2008年02月12日

《ラベンダー/薫衣草》


2000年
監督:葉錦鴻(イップ・カムハン)
出演:金城武、陳慧琳(ケリー・チャン)陳奕迅(イーソン・チャン)

イーソンが出ているというので友達から借りていたDVDをやっと観ました。今更断るまでもないほど前の映画なんですが、一応ネタバレ有りです。

天使のカネシロくんがちょいとキモイ。ケリーは相変わらず気が強くてヤナ感じの女で(役柄が)、結末も予想どおりでしたが、でも途中でちょっと泣けちゃった。私の涙は全てイーソン演じる“チャウチャウ”のために。“チャウチャウ”はゲイなんだけど、ひたすら可愛くて、一途で、かわいそうでした。イーソンてば本当に器用な人ですね。

お話しはまあファンタジーで楽しめました。ただ天使はあくまでも清らかなまま天国へ帰って欲しかったかも。最後の列車の中のアレは不要だったんでは?あのシーンは何のためにあったんだろ?

監督は霆鋒の《わすれな草/半支煙》と同じ葉錦鴻(イップ・カムハン)なんですが、私は《わすれな草》の方が断然面白いと思いました。そういえば《ラベンダー》にもテレンスがちょっと出てますね。
posted by meiry at 01:02| Comment(4) | TrackBack(0) | その他映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんでラベンダーやねん!と思ったら、
イーソンを見るためだったのね。
あのゲイのイーソン可愛いし健気よねえ。
私はこの映画ケリーの家の出前一丁が
とても印象深かったです。

そういえば、昨日職場で「勇敢的心」がかかってた。
最初なんか知ってる歌やと思って、
もしやと思ってmeiryさんとこで試聴したら
やっぱりこの歌だった。
Posted by ben at 2008年02月12日 10:29
■benさん
そーなの。友達が「イーソンがひたすら可愛い」と言って貸してくれたの。
それより!普通に「勇敢的心」がかかっているとは、なんてステキな職場!!
羨ましすぎるー!「勇敢的心」以外に静かで綺麗な曲もあるので、
ぜひ他の曲も聴いてみてください。イーソン好きなら汪峰もいけると思います。
Posted by meiry at 2008年02月13日 00:29
亀コメントですみません_(._.)_
私もラベンダー半年くらい前ですが観ました!
イーソン演じるチャウチャウが可愛くて、健気ですっごく良かったです。
エンジェルとのお別れのシーンではうるっときました。
"ティラミス"でも思いましたが、イーソンが持つ雰囲気ってすごくいいですね。
曲はまだ聴いたことないのですが;

>最後の列車の中のアレ
いわゆる"サービス"ってヤツなんでしょうか(笑)
ニコさんも、こういうシーンのある映画に出てくれたら!!と思いつつ観てました・・・
Posted by スロ at 2008年02月18日 12:31
■スロさん
イーソンはよかったですねー。もっと他の映画も観てみたいです。
(“熟成”中のブツの中にイーソンものが結構あるんですが)
歌もいいんですよ。機会があったら聴いてみて下さい。

ニコさんにああいうシーンはそういえば無縁ですねぇ。
EEGが許さないんですかね?
Posted by meiry at 2008年02月18日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。