2008年02月13日

《鮑家街43号2》&汪峰ブログ

本日も語ります。まずは鮑家街43号のセカンドアルバムについて。
《鮑家街43号2−風暴来臨》
ファーストに比べると明るくポップな雰囲気になったけど、全体的に印象は薄め。その中で面白かったのは「瓦解」で、これほとんどの部分が汪峰の“語り”です。ラップでもなく、ただずーっと語っていますが、もうおわかりでしょうけど汪峰の北京語の語りってだけで私は惚れ惚れと聴き入ってしまうのでした(笑)

この収録曲の中でMVがみつかったのは「錯誤」だけなんだけど、これが意味不明なMVで。えーと、まあ誰にでもあるわな。霆鋒でいえば「一撃即中」とか(爆)「錯誤」は曲もなんだかムード歌謡みたいで、何がやりたかったのかよくわからん曲なので、さすがにここに貼るのはやめておきます。(別にこの曲が嫌いなわけではないんですよ。ライブで聴けばそれなりにかっこいい。)

最初は「遊戯」とか「風暴来臨」とかの元気な曲が好きだと思っていたけど、聴き込んでいるうちに「明天」(明日という意味)というスローバラードがやっぱり第一のお気に入りに。汪峰の歌のテーマの1つに「励まし」というのがあるそうなんですが、ほんとに我ながら単純な人間だとは思いつつも、汪峰の歌を聴いてると“明日への希望”がわいてくるよな気になってしまうですよ。ほんと、イイ年して恥ずかしいけど。

それから今日、汪峰ブログが更新されてました!→汪峰ブログ
私は過去記事もつらつら読んでみたけど、滅多に家族の話は書かない汪峰さん。でも今日のブログは旧正月休みを家族と過ごしたことが書いてありました。(ソファーでうたた寝して過ごしたそうな。やっぱりオヤジ・・・)2歳の娘のことをブログの中では「苹果(リンゴ)」と呼んでいるんですね。
汪峰の書く文章はなんというかねー、甘い時はとことん甘い。めちゃくちゃロマンチック。今日のブログの前半は「今、私は不幸せ」と思ってる人は読まない方がいいんじゃないかっていうくらい、激甘です。でも後半は詩的でメランコリックで深遠な思いへとつながって・・・。私は汪峰の文章も大好き。汪峰はブログに小説も連載していて、書くのが好きなんだろうし、たぶん色々な想いがあふれてきて書かずにいられないのかもしれない。その小説を読みこなせる中国語力が自分に欲しいです。
posted by meiry at 15:52| Comment(4) | TrackBack(0) | ワン・フォン/汪峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パパは疲れてるからと、リンゴちゃんがパパを起こさないようにって、ママ達が気を使ってるのを、寝たふりして聞いてるんでしょ?その温かい気持ちに、パパはとっても嬉しくなるんでしょ?
あ〜、もう、ますます大好きになる(爆)
その光景を想像して、こちらまでがほっこりするよ。
あー!セカンドこそまだ聴いてないわー!(^o^;)
Posted by パブロ・あいまーる at 2008年02月13日 22:08
■Pちゃん
小さなリンゴちゃんが「パパ寝ちゃった。起こさないように小さい声でね。」とママ達に言ってるのが聞こえた・・・のじゃないの?バファリンのCMで洗濯機に「シー!」って言ってるあの子みたいに。
まあどっちにせよ、パパは幸せなんですな。普段なかなか一緒に過ごせないから、貴重な時間だったんだって。いつもは敢えて家族のことを話さないようにしている人が、自分のブログでふと披露した話、いいよねぇ。
Posted by meiry at 2008年02月14日 00:07
あらま!へなちょこ訳をさらにPがへなちょこに解釈したのね(爆)
それにしても、なぜに『よそ様のシアワセ』がこんなに嬉しいんだろ?アタシ、変かしら?(笑)
Posted by パブロ・あいまーる at 2008年02月14日 09:45
■Pちゃん
それはきっとPちゃんもシアワセだからでしょ?(^^)
Posted by meiry at 2008年02月14日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。