2008年07月05日

汪峰 《赤壁》首映礼で歌う

何の関連があるのかわかりませぬが、昨晩、成都で行われた呉宇森監督の映画《赤壁》の全世界プレミア試写会で、汪峰が演唱ゲストとして招かれて《直到永遠》を歌ったそうです。《直到永遠》はもとはSARSが流行った時に作られた公益歌曲なんですが、今回の四川大地震の時に中央電視台が地震災害救済の画面のBGMとして頻繁に流したので、今最も感動させる被災者救済の歌曲になったそうな。

で、《赤壁》のシーンらしき映像をバックに歌う汪峰の姿がココ(新浪1)で見られます。汪峰は地震後、各地を奔走して慈善公演を行い、音楽の力で被災者たちを励ましている、と書いてあります。

《直到永遠》は汪峰の作った曲ではなくて、韓葆という人が作詞、王暁鋒という人が作曲したのだけど(「北京奥運会歌曲専輯」に入っている《梦想的光芒》も同じコンビ)、またまた同じメンバーで《直到永遠》の続編ともいえる《永遠的感動》という曲を作った・・・という記事がココ(新浪2)。この曲はまだ聞いたことない。

それから、ついでに「汪峰《飛的更高》 有望08奧運會現場演唱」という動画(捜狐)。えーと、オリンピック開会式で歌う曲、まだ決まってないんですかねー。それで私も《飛的更高》が選ばれたらいいなぁと思うし、汪峰の他の曲《我イ門的梦》や《梦想的光芒》よりずっとオリンピック向きだとは思うけど、でも《飛的更高》は候補曲の中には入ってなかったんじゃないのか?うーん、よくわかんない。。。そして“有望”と言われる曲もきっと他にもゴマンとあるに違いない(笑)いったいいつ、決まるんでしょーか。
posted by meiry at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ワン・フォン/汪峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歌声はもちろんだが、話し声もいいんだよな〜^^
『赤壁』画像は、やっぱり、ガッツリオールバックなのね(T∇T)
Posted by パブロ・あいまーる at 2008年07月07日 10:43
■Pちゃん
こういう“オフィシャルな場”ではオールバックなんですかねー。
なんか最近、髪を短くしたような気もするよ。
まあ北京も暑いだろうし、仕方ないかな。(昔はあんなロンゲだったのに・・・)
Posted by meiry at 2008年07月07日 19:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。