2006年09月21日

《靴に恋する人魚/人魚朶朶》

InAssociation with YesAsia.com

2005年 台湾
監督・脚本:ロビン・リー
主演:徐若[王宣] (ビビアン・スー)、周群達 (ダンカン・チョウ)

日本の公式サイトを見た時に、あまりの可愛らしさに「絶対観に行こう!」と決めた映画でした。期待に違わずというか期待以上によかったです。出てくる靴だけでなく、ビビアンのファッションやお部屋のインテリア等々全ておしゃれでラブリー。

ストーリーは大人向けの“おとぎ話”といった風情。誰もがよく知っているおとぎ話の寓意が全編に散りばめられていて、ゆったりまったり進行します。ビビアン扮する「靴を買うのが大好きな女性、ドド」の可愛らしさとダンカン・チョウ扮する「ドドがみつけた王子様、歯医者のスマイリー」の優しさにうっとりしてしまいました。「どんな靴も似合ってしまう」ビビアンの美脚にもうっとり。

靴恋.JPGとにかくどのシーンも全て絵はがきにして部屋に飾りたいほど可愛い。せめて写真が少しでもあればとパンフレットを買いました。これがまた絵本のようなしっかりした装丁で、真っ赤な表紙が素敵!最後のページは“飛び出す絵本”式の作りになっていました。

この映画はアンディ・ラウ(この映画のナレーションも担当)が発足させたプロジェクト<FFC:アジア新星流>の第一弾作品です。同じくアジア新星流が手がけて中国で大ヒットした《瘋狂的石頭/クレイジーストーン》が、東京国際映画祭「アジアの風」部門で上映されるそうで「観たいなー」と思っています。
posted by meiry at 08:26| Comment(2) | TrackBack(0) | その他映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜^^
先日の生ダンカン舞台挨拶に行けずに泣いたPです〜(苦笑)
生ダンカン見たかったな〜(思い出してまた泣く(笑))
パンフ、いいですね〜。いえ、映画観るのが先ですね(笑)

別スレ:ニコさん予告編でチラリと見てきました〜うっきー!
やっぱ動いてるニコさん見ると、テンション上がります〜(たとえ一瞬でもね^^;)
CDも予約したんですが、果たしていつのことでしょうね〜?(苦笑)
いつまでも、いい仔で待ちますけどね^m^
Posted by パブロ・あいまーる at 2006年09月21日 12:51
■Pさん
ダンカン演じるダンナ様がね、とーっても優しくて、もうそれだけで
“ドド”は充分幸せだろうがっ!とツッコミいれながら観ていました。

CDといえば、この前の「釈放」も思ったより早く届いた気がするので、
今回も意外に早く来ないかな、と期待しています。
まず発売されないことには、どうにもなりませんが。
Posted by meiry at 2006年09月21日 18:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24108231
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。