマの1シーンのようです。
 やっぱり綺麗。
 
 八面互動(大洋網)
posted by meiry at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

《詠春》記者会見の動画

横店で行われた《詠春》の記者会見の動画です。

視頻:謝霆鋒只談新戯 対王菲問題依然避而不談@QQ

セシのことならまだしも、フェイの引退うんぬんについて聞かれても「もう知らんがな」でしょうに。
他人の嫁さんのことですよ?
posted by meiry at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

《詠春》つづき

xin_1207032010165781498119.jpg 出かける前にもう1つアップできそうかな、急げ急げ(汗)
 左の画像は上海熱線より

 小さい三つ編みがついているんですよ、かわいい。
 着ている衣装もかわいい。
 この夏、こんなブラウスが欲しいです(笑)

 QQ.comにも別の写真が。現場でいろいろハプニングもあって楽しそうです。
posted by meiry at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《詠春》の撮影いよいよ始まる

《詠春》の撮影が本格的に始まったようで、関連の記事もたくさん出ています。
家でやらないといけない事が山積みなのに、外にも用事があって連日出歩いてばかりで、ちょっとクタクタなmeiryです。とりあえず記事リンクだけ貼っておきますね。ニコさんのステキ写真いっぱいです。一時期のように頬がこけて見えるほどの激やせからちょっと元に戻った気がする。何より表情がいいですね。なんだか撮影がとても楽しそうです。
tom.com スライドショー 新浪組図 QQ組図


後ろの看板(?)を見て下さい。天下のサモハンとユンピョウを従えて、ニコさんがド真ん中です!!あー、母は嬉しい・・・。大御所の皆々様、霆鋒をよろしくお願いします(笑)(下画像はQQ.comより)

928371.jpg
posted by meiry at 10:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

2006年07月05日

《咏春》クランクイン

99e755cf12460f94dfcc43c28ad662b4.jpg
00697418.jpg

1981年香港映画《敗家仔》を改作したドラマ《咏春》がクランクイン。この撮影に備えてニコさんは去年の11月から先生について咏春拳を学んで来たとあります。《大人物》撮影の合間にもよく練習していたと、共演の劉涛さんが言ってましたね。《龍虎門》で甄子丹から厳しい特訓を受けたニコさんですが、今度は洪金宝(サモハンキンポー)や元彪(ユンピョウ)に鍛えられることになります。洪金宝は「謝霆鋒は香港カンフースターの新しい希望だ」と期待してくれているそうです。

あらすじも少し書いてありますが、以前の報道にあったような洪金宝とニコさんが父子という設定は違うみたいです。 新浪 東方娯楽
posted by meiry at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

《詠春》の女主角決まる?

e8a2095c340567da88ac3b8510651425.jpg e7500b5cb46bc94903bbd8c2c523e1ed.jpg

四十集の武侠テレビドラマ《詠春》についての記事がありました。左は胡可さん。
(ニコさんの写真は《無極》の北京プレミアの時か?)

 早くに決定した男性主役の洪金宝と謝霆鋒に対して、女性主役はなかなか決まらず
 発表できなかった。が、胡可が《詠春》の中の女性主役「九姑娘」を演じると漏らした。

 《詠春》は人の成長の物語。
 謝霆鋒はドラマの中の第一主演で、詠春拳の継承者「梁壁」=賛生堂の次男(かな?)
 を演じる。彼は天性の素質があり、武術の才能が優れているが、生まれつき自由奔放で
 何度もトラブルを起こす。洪金宝は「梁贊」、謝霆鋒と父子の役を演じる。

 脚本を“かじった”胡可が漏らしたところによると、彼女の演じる「九姑娘」は梁壁の
 叔母で、朗らかでさっぱりしている。結婚から逃れるために賛生堂にいる。一人は甥、
 一人は叔母、もともと二人は長幼の礼を守るべきだが、年齢がさほど変わらないので
 いつも一緒に遊び、厄介事を引き起こす。その他、「九姑娘」はまたずっと密かに
 洪金宝演じる「梁贊」に恋している。
 新浪

おもしろそうです。「勝手気ままなお坊ちゃん」が成長していく物語なんでしょうか?ニコさんは《無極》の公爵以外に「お坊ちゃん」役って実はあんまりないですよね。ジョイとイーソンの映画《魂魄唔齊》のチョイ役ならありましたが。
しかし「《詠春》は来月撮影開始」とか書いてあるのですが、じゃあ《大人物》はどうなるのでしょう?
posted by meiry at 01:24| Comment(3) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

霆鋒 新作ドラマの話

ニコさんの画像がなくてつまらないのですが、新作ドラマのニュース。

香港の寰亜電影は武侠巨作《詠春》の準備をしていて、各界の関心を集めているとか。女主人公は未定だが、男主役には謝霆鋒が決定しているそうです。また洪金宝(サモハン)が「梁贊」という人を演じ、霆鋒とは父子という設定らしいです。
女主人公には周迅(ジョウ・シュン)、 趙薇(ヴィッキー・チャオ)の他、寰亜が接触を試みている女優さんがいるそうです。 網易 新浪

「梁贊」って誰?と思って調べてみたら、詠春拳の名手らしい。ニコさん、主役に「決定」と書いてあるけど、どうなんでしょう?予定は未定。。。
posted by meiry at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。