2005年11月14日

《武士(MUSA)》

2001年
監督:キム・ソンス
出演:チョン・ウソン、チュ・ジンモ、チャン・ツィイー、アン・ソンギ
   ユー・ロングァ、パク・チョンハク

チャンネルNECOで韓国映画の《武士(MUSA)》をやっていたので観ました。
奴隷と将軍とお姫様、「どこかで聞いたような設定(《無極》と一緒)」と思いながら観始めましたが、こちらは「男女の愛憎」にはほとんど触れず、ひたすら「武士としての生き方」を追求した“男臭い”映画でした。
アクションは凄かったです。個人的に《HERO》などのビヨーンと後ろに跳んだり、真横にシューっと飛んできたりするワイヤーアクションよりは、こっちのリアルアクションの方が好きでした。(武侠物などのワイヤーアクションも、あれはあれで「そういうスタイル」と思って観るので嫌いではないですが。)
高麗の使臣団の人達のキャラがだんだんわかってくるにつれて感情移入もできて面白く、緊迫感もあって最後まで引き込まれて観ました。でもラストはなんだか虚しくなって、あんまり共感できない終わり方でした。

ところで映画を見終わってから、日本の公式サイトを観たのですが、5人のキャストの紹介しかなかったです。私は結構他の出演者にも興味がわいて、使臣団の通訳の人とか若者とか、せめて名前だけでも知りたいと思った人が何人かいたのですが、5人以外は何も情報がありませんでした。公式サイトってそんなものなのかな。ちなみに、ワーナーさんでしたけど。
posted by meiry at 02:34| Comment(3) | TrackBack(1) | その他映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見ましたよ。チャン・ツイは引っ張りダコだね!
私もCG使いまくりは、痛み不感症になりそうで、好きじゃないんです、でもこれくらいならOK!チュ・ジンモさんが、この中では好きです。
Posted by Bori at 2005年11月15日 07:58
おおー、私もチュ・ジンモさんが良かったです。
ちょっと○ムタクっぽかったけど。(けど、って逆説?いや、その、モゴモゴ・・・)
我がままお姫様にチャン・ツィイーはぴったりでした。チョン・ウソンは今、大ヒット中の
「私の頭の中の消しゴム」に出ている人ですね。
Posted by meiry at 2005年11月15日 14:12
○タクぽい!あはは、キムチ、タク似ってとこでしょかね!
ウソン氏は、実に男っぽい!この映画が恋愛物初だとか!私も守られたいっす(汗)
Posted by Bori at 2005年11月17日 12:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9311971
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

章子怡(チャン・ツィイー)をめぐる、日中の「上下関係」論争
Excerpt: 美少女チャン・ツィイーをめぐって、いま、日本と中国の間で、熾烈な言論戦争が勃発していることをご存知ないのですか?12月10日から、あなたもその渦中に呑み込まれてしまうことも知らずに!
Weblog: ヒロさん日記
Tracked: 2005-11-16 09:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。