2009年03月30日

香港電影issue9

香港電影1.JPG 香港電影2.JPG
ずっと前に買った、香港の映画雑誌「香港電影」です。この号は表紙が《風雲2》の郭富城(アーロン)と鄭伊健(イーキン)で、中にも《風雲2》の特集記事とかインタビューがたくさん載っていました。もちろん霆鋒のページも。なぜか買った時にすぐ紹介しなかったのですが、これ去年の夏頃に出たものです。
posted by meiry at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(風雲U) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

《風雲2》公式サイト

風雲?U海報.jpg 今年12月香港公開の《風雲2》
 公式サイトできてました。
 まだ全部はできてないようだけど。

 風雲2 公式サイト
posted by meiry at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(風雲U) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

《十月圍城》

420D05C22CBE68C5A8574E569A99ECE3.jpg

霆鋒の次の出演作の話が出ていますね。網易 新浪
プロデューサーが陳可辛(ピーター・チャン)、監督が陳コ森(テディ・チャン)の《十月圍城》。孫文をめぐるお話しらしいですが、肝心の孫文役を誰がやるのかはまだ発表されていないらしい。でもその他の出演者を見ても「豪華!」の一言につきます。記事に出ている名前をあげると、胡軍(フー・ジュン)、黎明(レオン・ライ)、梁家輝(レオン・カーファイ)、任達華(サイモン・ヤム)、曾志偉(エリック・ツァン)、甄子丹(ドニー・イェン)、周韻(チョウ・ユン)、范冰冰(ファン・ビンビン)、王柏傑(ワン・ボージエ)、そして謝霆鋒(ニコラス・ツェー)。(王柏傑は台湾映画の《九月の風》に出ている新人さんなのね。)

こりゃまた、なんて素敵なオッサン達がぞろぞろと!あ〜、やっと霆鋒もまともな映画に出られるのね。これだけのメンツが揃ってて、まともじゃないはずがないよね。しかも、霆鋒は「ロマンス部分担当」とか書いてあるぞ!周韻とロマンティックな場面があるそうな。どひゃ〜楽しみじゃ!
もうCDなんて、どうでもよろしい。映画のお仕事、頑張ってね!!!

こちらは製作発表の動画→新浪視頻
見よ!このしぶーいオッサン達の堂々たる揃い踏み!そして霆鋒はついに「光頭(=坊主頭)」に初挑戦とか言ってる。坊主頭でロマンス〜?ま、なんでもいいや、この際(爆)黎明とか梁家輝とか胡軍とかと共演する霆鋒を見られるなんて、嬉しすぎる(涙)(あれ?既に共演済み?この3人とはまだだよね?)

追記:さあ!孫文役が誰なのか、みんなで当てっこしようゼ!私は陳道明さまなんて、どうかなと思う。でもわざわざ隠してるってことは、もっと「あっ!」と言わせる人物かしら?
posted by meiry at 01:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ニコラス(十月圍城) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

お友達のブログ

どうも〜、ご無沙汰しております。
本日は中華とは関係ない話題ですが、ブログのご紹介。私のご近所友達がブログを始めました。よかったら見てください。なんかほのぼのとしていて癒されます。彼女自身もこんな感じの優しい人なの(^^)
「畑中葉子公式ブログ Sunny side up」
posted by meiry at 22:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記・雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

「歌わなくても損失はない」

新浪に、今度の霆鋒の新譜について書いた記事がありました。→新浪

えー、私の中国語力は、霆鋒の普通話の後退どころじゃないくらい劣化しておりますゆえ、記事の日本語訳をここに書くのは差し控えますが、ざっと読んだ限りでは新譜への評価はあまり高くないような。。。でも霆鋒さんは映画や広告で稼ぐことができるので、「今後歌をやめたとしても損失はない」と。そしてファンにとっても「『不好聴的歌』(うわー、はっきり言うなぁ)に邪魔されずに彼の演技を見られるから損失はない」とか書いてあります(情けないけど、最後の方がよくわかんない。違う意味かも。)かなり皮肉っぽいけど、でも言わんとすることは、先日私が書いたこと(過去記事)と通じるところがあるわけで。

“霆鋒の歌のファン”という人には申し訳ないけど、でも私はもともと「霆鋒の全てが素敵!」とは思ってないのです。むしろ彼は不器用だと思うし、それでも一生懸命なところが好きだし。でも私だけじゃなく多くの人が『不好聴的歌』と思うなら、もう歌やめてもいいのでは?ただ引退するとか言わず、演技の方面では頑張ってほしいですな。応援している人達のことを考えれば、「引退したい」とかあちこちで言いまくってる霆鋒くんはどうかと思う。歌がイマイチなことより、そっちの方が問題だ。演技の道でもっと精進しなされ。(記事によると、霆鋒の普通話の発音に進歩が見られないのも『不好聴的歌』と言われる理由らしいです。)

久々の記事アップが、霆鋒への苦言になってしもうた。気分を害された方がいらしたらごめんなさい。

追記:こっちの記事(図e網)は“酷評”といっていいですね。いわれ無き非難は聞き流すし、まして自分のブログで紹介などしませんが、この記事を読んでいちいち「ごもっとも」だと思ってしまうから悲しい。
霆鋒、プロモ活動がイヤだとか、自分はこの業界に向いてないとか、そんな愚痴ばかり聞かされ、挙句にこんなアルバムじゃぁ・・・。ほんともう音楽やめていいですよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。