2009年01月25日

中国の氷川きよし

と言ったら怒られるかな?
1月24日の夜に放送された「2009遼寧衛視春節聯歓晩會」で謝霆鋒が『因為愛所以愛』を歌ってます。→謝霆鋒《因為愛所以愛》@捜狐
春節聯歓晩會特集ページ@捜狐 

中国の歌手は誰でもこのように十年間でも同じ歌ばかり歌い続けるのでしょうか?オリンピック前によく歌ってた『黄種人』はまあまあ好きな曲だったからいいけど、『謝謝[イ尓]的愛1999』と『因為愛所以愛』はほんとにもう聴き飽きたよ(もともとあんまり好きじゃないし)。これはやっぱり霆鋒にその後のヒット曲がないからなんでしょうか?その後のヒット曲がないのに、いまだに歌番組に呼ばれるのも不思議だな。

中国大陸で絶大なる人気があるのは確かだろうけど、『謝謝[イ尓]的愛1999』とか『因為愛所以愛』を若い人が好んで聴くのだろうか?上の動画で、大喜びで聴いている観客もどうも若い人ではないような・・・。なので“中国の氷川きよし”って思いました。氷川きよしは最初から演歌歌手だけど霆鋒は違う。これが霆鋒の思い描く理想の音楽活動ではないはずで、もうCD出さないって口走っちゃう気持ちもわかるなぁ。でも私としてはチョーかっこいいアルバムを出して、それをヒットさせて、『謝謝[イ尓]的愛1999』や『因為愛所以愛』に代わる新しい代表曲を生み出して欲しいと切に願う!

前にも書いた映画《北京樂與路》の中で北京の海賊盤屋が出てきて、そこのオヤジが「ここに海賊盤CDがある歌手こそ中国で人気がある歌手なんだ!」とうそぶくシーンがあります。そして店先に並んだCDが映って、そこにあったのは劉徳華と謝霆鋒でした。あれは映画のテーマでもあったアングラロックとの対比で、一般大衆受けする商業ベースに乗った音楽の象徴としての「謝霆鋒」だったのかも。そして「謝霆鋒」といえばいまだに『謝謝[イ尓]的愛1999』であり『因為愛所以愛』なのよね。うーん、なんとかこの状況を打開してくれないもんかしら?今度の霆鋒の新しいアルバム、霆鋒が精魂込めたアルバムが大ヒットしますように!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。