2009年05月06日

《新宿インシデント/新宿事件》

連休最終日に新宿の映画館で観て来ました。
いやもう怖かった〜!めっちゃ怖かった!!周囲の席からも“声にならない悲鳴”が聞こえるというか、息を飲む気配というか、そんなの感じました。といってもホラーとかスプラッタとか、そういう怖さではないのですよ。今までヤクザもの、マフィアものいろいろ観たけど、一番怖かったかも。

中国からの密入国者たちと日本のヤクザと新宿の華僑を牛耳る中国人の親玉が歌舞伎町を舞台に抗争を繰り広げる映画、とでも言えばいいのかな。日本人も中国人も権力と金への欲望を抑えきれず、破滅へと向かっていきます。そこに巻き込まれていくのが主人公の成龍(ジャッキー・チェン)。最後はものすごくやるせない気持ちになって終わる、暗い重い映画でした。

回想シーン以外ほぼ全編、日本ロケ?知っている場所もたくさん出てきました。歌舞伎町の今まさに映画を観ている、その映画館がある界隈も映ったり。自分がいるこの場所で、こんな事件が起きているという感覚が怖さを倍増させる気がしました。映画が終わった時、映画館を出ながら「歌舞伎町、こえぇ〜」と言ってる男の人もいました。日本に来たことのない外国人がこの映画を観たら、日本の新宿、歌舞伎町がどんだけ怖い街か、って思うだろうな。香港映画でどんなに残酷なシーンを観ても、どこか別の世界という感じで距離を置いて観られるのだけど、この映画は知ってる街だからこそ、いっそう怖かった。特に呉彦祖(ダニエル・ン)に関係するシーンがほんとにほんとに怖いのですよ。

そういえば呉彦祖といえば、普通話をしゃべっていたけど、あれは本人声かな?成龍も、その他の中国人もみんな普通話です。林雪(ラム・シュ)はじめ、名前はわからないけど香港映画でちょくちょくお見かけする俳優さんがたくさん出ていて、その人たちもみんな普通話をしゃべっているのが、ちょっと不思議な感じでした。そして林雪も成龍も日本人キャストの竹中直人も今回はシリアス100%。クスリと笑うようなシーンすらいっさい、これっぽっちも無いです。
范冰冰(ファン・ビンビン)はすごく可愛かったです。日本でファンが増えるかもね。

si_banner.gif
新宿インシデント 公式サイト
posted by meiry at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | その他映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
観たんですね。
私はジャパンプレミアで観たけど、同じ感想です。
でも、この監督の作品嫌いではないです。
それぞれの登場人物の人間的な弱さとかが考えさせられるというか…

でも観た後重い気分になりましたけど(^^;)
Posted by なーち at 2009年05月10日 09:46
観ましたよー。
これ「面白かった」というのはちょっと語弊があるけど、
いろいろ考えさせられたし、いい映画だと私も思いました。
成龍も彦祖もよかったです。なんか特に彦祖がよかったわ。
怖いシーンばっかりだったけど。
Posted by meiry at 2009年05月11日 01:12
そんなに怖い映画なのですね〜。
今はちょっと無理かも。
以前「不夜城」読んだときに、「歌舞伎町って怖い!」って思いました。
映画見たときは思わなかったけど。
Posted by ミホ at 2009年05月11日 15:34
そうね、ミホさんは今は観ない方がいいかも。
「不夜城」の映画は確かにそんなに怖くはなかったかな、もう忘れたけど(笑)
歌舞伎町も今は昔ほどは怖くないんでしょ?
どっちにしろ昼間に映画館界隈に行くだけだから、
ほんとのところはどうなのか、わからないですね。
Posted by meiry at 2009年05月11日 18:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118778210
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。