2006年11月17日

《ウィンター・ソング/如果.愛: Perhaps Love》

InAssociation with YesAsia.com

2005年
監督:陳可辛(ピーター・チャン)
主演:張學友(ジャッキー・チョン)、金城武、周迅 (ジョウ・シュン)、チ・ジニ

おもしろかった〜、素敵だった〜。
のっけからサーカス団の群舞のシーンで一気に映画の世界に引き込まれ、現実(それも10年前と現在)と撮影中の映画のシーンが交錯し重なり合う世界を登場人物らと一緒に体験している気分になりました。なんだかふわふわと夢を見続けているような感覚でした。

周迅のちょっとした表情がとにかく可愛い。彼女が演じる孫納は、生きていくため、女優としてのし上がっていくために、男たちを踏み台にする女。でも計算ずくで生きてるようないやらしさは感じない。孫納は孫納なりに一生懸命生きて相手の男性を愛してきたんだと思えるような清冽さを感じるのは、やっぱり周迅の魅力ゆえなんだろうと思いました。

金城武演じる見東は過去に未練たっぷりな男。途中で孫納を北京に連れて行くくだりでは、あまりの未練タラタラぶりにドン引きしました。一緒に観た友人も「あれじゃ金城くんは全然いいとこ見せられなかったじゃん!」と少々不満げでしたが、でも綺麗な男が悶々と悩む姿はそれはそれで良しという結論に(笑)

映画監督役の張學友さん。彼も苦悩する監督、そしてサーカス団の団長を渋く演じ、しかも最後は大人の男!という感じで見東との対照ぶりを見せ付けて、いい役でした。なにしろもう、歌が素晴らしくて思わず身震いしてしまうようでした。

ラスト近くのあるシーンで、映画クルーが着ているお揃いのジャンパーの背中に意外な文字が!「え!なんで?!」。そこでやっと主人公達が撮っていた映画の題名がわかりました。思わずそこに反応したのは、今日あの映画館の中で私だけだったかもしれませんが(笑)

《ウィンター・ソング》サントラ、ノベライズ、写真小説
InAssociation with YesAsia.com InAssociation with YesAsia.com InAssociation with YesAsia.com
posted by meiry at 00:44| Comment(7) | TrackBack(0) | その他映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう、ジャンパーですよね。
私も激しく反応しました。

買おうと思ってたノベライズもうすでに
発売されてたんですね。
さっき検索してたら漫画にもなってるんですね。
驚きました。
Posted by ben at 2006年11月17日 15:18
くくく、私も思い切り反応しました(笑)。
一緒に見に行ったら楽しかったでしょうねぇ。

そしてノベライズやら漫画まで出てるのですか
チェックしなくてわ!
Posted by noe at 2006年11月17日 21:16
私も背中の文字に反応しましたが一緒に行った人とは共有できなかったので残念。

私は結構楽しんで見ましたが見に来ていた人の反応はあんまりよくなかったようです。友達の隣に座っていた人が「これって結局元彼がストーカーだったって話?」と言っていたそうです(笑)
Posted by ミホ at 2006年11月18日 09:10
meiryさん、こんばんは!
お久しぶりです。「PROMISE」でニコさんに注目し始めたあさこです。
「ウインター・ソング」よかったですよねー。
>背中の文字
あっそっかー!とここを読んでヒザ叩いてしまいましたよ。
でも私いまだに「わすれな草」未見なのです(涙)。

Posted by あさこ at 2006年11月18日 22:24
■benさん、noeさん
はい、関連商品がたくさん出ています。DVDも「豪華版」みたいなのもあります。
映像の感じとか色合いとか好きだったので、私は写真小説に興味ありです。

ふふふ、霆鋒ファンはみんな同じところで激しく反応したんですね(笑)
霆鋒ファンが集まって観てたら、例のシーンでザワザワしたかしら?

■ミホさん
「ストーカー」ですか、実は私もチラッと思いました。ちょっとキモかったです。
でも顔が綺麗なら許されるのだと、私の友人は申しておりました(笑)
えと、感想に書き忘れましたが、チ・ジニさんの優しげな笑顔に癒されました。

■あさこさん
お久しぶりです!最近も映画をたくさんご覧になっているようですね。
さて「背中の文字」なんですが、あれはニコさんの新譜(この間、出たばかり)の
中国語タイトルなんですよ。意味はおっしゃるとおり「わすれな草」なんですけど。

映画の「わすれな草」の中国語タイトルは「半支煙」(たばこの吸いさし、みたいな意)
なんです。
ご存知だったらごめんなさいね。でも「ウィンター・ソング」の中で撮ってる映画が
「わすれな草」。なるほどーって感じでしたね、確かに。
Posted by meiry at 2006年11月20日 00:42
meiryさん、こんにちは!
きゃー私の早とちりだったのですねー。
久しぶりなのにすいませんっ!!これだから素人は・・・(滝汗)。
でも私、友人にニコさんを薦めまくって
ひとりふたりとファンを増やしてますよー。
「こんなカッコいい人がいたなんてっ。」とたいがいの人がビックリしますね。
「もっと新しい作品が見たい。」と皆言ってますよ〜。
Posted by あさこ at 2006年11月20日 17:16
■あさこさん
いえいえ、「素人」だなんておっしゃらず、どんどんコメントつけて下さい。
ここはたまに異常にマニアックになる時がありますが、基本は中華な作品を気軽に
楽しもうというスタンスですので。

ニコラス布教、なさっているんですね。「新しい作品」というと来年日本公開予定の
「龍虎門」でしょうか。でもあれは布教用にはどうだろう?ビジュアル的に・・・(以下略)
Posted by meiry at 2006年11月20日 18:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。