2008年08月13日

汪峰の歌がオリンピック各会場で流れてる!

どうも〜、“オリンピックテレビ観戦休暇中”のmeiryで〜す。
ウソです、そんな休暇はウチの職場にはありません。(あったらいいけど、笑)仕事や家事の合間を縫ってはテレビで日本選手を応援してます。

そんな中で1つ気になることが。柔道や水泳で1つ試合が終わって選手が引き上げる時、会場に音楽が流れているんですよ。でも何か音楽が鳴ってるのはわかるけどうっすらとしか聞こえないし、アナウンサーと解説の人の声がさらにかぶって、メロディも歌詞も聴き取れない。もはや今どきの日本の歌より中華圏の最新ヒット曲の方が耳に馴染んでいる私としては、もしや自分の知ってる曲がかかっているんじゃないか?と聞き耳を立てているんですが・・・。

そんなもどかしい思いをしていたら、こんな記事を発見!
「汪峰は《怒放的生命》でオリンピックに彩りを添える」@新浪

汪峰(ワン・フォン)の《怒放的生命》(作詞、作曲も汪峰)という曲が選ばれて、射撃場や水立方(水泳競技が行われているプールの会場)や体育館などで流れているそうです。中国の体操チームが金メダルを取った時(日本は銀でしたねぇ)も、《怒放的生命》がかかったらしいです。きゃ〜、そうだったんだー!体操の試合は見逃してました、残念!
汪峰はここ数日テレビでオリンピックの試合を見ていて、選手が受賞した後に自分の歌声が鳴り響くのを聞くと、とても嬉しいそう。「この夏、私はオリンピックに同行する」と言っているそうです。

他には誰のどんな曲が使われているのかなぁ?霆鋒の曲も何か流れてたりするのかな?今後のテレビ観戦ではバックに流れる音楽も要チェックだ!(でも、ほんと、聴き取りにくいのよねぇ)

さて、その《怒放的生命》はこんな歌です。→試聴

そして、偶然、《怒放的生命》のリミックスバージョンを発見。
(その1)怒放的生命 - Eason 2007 Disco Remix →試聴
(その2)怒放的生命 - DJ Rainman Remix →試聴
 その1の「Eason」って陳奕迅?なんか、それっぽいから、そうだよね?

そして《怒放的生命》は、実は王菲(ワン・フェイ)がカラオケでよく歌う歌だってのも、前に読みましたよ。フェイの親友の那英(ナー・イン)がそう言ってました。で、歌っているのはフェイじゃないけど、女性歌手バージョンの《怒放的生命》もありました。→試聴
posted by meiry at 18:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ワン・フォン/汪峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えええーーー!!!
体操生で観たのにぃ〜〜〜(号泣)
サカモトちゃんばっかり見てたからかしら。クスン;;
今度から気をつける〜、對不起〜、汪峰さーん(笑)
Posted by パブロ・あいまーる at 2008年08月13日 18:58
■Pちゃん
いや、注意して聞いてても、よく聞こえないのよ。
会場内でもアナウンスがあったりして、わんわん響いて音楽が聞こえない!
オリンピックの試合なのに、いったいどこに注目してるのか?(笑)

さて、これから上野選手を応援するぞー!
(そして表彰式前後の音楽にも注意〜!!笑)
Posted by meiry at 2008年08月13日 19:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104690188
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。