2006年07月03日

霆鋒作曲《MV》@王菲『將愛』

In Association with YesAsia.com 某中古CD屋さんの閉店セールをやっているところにたまたま
 通りかかり、アジアンコーナーを覗いてみました。
 「ニコラス・ツェー」の札はあれど、商品はなし。売り切れた
 後だったようで残念。でも王菲(フェイ・ウォン)のはたくさん
 ありました。その中にみつけた『將愛』。確かニコさん作曲の
 歌が入っていたはず、と思い出して買って帰りました。

このアルバム、1曲目の《將愛》こそ「愛を戦争に例えた」とかいう勇ましい曲ですが、その後は静かできれいなメロディ、フェイの透明な声によくあった曲が続いて、なかなか癒されます。

そして最後の1曲(その後に《將愛》の国語版とかが入ってはいるのですが)が謝霆鋒作曲の《MV》です。不覚にも私は泣いてしまいました・・・。ニコさんが歌う歌を聴いても泣いてしまう事はなかったのに、この曲には泣かされました。

とても繊細で可愛らしい曲ですが、歌うのが難しそうな曲でもあります。この曲が出来上がった時、「この難しい曲を歌えるのはフェイしかいない」とニコさんが思ったというくらい難しい曲ですが、それを見事に歌いこなすフェイはさすがです。
聴いていると、どんどん切なくなってきて。アコースティックギターの音がいっそう切ない気持ちをかき立てて、涙ぽろぽろ。ニコさんの愛が込められているというか、愛があふれてこぼれそうなんだもの。

前にも聴いたことある曲なのに、今回なんでこんなに泣いてしまったんだろなー。

訂正:《將愛》はもともと国語曲で、後ろの方に入っているのは広東語バージョンでした。
posted by meiry at 11:45| Comment(2) | TrackBack(0) | C-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんですよねえ、この曲作った時
隣にいたなんて。。。聞いた時泣けました。

このCD「將愛」なぜか好きです。
Posted by ben at 2006年07月03日 17:27
■benさん
ラジオ出演時に話したアレですね。あれは切なすぎました。二度と忘れないでしょう!
ラジオの前で「こんな事までしゃべっていいの?」と固まってしまいました。
「將愛」いいですよね。私は衝動買いでしたが、いい買い物しました。(激安だったし。)

Posted by meiry at 2006年07月04日 17:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。