2009年09月29日

「ことりっぷ 香港」

 ことりっぷ香港.JPG

本屋さんでみかけて、その可愛いサイズにひかれて思わず買ってしまいました。15cm×18cmの正方形に近い形、これすごく見やすい。私にとってはガイドブックはまず持ち歩きやすいかどうかが第一条件かなぁ。あと、この本は紙質のせいかページがめくりやすい。でも何よりも表紙のデザインが可愛かったから買ったんですけどね(^^)
posted by meiry at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

《詠春》を観ています

「今ごろ?!」ってな話ですけど(笑)香港版のDVDはいち早く買ったものの、「ドラマを日本語字幕無しで観るのはやっぱりキツイな〜」と放置。そうこうするうちに日本版DVDがリリースされ、レンタルも始まったのが去年の夏でした。レンタルで其の二(6話)まで観たけど、その後またまた中断。気がつけばもう1年たっておりました。そろそろツ○ヤの店頭から撤去されるかもしれないと、気にしていたところ(一応、観るのを放棄したわけではなく、汗)、ちょうどいいことに近所のツ○ヤでレンタル料割引キャンペーンをやっていたので、「よし!今だ!」と観賞再開となったわけです。

再開したものの7話、8話には霆鋒は全く登場せず。お仕置きで謹慎中だったらしい。1年も前に観たきりだったので、「なんで謹慎になったんだっけ?」などとぼんやり考えつつ、惰性で2話観ました。9話から謹慎が解けたビー(霆鋒)がやっとまた登場。でもその後もちょくちょくいなくなります。やっぱり今のところ主役はユンピョウお父さんなんだなー。ユンピョウ父さんには悪いけどムサいオジサン達ばかりじゃどうも観賞意欲がわかない・・・。

それでもイー←ビー←小饅頭←ミン(「イー」とか「ビー」とか名前ですから)という若者たちの恋の一方通行に話の比重が移るとやっとドラマも面白くなって、観賞が軌道に乗りつつあります。この調子で一気に最後まで観るぞー!と思ってるけど、まだまだ残りが3分の2もあるんですよねー。中断せずに観られるかなぁ。
posted by meiry at 01:07| Comment(1) | TrackBack(0) | ニコラス(詠春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

映画祭の季節

東京国際映画祭のラインナップが発表になってますねー。
第22回東京国際映画祭 公式サイト

今年は去年よりさらに香港映画が減っちゃってます?許鞍華(アン・ホイ)監督作品くらいしかないんですね。しかもそのうち1本は去年もやったのだし(去年、観たし)。提携企画の方にも「香港映画祭」的なものはないようです。

私としては提携企画の「2009東京・中国映画週間」の方がよほど面白そうです。本企画の方でも興味の持てる映画が全くないわけじゃない。むしろ私の好きそうな作品もあり、それが香港映画ではない分、チケットは取りやすいかもしれないです。去年も私が観たい地味な映画は楽にチケット取れたしね。そういう意味では今年はゆったりした気分で映画祭にのぞめそうです(笑)自分の観たいのが観られれば、それでいいんだもの。

東京FILMEXのラインナップも明日には発表ですか。こちらに1本くらい新しい香港映画が来るとよいのにねぇ。去年の「文雀」は面白かったです。
posted by meiry at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

陳奕迅の公式日本語ブログ

「イーソン・チャン オフィシャルブログ」ですって!
http://ameblo.jp/easonchan/

ブログの第1回目の記事に貼ってある動画で、いきなりイーソンが「こんばんはっ!ワタシはイーソン・チャンです!」と日本語でしゃべったからビックリ!
イーソンの日本公式ファンクラブとか、日本でのライブの話は去年からチラホラ耳にしたり目にしたりしていたのですが、なんだか実態がはっきりしないので、ここでは書いていませんでした(よね?たぶん・・・)。でもこうして、日本語のブログができたってことは、やっぱり日本進出の話は本当なのかな?
ところで、イーソン、新譜も出るんですねー。
posted by meiry at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他中華芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。