2009年10月04日

そういえば・・・

かれこれ1カ月も前のことになりますが、イーキン(鄭伊健)のトークショーに行ってきたのでした。

090912ワンダーランドアジア.JPG

↑これなんですけど。司会は関谷サンで、第一部は「関谷元子さんが香港で取材した香港スターたちの最新情報を、映像と共にご紹介」で、第二部が「9月19日から全国公開になります「カムイ外伝」に出演している香港のスター、イーキン・チェン(鄭伊健)をスペシャルゲストとしてお迎えします」だったわけです。

私はどっちかというと前半が目当てだったのだけど、この日が張國榮(レスリー・チャン)の誕生日だったとかで、半分はレスリーの話でした(最新情報じゃないじゃん)。残りは今、香港で注目されている、関谷さんおすすめの歌手2名の紹介でした。陳奕迅(イーソン・チャン)と方大同(カリル・フォン)。どっちも知ってるし。イーソンがアメブロで日本語ブログ始めたとか、方大同が初めてのカバーアルバム出したとか、さして最新でもない情報のみでちょっと期待はずれでした。
それよりも、渋滞に巻き込まれたとかでイーキンの到着が遅れて、その間に先に来ていた通訳の周先生と関谷さんのトークを聴けたことの方が面白かったです。

イーキンは到着が遅れたとはいっても、その後たっぷり1時間も話してくれて、こちらも楽しかった。雑誌や映像で見るインタビューと、生で目の前でしゃべっているのを聴くのとは大違いですね。そして握手会なんかで無駄にダラダラ時間を過ごすよりも、本人の話をじっくり聴ける方が私的には有意義に感じました。関谷さんの質問とイーキンの答えが微妙にかみあってない気もしたけど、それもご愛敬。イーキンは自分の語りたいことをしっかり語れたのでは?イーキンが「昔と違って今の香港では、芸能人がいろんな事をやらせてもらえなくなった」と言っていたのが印象に残りました。香港で仕事がないのは霆鋒に限らないのかも。

ただ1つ、今も不思議なのはイーキンのジャケットになんでガムテが貼ってあったのか?ってこと。関谷さんのツッコミもむなしく、イーキンの答えだけでは謎は解けず。イーキンファンの方には何のことかわかったの?私は「???」のままでした。

このイベントで唯一、情報面での収穫があったとしたらコレ。北京オリンピックの応援歌を集めたCDの日本版が「龍の夢」というタイトルでロックレコードから出るらしい。これですね→龍の夢(DVD付)
中国で出た「北京2008奧運會歌曲專輯」のことなのか、全く別物なのか不明。収録曲目が出ていないので。どんな曲が入るのか興味あります。っていうか霆鋒や汪峰の歌は入るの?ってことが重要問題であるわけですが、私にとって(笑)

イベント当日に会場に飾ってあった陳奕迅や方大同のCD。↓
090912ワンダーランドアジア2.JPG
posted by meiry at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他中華芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129507310
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。