2006年01月31日

《PROMISE(無極)》の特番

書くのを忘れていましたが、先週の土曜日だったか、うちの新聞にもようやく《PROMISE》の一面広告が載っているのを発見しました。そして小さく特番のお知らせが載っているのも。
  「PROMISE」のすべてが分かる!特番放送決定!
   2月4日(土)10:20〜10:50  テレビ朝日


これは関東ですが、その他の地方でも日にちを変えて放送される地域もあるようなので、テレビ朝日系列をチェックしてみて下さい。

ただ「すべてが分かる!」と言ってもしょせん30分番組ですからね。ニコさんやリウ・イエのことまで取り上げてくれるかどうかは・・・?日本での報道には全く期待していないので、この特番も冷めた見方しかできませんが、でも一応見ます(笑)

あー、いまだに《無極》のテレビCMに遭遇しないワタシ。あんまりテレビ見ないからなぁ。

(追記:2006.02.01)
ミコトさんよりお知らせいただきました。
上記の番組、関西ではABCテレビで同日放送予定だそうです。
posted by meiry at 17:15| Comment(9) | TrackBack(0) | ニコラス(無極/PROMISE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《釈放》2ndバージョン到着

届きました〜!結局同じCDが2枚になってしまったけど、でもやっぱりこのDVDは見られてヨカッタです。
MVは「愛(国語合唱版)」「寂莫堂口」「燭光」の3曲分。その他に台湾に行った時にMVをたくさん撮りダメしたらしいのですが、そのメイキング映像。台湾プロモの密着映像。それから大陸のどこかの山奥に、経済的な理由で学校に行けない子供を訪ねて行った時の映像(ニコさんはたくさんの子供達へ就学援助をしています)。ニコさんのインタビュー。それから自宅(?)で愛するカメと遊んでいる映像、でした。

ニコさんはこの《釈放》というアルバムを最終的には、学校へ行けない子供達のために役立てたいと考えていると、前にインタビューで答えていました。欧米のセレブにはさりげなく地道に慈善活動を続けている人も多いですが、ニコさんもカナダやアメリカで教育を受けた人なので、ボランティアの精神が自然と身についているのかもしれません。

ただ、この映像を見せられただけでは、いったいこの先どうしたいのかわからない。このアルバムがどういうふうに子供達の役に立つのだろうか?それからニコさんのファンの若い子達に、具体的に何を訴えようとしているのか?どうも今ひとつよくわかりません。あ、そうか、インタビューでそういう事をしゃべっているのかな?私が聞き取れないだけか・・・。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 
勝手ながら、明日から3日間、ブログの更新をお休みします。。。

霆鋒の大陸ファンサイト

今までも何度かご紹介した、大陸の謝霆鋒ファンサイト「鋒行天下」さん。
ニコさんの大陸での活動が増えるとともに、ファンサイトの方もますますの充実ぶりです。
これまで「音楽」「電影」などの各コーナーが長らく“工事中”でしたが、一部“工事完了”したようで、とっても見ごたえがあるので是非どうぞ。

「GALLERY」の「壁紙」コーナーも“工事完了”でしたので、1ついただいて来ました(見本に)。大きなサイズが欲しい方は「鋒行天下」さんへ。
コピー 〜 無極(白).jpg

また「餃子のお皿を手にファンズに新年のご挨拶」の画像もありました。「What's special」のところから探して下さい。(中国ではお正月といえば餃子、餃子はおめでたい食べ物なんだそうです。私も中国語の先生のところでお正月に餃子をいただいた事があります。)

2006年01月29日

春節晩会の動画

ニコさん出演のCCTV春節晩会の動画が見られます。

 ココの2番目《百家姓》をクリック。
 林俊杰やTWINSが出ているコーナーは12番目の《2005流行風》です。

これも春節番組の1つだと思うのですが(いろいろあって、よくわからない)、花儿の動画です。
 視頻:《歓楽中国行》−花儿楽隊《[口喜][口刷][口刷]》@新浪網
 花儿のおめかしバージョン。
posted by meiry at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | C-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CCTV春節晩会−画像、投票−


画像があがってます。黄色に見えたけど、金色の衣装だったのか!

それから、ネットでさっそく投票を募ってます。
題して「2006年CCTV春節晩会大調査」@新浪網
これの「八、nin最喜歓na位明星的表演?」部門で、今のところニコさんは28名の出演者の中で堂々の2位です!よかったねー!(ちなみに1位は林俊杰で、実は私もこの人の歌は一番好きでした。しかもステージも水を使った幻想的なセットでしたから、見栄えもよかった。)
やっぱりネット投票ということで、オペラ歌手のようにすんばらしく歌のお上手な方々よりも、「2005流行風」のコーナーで歌った人気歌手(林俊杰とかTWINSとか)の方が票を集めてますね。

2006年01月28日

CCTV春節晩会

あーギリギリで間に合いました。ニコさんの出番をバッチリ見ました。
いつもながら直播のリンク探すのに手間取って、今日はやっとみつけて繋いでもローディングに時間がかかり、冷や冷やドキドキでした。

繋がった時にちょうど2番目の演目が始まったところで、雑技団の人達が長椅子を使った演技をしている中、ニコさん達男性3人の歌い手さんがステージへ。ニコさんは黄色い中山服を着てセンターの位置です。
知らない歌ですが、力強い合唱でした。皆さん、歌はお上手でしたが、一番カッコいいのはもちろんニコさん。後半には女性の踊り手さんも出てきて、華やかな舞台でした。で、歌が終わったらさっさと引き上げていきました。

いやあ、ニコさんの出番が2番目でよかった。1番目は完全に見逃してしまいましたから。
それにしても、こうやって中国のテレビ番組をネットで見られるなんて嬉しいです。この後も仕事しながらのチラ見ではあるけど、楽しませていただきます。

霆鋒 次のドラマは?

武侠小説作家、古龍の「大人物」を改作したテレビドラマ《大人物》に出演です。
クランクインは2月中旬の予定で、主演は謝霆鋒、李心潔(アンジェリカ・リー)。
ドラマは中央電視台で放送されます。  新浪網

うーむ、映画じゃなくドラマですよ。これのVCDが出る前に、《小魚兒與花無缺》のVCDを早く観てしまわなければ!(いまだに全部観終わっていない・・・ふらふら

古龍さんについてはコチラ→ 武侠Wiki

李心潔さんについてはコチラ→ 新浪「李心潔」
《三岔口》でアーロン、イーキン、ダニエル・ウーらと共演してますね。
posted by meiry at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(大人物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

甄子丹 《龍虎門》を日本で売り込み

 

久しぶりの画像アップです。《龍虎門》の宣伝用ポスターや予告編が出来上がったそうです。
※左は謝霆鋒(ニコさん)、右は余文楽(ショーン・ユー)

この映画で主演とアクション監督を兼任した甄子丹(ドニー・イエン)、さらに宣伝マンも兼任するかの如く機会をみつけては《龍虎門》を宣伝している。ドニーさん曰く「いつも《龍虎門》の予告編DVDを何枚か持ち歩いている。今週、《殺破狼》の宣伝のために日本に行った時も持って行った。あちこちで『どんな新作があるか?』と聞かれるたびに、機会に乗じてそのDVDを見せたんだ。興味を持ってくれて日本での版権を買いたいと言ってくれるかもしれないからね。」
後半部分、訳に自信なし。「買いたいと言ってくれた」とは断言してない気がするのです。。。でもドニーさんが一生懸命宣伝してくれたので、日本での公開の可能性も高まりましたね。日本公開が実現したら、ぜひドニーさん、ショーン君、ニコさん3人揃って来日して下さい!  
ドニーさん版ポスターもあるのですが、顔が見えないので貼りません(笑)「え?どういうこと?」という方はコチラでご確認下さい。→ 新浪網
posted by meiry at 07:41| Comment(3) | TrackBack(0) | ニコラス(龍虎門) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《PROMISE(無極)》日本版予告編も変わっている!

《PROMISE(無極)》の日本公式サイトがチマチマと更新されるのでまたチェックしに行き、何気なくTRAILERを観てみたら・・・前のと違います!傾城が出た後、「彼女の運命(プロミス)を破ろうとする3人の男」として大将軍、奴隷、公爵が紹介されます。その後もニコさんのアップ、多数登場。キャスト紹介でももちろん「妖艶な美の化身 ニコラス・ツェー」とクレジットが入ります。最初のTRAILERにはニコさんのアップも名前のクレジットも全くなかったのに。これなら日本の予告編を「最低!」と酷評していた中国のニコさんファンも満足してくれるのでは?という内容です。
posted by meiry at 02:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ニコラス(無極/PROMISE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

北京電視台春節晩会の動画

先日、録画が行われた「2006北京新春大聯歓」のダイジェスト動画が見られます。(まだ放送前だと思うのですが、いいのかなあ?)

視頻:2006北京新春大聯歓大年初一播出@新浪網

「《無極》と《情癲大聖》で人気急上昇の香港新人王、謝霆鋒」と紹介されています。
「新人」というのは「初出場」という意味なのかな?でも別の記事に「謝霆鋒は以前に一度出たことがある」とも書いてありました。あの「花婿花嫁」がそうだったらしいですが。
(ニコさんは05分頃に登場。白いスーツ、白いシャツ姿で「勇者之歌」を歌います。)

それで動画にはいろんな歌手がちょっとずつ映っていますが、ニコさんは登場の瞬間から、まるまるワンコーラス、かなり長めに映っています。他に花儿も出演しています。私は「三大当紅影視明星 陳好、范冰冰、周迅」が見たかったのですが、周迅しか映っていませんでした。

今朝の《PROMISE》報道

昨日の《PROMISE(無極)》のジャパンプレミアの様子を伝えるニュースを、朝からテレビでいくつか見ました。レッドカーペットの様子や、真田さんとドンさんのインタを流した局もありました。どこの局か忘れたけど、映画の中でよりにもよってCG使いまくりのお笑いシーンばかりつなげて流していました(泣)。プレミアには“満神様”もいらっしゃっていたのに、名前の紹介はなし。監督もほとんど映らず。

ま、そんな報道を見ていて思ったこと。「ニコさん、日本に来なくて大正解!」

それから《PROMISE》は中国映画です。韓流映画じゃありません。(勘違い甚だしい記述を複数、ネットでみつけてしまいました。)
posted by meiry at 08:44| Comment(6) | TrackBack(0) | ニコラス(無極/PROMISE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《PROMISE(無極)》日本公式サイトにまた変化が!

《PROMISE(無極)》日本公式サイトがまたまた変わっていました。ついにリウ・イエ登場です!
それが最初は刺客(リウ・イエ)はいないのですが、無歓をクリックすると無歓の横にスーッと現れるのです。これは狙ったんですか?で、刺客の壁紙はないんですね(笑)あ、でも追加されるかもです。

今回は各キャストの紹介に動画も付け加えられました。気のせいか、無歓のが一番カット数も多いし時間も長いような。(←追記:気のせいでした。ははは)

しかしなんで、こんなに小出しなのかなぁ。さらなる変化も有り得るってことでしょうか?ここで「満神様も載せてくれ!」と書いたら、また追加される?
posted by meiry at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(無極/PROMISE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

霆鋒《ni微笑時好美》のMV?

ランキング番組らしきもので、《ni微笑時好美》のMVが流れます。2曲目です。

校園音楽榜:謝霆鋒《ni微笑時好美》@新浪網

ちなみに1曲目は陳慧琳(ケリー・チャン)の《希望》
3曲目はニコさんが映画《玉観音》で共演した趙薇(ヴィッキー・チャオ)の《微笑的部分》
4曲目は台湾のアイドルグループ、5566の《宝貝快睡》です。

2006年01月23日

霆鋒 台湾プロモの動画

22日の台湾での様子の動画が上がっています。
OKWAP携帯の巨大看板(もちろんニコさんのどアップ)の序幕をしています。
視頻:謝霆鋒抵台代言手機 強調和柏芝只是朋友@新浪

セシとのことを聞かれて
 「正式に答えるのはこれが最後。今後はこの話題については話さない。
 僕はこの2年絶対に恋愛はしていない。」とセシはただの友達だと強調した。


もうこの話題は終わりにしましょうよ。。。ここに載せてる私が言うのもなんだが。

霆鋒 またまた台湾へ

1708352_507196.jpg 1708353_451165.jpg 1708354_994728.jpg

22日、代言人を務める携帯電話と《釈放Version 2》の宣伝のために台湾へ。
そこでセシのことも聞かれていますが、「この2年間、映画の撮影とアルバム製作で忙しく、本当に恋愛はしていない。僕を信じて。」と言いました。さらに「セシは霆鋒の家に泊まることはあるのか?」との問いには笑って「うちにはたくさんの人が来るよ」と答えたそうです。
北方網

チラッと見た別の記事ではセシリアもこの件(ニコさんのマンションに車で乗りつけたところを盗撮された件)について聞かれたけど、口をつぐんでいたとか。ニコさんにいいお嫁さんがみつかるのは喜ばしいことですが(いや、本当に“母”としてはそう思います)、ここだけの話「セシだけはやめて。」と言いたい・・・。もっとも乙女座のニコさん、潔癖症で完全主義という乙女座の性格を有しているならば、一度切れた女性とヨリを戻すとはどうにも考えにくいですが。

それはいいんですが、上の写真、なんとなく“オッサン風味”が!

霆鋒の《康朝秘史》辞退の顛末

「坊主頭になれない」という理由でニコさんがテレビドラマ《康朝秘史》の皇帝役を降りたという話題が以前ありましたが(過去記事)、それにはシャンプーの広告の契約があった他に、20万近くものファンが「謝霆鋒が頭を剃ることに反対」したという背景があったからだ、と記事になっています。
 北京青年報

おそるべし、ファンの力。次は「霆鋒に休暇を!」と運動して欲しいものです。

2006年01月22日

陳坤のインタビュー動画


騰訊ネットの「新勢力2005時代中国盛典」で、陳坤(チェン・クン)が「2005年度風尚男芸人奨」(ってどういう賞なんだろ?)を受賞後、インタビューに答えたそうです。
やっぱり阿坤は大人っぽいし、落ち着いてるわ〜。話の内容は全く聴き取れませんけど(爆)
QQ.com

インタビュー動画→ 視頻:05年度風尚男芸人陳坤専訪@QQ.com

追記:もう1つ動画みつけました。CCTV6の報道番組です。
授賞式&インタビュー動画
→ CCTV-6報道騰訊網盛典 風尚芸人陳好、陳坤@QQ.com
posted by meiry at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | チェン・クン/陳坤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

霆鋒 ホテルの開幕式典出席

3069032.jpg 3069044.jpg ul-11.jpg

EEGや成龍(ジャッキー・チェン)が投資するマカオの英皇娯楽酒店(ホテル)のオープニング式典が行われて、ニコさんも出席してテープカットをしたそうです。劉徳華(アンディ・ラウ)、張学友(ジャッキー・チュン)、日本の瀧澤秀明、韓国の俳優なども招かれていた他、EEG所属のタレントは総動員だったよう。(その中でニコさん、容祖児はテープカットの位置により、またTWINSは獅子に目玉を描き入れる役目を負ったことから、彼らが重視されていることがわかったとか。)

張柏芝(セシリア・チャン)がニコさん宅を訪ねた(?)ところを盗撮された件については、ニコさんは答えなかったそうです。「冷笑の後に答えた」とする記事もあるのですが、核心に触れる回答はなかった模様。すみません、繁体字の文章はよくわかりません。(簡体字だってよくわかりませんが。)

また、撮影で傷めた靭帯の治療中ということで右手に包帯をしていました。本当は両手に包帯をしなければならないのですが、テープカットのために片手だけにしたそうです。「靭帯撕裂」と書いてあるけど、これは靭帯が切れたってこと?もしそうなら大変なことですよ?私も昔、手の靭帯を傷めたことがありますが、レントゲンを撮って「靭帯が切れてなくて本当によかった」と医者から言われましたもん。ニコさんは脊髄の神経にも問題があり両手の平に針を打つ治療をしているが、とても痛いそうです。でも、とにもかくにも治療を受けさせてもらっているようで、少し安心しました。きちんと治して欲しいですから。
捜狐 新浪網 QQ.com 大公網 大公網

「治療の激痛に耐えるニコさん」→《硝子のジェネレーション》のラスト、刺青を入れるシーンを連想・・・。イケナイ妄想だわ(笑)

《釈放》2ndバージョン発売延期

発売予定日が24日に変更になっています。
またyesasia.comさんに詳しい説明文が追加されていたので、以下に引用します。日本語での説明はありがたいですね。

あと全然関係ないけど、朝起きたら雪景色!@東京
主演映画「情癲大聖」、「無極」と映画での活躍が目立つ謝霆鋒(ニコラス・ツェー)が、久々の北京語アルバムをリリース。ニコラス自身、この新作「釋放」を非常に重視しており、選曲はもちろん準備段階から制作にも参加したとか。作家陣には、F.I.R.の阿沁(アチン)、五月天(メイデイ)、蔡健雅(ターニャ・チュア)、游鴻明(クリス・ヨウ)、陳偉(チェン・ウェイ)、林[日韋]哲(ウィル・リン)、黄義達(イーダ・ホワン)、徐若[王宣](ビビアン・スー)、姚謙(ヤオ・チェン)、伍佰(ウーパイ)、[台β]正宵(サミュエル・トイ)、周耀輝(チャウ・イウファイ)、深南大道(シェンナンダーダオ)らを迎え、まさにアジア全域のトップクリエイターを結集した豪華さだ。
 オンエアトラック「給天使看的戯」は、中国映画100周年記念ミュージカル「電影之歌」中の曲。いつものロックテイストをぐっと抑えたニコラスの、ソフトな歌声がロンド風の優雅なアレンジと絶妙にマッチしている。ニコラス自身が「アルバムのコンセプトは社会への思いやり。どの曲も暖かいフィーリングに満ちている。全く新しい謝霆鋒を感じて欲しい」と話す通り、今までとは違った彼の魅力を感じ取れること間違いなし!

 ボーナストラックとして、ニコラス主演の映画「情癲大聖」主題歌「愛」を、ニコラスのソロとTWINS阿Saとのデュエットの2バージョンで収録。

 このセカンド・バージョンには、「愛」北京語ソロ版、「寂寞堂口」「燭光」のミュージックビデオと、イベントのハイライト及びメイキングを収録したボーナスDVD付き!

2006年01月20日

花儿のMV集《花儿K歌秀》

「花儿楽隊」と言っても、どれほどの方がご存知かは不明ですが、北京出身のバンドで、今、大陸でとても人気があります。奨取りでよくノミネートされているし、この年末年始はあちこちの授賞式でニコさんと一緒に受賞・出演していました。

これは彼らのファーストMV集。DVDですがPAL方式です。(VCDもあります。)私も彼らの映像はあまり見たことがないのですが、聴いていると元気になりそうな曲が多いです。オススメ!
posted by meiry at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | C-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《PROMISE(無極)》ジャパンプレミアチケット

当選した方のところには、もうチケットが届いているようです。
ということは、届かない私ははずれたのね(泣)
どうせニコさんは来ないのだからプレミアには行けなくてもいいのですが、でも映画はもう一度観たいです。あの映画は中毒になります。「また観たい、また観たい」と毎日思っています。

ジャパンプレミアのチケットがヤフオクに出ていました。→ヤフオク

私事ですが、ちょっとこれからしばらく忙しいのでブログの更新が滞るかもしれません。なるべく頑張るつもりではいますが、記事を探して載せるのは難しくなるかも。よろしくご理解のほどを。。。
posted by meiry at 08:15| Comment(3) | TrackBack(0) | ニコラス(無極/PROMISE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

雑誌「MEN’S COOL」

買っちゃいました。スキャナが使えるようになったのでアップしてみます。
IMG.jpg

IMG.jpg 映画でニコさんの半端じゃない美貌を見たら、
 ますます“画像収集癖”に火がつき止まりません。
 「MEN’S COOL1月号」表紙と中に6ページ。
 スーツの着崩しがたまりませんね。

←クリックすると大きくなります。
 これを見ると顔と同じくらい腕も黒い。
 もともと地黒なのね。
 ファンミで会った時は「健康的に日焼けしている」という印象でしたけど。
posted by meiry at 18:09| Comment(5) | TrackBack(0) | ニコラス(雑誌・本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

《釈放》(Version2)1/20発売予定

Bonus DVDが付いたものが1月20日発売予定です。CDは既に持っているわけですが、でもMVは見たい。確かMVの他に「カメとたわむれる様子」とかの映像も入っているとニコさんが語っていたのではなかったでしたか(記事を探したけどみつかりません、よって未確認)。
あー、見たい!というわけで、私はポチッとして来ましたわーい(嬉しい顔)

霆鋒《情癲大聖》の宣伝で台湾へ

 台湾U996P28T3D963683F358DT20060118095703.jpg

昨日(17日)は台北で、阿sa、陳柏霖(チェン・ボーリン)と一緒に《情癲大聖》の宣伝活動を行いました。ニコさんは「多くの人が《情癲大聖》と周星馳(チャウ・シンチー)主演の《東西游記》を比べたがるけれど、2つの映画は全く違う。」と話しました。 新浪網

ニコさんが着ている皮ジャンと下のカーキ色のシャツは重ね着と思っていましたが、いつもいつもこの組み合わせで着ているので、もしかして2枚はくっ付いている?それともニコさんって「これ」と決めた組み合わせをなかなか変えられない人?(つまり服のコーディネートは不得意)と、どーでもいいことを考えてみる・・・。

もう1つ記事をみつけたんですけど。。。台湾での記者会見でニコさんは気分がhighで、陳柏霖や阿saについて下ネタ連発だったようです。完全にエロオヤジ的発言で、とてもここに書けるような内容ではありませーん!《無極》のニコさんが「高貴だ」「気品がある」とさんざんふれまわっている私の立場をどーしてくれる?!忙しすぎてプッツン(懐かしいフレーズだ)したのでしょうか?記事はコチラ(網易)

「中国語会話」のセシリア・チャン

月曜夜のNHKテレビ「中国語会話」のゲストに張柏芝(セシリア・チャン)が出るというので、ビデオに録画して観ました。少しは《無極》のことを言うかな、と淡い期待を持っていたのですが、《ワンナイト イン モンコック 旺角黒夜》のことしか触れられず。《無極》については「近く公開される」としか言いませんでした。

セシリアは化粧が濃いけど綺麗でした。セシリアの普通話は《無極》のメイキングビデオの中でしゃべっていたのよりずっと上手に聞こえました。(よくわかりませんが、私にはそのように聞こえました。)練習したのでしょうか?

そういえば、メイキングのセシリアも綺麗だったんですよ。なのに《PROMISE(無極)》本編ではどうしてあんな白塗り仮面になってしまったんでしょう?同じ映画の中でも満神や公爵はあれほど美しかったのだから、決して監督の腕のせいでもないと思います。わざと白塗りにしたんですよね?なぜ?

NHK中国語会話のサイト(セシリアの写真があります。)
posted by meiry at 07:19| Comment(0) | TrackBack(1) | その他中華芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

《PROMISE(無極)》観て来ました。

実は試写会ご招待に当たりまして、やっとやっと《PROMISE(無極)》を観て来ました。
ここまで長かったわー。期待が大きすぎて、実際にはガッカリなんてことになったらどうしようと思っていましたが、おもしろかったです。ニコさんにはかなり期待していましたが、期待以上に良かったです。リウ・イエも。

絵本を見ているような映画でした。絵柄はきれい。所々大げさな描写やデフォルメがあり(CG部分)、また画面がスーッと暗くなって次のシーンに切り替わるところも、まるで絵本のページをめくるようでした。
ストーリーも人物設定もとてもわかりやすく、その点も絵本のよう。パラパラとめくって「わーきれい!」とか「えー、こんなの有り得ない!」とか思いながら楽しむ映画です。真田さんがインタビューで「今までに見たことのないような映画」と言っていましたが、確かにそう思います。「○○みたい」とか「××と比べて」とか考えずに素直に目の前の映像を受け入れましょう(笑)

続きを読む(ネタバレはないつもりですが・・・)
posted by meiry at 02:41| Comment(5) | TrackBack(0) | ニコラス(無極/PROMISE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

《PROMISE(無極)》試写会ご招待

ひらめき募集人数が多いので、ご紹介。神奈川近辺の方、いかがですか?

 FLET'S光 presents 試写会
 アンケートに答えて、映画『PROMISE』試写会1000組2000人ご招待

 【日時】2006年1月25日(水)午後6時開場、7時開演。
 【場所】神奈川県民ホール・大ホール(横浜市中区山下町3の1)。
 【応募方法】アンケートフォームページから申し込む。
 【締め切り】2006年1月18日(水)正午。
 【発表】招待券の発送をもって代える。
 【問い合わせ先】神奈川新聞社東京支社 電話03(3544)2507。


応募画面はコチラ
posted by meiry at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(無極/PROMISE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

霆鋒 ラジオ《中歌榜》出演時の動画

ちょっと時間がたってしまったのですが、1月の初め頃、北京へ行った時にラジオ出演した際の動画が見られます。(これは1時間番組なのかな?かなり長いです。)
→ 謝霆鋒イ故客北京音楽台《中歌榜》聊天実録@tom.com

曲がかかっている間、手持ち無沙汰そうにしていたり、曲にあわせてギターの弾きマネをしていたりする様子が見られます。サインもしています。傍らにはしっかりペプシコーラの缶が。

c1691.jpg 060106174841c1693.jpg
横に置かれたPCのモニターを頻繁にチェックしていました。

えーと同じ動画ですが、「鋒行天下」さんにもリンクが貼ってあって、こっちの方が大きな画面で見られるようです。「【下載】謝霆鋒イ故客北京音楽台的訪談視頻」というところを見て下さい。

<オマケ>
TOM音楽の全球華語歌曲排行榜で、「勇者之歌」が第1位になってました!

2006年01月15日

《PROMISE(無極)》のチラシゲット!

 

昨日、出かけたついでに映画館に寄って、ニコさんが載っている《PROMISE》新バージョンのチラシをゲットしてきました。画像はもう何度も何度も見たものですけどね、ニコさんについてのコピーを抜き出してみましょう。

「妖艶なまでに美しいニコラス・ツェー」
「美しく冷徹な公爵」
「妖艶な美の化身」


ですってよー!!「美!」「美!」「美!」でございます。
あー、映画を観るのがますます楽しみです。早く観たい〜!
posted by meiry at 22:47| Comment(5) | TrackBack(0) | ニコラス(無極/PROMISE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

《PROMISE》ジャパンプレミア

「Weeklyぴあ」に《PROMISE(プロミス)》舞台挨拶付きジャパンプレミアご招待の募集記事が載っています。ジャパンプレミアは1月24日(火)、VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズにて。(その他一般試写会は全国各地で何回も行われるようです。)

が、しかし、ニコさんの来日・プレミア出席は予定されていませんもうやだ〜(悲しい顔)
ニコラスファンサイトの超世絶頂謝霆鋒さんのBBSに詳しいことが書いてあります。

ニコさん来日がないと知り確かに残念ではありますが、今の状況での来日が果たしていいのか悪いのか?いつの日か、単独主演の大作映画をひっさげて、どーんと来日してくれる日を待ちます。ニコさんには、日本に来る暇があったらその間に身体のあちこちをしっかり治療して、養生して欲しいとも思います。

それにしてもジャパンプレミアに出席するのは陳凱歌監督の他に陳東健(チャン・ドンゴン)さんと真田広之さんだけらしいです。セシもリウ・イエも来ないなんて、“韓流から華流へ”とはいったいどこの話なのかしらん?別に“華流”なんて来なくてもいいですが。
posted by meiry at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(無極/PROMISE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

霆鋒 春節晩会に出演決定

8f854ab753281ce30ef0c067928fae02.jpg

ニコさん、12日は済南で記者見面会とサイン会でした。

《釈放》に収められた12曲に愛情に関する歌はなく、全て大いなる配慮、人間性、温かみがテーマとなっている。それは去年、無錫で公益活動に参加した時に感じたインスピレーションに由っている。「私はそこで30人余りの子供の養育を援助している。《釈放》から始めてさらに多くの公益活動を動かしたい。これこそ《釈放》の名前が持つ真実の意味だ。」

記者が北京で《無極》のプロデューサーである陳紅に取材した時、彼女が「謝霆鋒は向学心のある青年で、普段はお酒も飲まず、生活は規律正しい」と大いに褒めていた。記者がこの賞賛を伝えると、謝霆鋒はおもわずはにかんで笑った。彼は深く考え込んでから言う。「私達の今の状況では、先生を探してよく学ぶ時間は本当にない。私はずっと思っている、もし一人で学びたいと思うなら、いつも大きく目を開き、耳を傾けて、そうすれば身の回りのどんな人からでも物事を学べると。《無極》を撮影していた7ヶ月あまりの間、技斗がうまくできないと感じた時はいつでも、謙虚に人を探して訓練して、食事をしないで他の人に教えてもらった。劇組の中で私は最年少であり経験も最も少なかったが、彼らに置いて行かれたくはなかった。特に韓国、日本の俳優には遅れをとりたくなかった。」

近頃、謝霆鋒は新しい国語アルバム《釈放》を出しただけでなく、彼が主演した2本の大作《無極》と《情癲大聖》も相前後して上映された。映画とアルバムの宣伝のため、彼は既に多くの都市へ行き、その数は50を上回ったかもしれない。

現場で謝霆鋒はもう1つ秘密を漏らした。それは彼が既に中央テレビ局春節晩会の招待状を正式に受け取ったということ。彼はその他2名の歌手と共に歌う。除夜の夜、テレビの前に観衆が集まることを期待すると話した。
  新浪(大衆網)

私はもういい年をした大人ですが、ニコさんの発言には頭が下がります。25歳の若者が本当にこんなに思慮深く謙虚な姿勢で語っているのか、記者さんが脚色とかしてるんじゃないかとまで思ってしまう。まじめで負けず嫌いなニコさん、自分の信じる道を突き進め!我永遠支持!

2006年01月12日

《無極》メイキングDVD来ました

注文していた《無極》のメイキングDVDが届きました。中凱文化から出ている《無極 掲密》というDVDでPAL方式ですがPCで見られました。これは延々とメイキングが続くのではなく、出演者(+陳凱歌監督+撮影師の鮑徳熙氏)ごとにパートが別れているので、見たい人のところだけ見られてよいです。(たぶんリピートするのはニコさん部分だけでしょう)

まだ映画本編を見ていないので「どうしよう」と迷いつつ、我慢できずにニコさんのインタビューとついでに真田さんのところだけ見ましたが、ネタバレになるような内容ではありませんでした。インタビューの合間に撮影中の映像がはさみこまれるという構成。真田さん部分は長いのですが、半分くらいは真田さんではなくスタッフの人が登場してたような。衣装をデザインした日本人の正子氏も出てきてインタビューに答えていました。

ところで、このDVDに《殺破狼》の宣伝映像が入っていたのですが、瓢子丹(ドニーさん)カッコイイ!と思いました。洪金宝(サモ・ハンキンポー)も出ているんですね。ニコさん次回作の予習のために見るべきかしら?
posted by meiry at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラス(無極/PROMISE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

《PROMISE(無極)》日本サイトのトップ画面が!

《PROMISE(無極)》日本公式サイトのトップ画面が変わっておりました(いつの間に!?)
やっと、やっと、ニコさんがトップ画面に登場です。名前も出ています。
あいかわらずCAST&STAFFのページにはニコさんいないですが、ここはもう作り変えることができないのでしょう。でも「ニコラス・ツェー」にたどりつくための入り口「ENTER」が前よりはわかりやすい位置にあります。「これでお茶を濁しとけ」という感も無きにしもあらずですが、前よりはずっとマシになったとひとまず評価しておきましょう。(って、アンタ何様?)
PROMISE(無極)日本公式サイト
posted by meiry at 19:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ニコラス(無極/PROMISE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新浪2005網絡盛典年 授賞式に出席

U1624P28T55D5548F927DT20060111043846.jpg U1343P28T3D955381F326DT20060111011444.jpg

昨日(10日)は新浪主催の「ネットワークの盛典」授賞式が北京で開かれました。
ニコさんは“2005年度特別号”を受賞しました。 新浪2005網絡盛典トップページ 
受賞者一覧

ニコさん受賞関連
記事:新浪2005網絡盛典年度専輯:謝霆鋒《釈放》
受賞の言葉(記事):謝霆鋒《釈放》獲年度専輯 感言「感謝幕后班底」
受賞の言葉(視頻):謝霆鋒登台領取2005網絡盛典年度専輯奨
ニコさんの歌:視頻 謝霆鋒出席網絡盛典演唱《給天使看的戯》

追記
映画《無極》も2005網絡盛典年度大片を受賞していました。

2006年01月10日

霆鋒 独占インタビュー

U1584P28T3D954694F326DT20060110121809.jpg

とってもステキな写真だったから、これだけペタリ。
インタビューの内容はコチラをどうぞ。なかなか面白いインタビューでした。
→ 新浪網(楚天都市報)

霆鋒「最後の一人までサインする!」

昨日は武漢だったようで。(服装が同じなんで写真だけ見てもいつのことやらわからん。)
夜中の1時からサイン会の会場にファンが集まり始めたと書いてあるのですが、本当でしょうか?午後になったら下の写真のような状況。ニコさんは40分時間を繰り上げてサインを開始し、「安心して!最後の一人までサインをするから!」と大声で言ったそうです。

でもあまりに多くの人が集まり混乱を収拾できず、仕方なく早めに退場。サインしきれなかった分はホテルに持ち帰ったそうです。で、「本当に自分がサインをしている。」と証拠写真を撮らせたらしい(笑)。夜の10時を過ぎていたけど、夕食はコーヒー1杯。お腹ぺこぺこだったそうです。またぶっ倒れるから、ご飯はちゃんと食べてよ。

U1584P28T3D954712F326DT20060110123210.jpg U1584P28T3D954712F328DT20060110123210.jpg U1584P28T3D954712F329DT20060110123210.jpg
もちろんニコさんの人気の賜物なんだろうけど、中国ってやっぱり人が多いなと実感する写真。。。
新浪(楚天都市報)

霆鋒「自分は歌手にむいてない」

f661d462914ea267325d1de506b1e99f.jpg北京で《釈放》発布会を開いたあと、取材に応じたニコさんは意外にも「自分は歌手には向いてない」なんて話したそうです。

「歌手は歌だけでなく話もできないといけない。歌っている時間よりむしろ話している時間の方が長いと気がついたけど、自分は話はできないから歌手にはむいてないと思う。」

本当は歌だけずっと歌っていたいんでしょうね。でもそういうわけにもいかないと。また「自分のバンドが欲しいとずっと願っているけど、願いはかなっていない」とも話したそうです。

記事の最後に今後の予定のような事が書いてありました。

 彼は8月までしばらく歌手の身分から離れることができる。彼は2本のドラマの撮影に専心する。
 1本は古竜小説を改編した武侠ドラマ。もう1本は洪金宝との合作で「永春拳的劇集」を撮影する。


「永春拳的劇集」ってのが何なのかよくわからないのですが、「洪金宝」とはサモ・ハンキンポーなのでカンフードラマでしょうね。やっぱりサモ・ハンキンポーと共演するんだ。「網絡・娯楽・英雄会」に出演した時のインタビューで、「拍一部跟紅金宝他イ門」と答えていて、「紅金宝」は「洪金宝」のことじゃないかと思っていたので。すごいなー、「デブゴン」と共演だなんて。でも、そうゆー路線に行ってしまうの?アクションばっかりじゃ、ちょっとヤダナーと思ったりして。それに身体は大丈夫なんですか?
新浪(竟報)

霆鋒の《釈放》について

picture.jpg

ニコさんのアルバム《釈放》のプロモ活動は続いています。
ところで、《釈放》についてこんな記事をみつけました。

 《釈放》は霆鋒にとって、会社に従わず自己の主張を貫いた特別な1枚となった。
 今回、《釈放》に収める曲の製作を多くのアーティストに依頼する際に、霆鋒は
 「個人的な小さな感情についてではなく、もっと大きな世界について書いて欲しい」
 と頼もうとしたが、会社側は「そんなCDは売れない」とその考えを拒絶した。
 でも霆鋒は黄家駒の影響をとても受けていて、彼もまた感情についての歌も書いて
 いるけれども、その大部分は世界についての曲だ。
 会社は思い切って霆鋒に感情について歌わせないことにしたけれど、予算の問題と
 霆鋒との契約のため、もし楽曲が15曲を超える場合は超過した分の金額を霆鋒が
 払うことにした。
  東方早報

ザーッと読んだだけなので訳が間違っているかもしれません。
でも、要するに今回のアルバム製作に関してはニコさんは自分の希望を通すことができたということで、念願かなってやっと自分の作りたいものを作ることができたんですね。しかも1年もかけてじっくり取り組めたし。前にもニコさんが「今回のアルバムはもうけは度外視」みたいな事を言っていたのを読みました。でも、もしこれが売れなかったら、今度はもうニコさんの主張は会社に通らなくなるわけで、まさに背水の陣だった?!
《釈放》が多くの人に受け入れられ、たくさんたくさん売れるといいなと思います。

2006年01月09日

霆鋒の「光頭」その後

以前、ニコさんに《康朝秘史》というドラマの皇帝役の話があり、ニコさんは役のためになら頭を剃ることも厭わないと意欲を見せていたのですが、その後やはりどうしても坊主頭にできないという理由で出演を断念したというニュースがありました。
その件が記事になっていたので拾ってきました。ニコさんと交代して夏雨(シャア・ユイ)が演じることになったそうです。

 以前《康朝秘史》には謝霆鋒が出演することが決まっていたが、彼にはCM出演の契約が
 あり、ずっと頭を剃ることができなかった。ドラマ撮影スタッフは待っていたが、やはり
 待てないということで最終的に監督が役の交代を決定した。夏雨が謝霆鋒に代わって出演
 する。
  北京娯楽信報

《情癲大聖》でお坊さんの役をやった時でも頭は剃りませんでしたからね。シャンプーのCMに出たりするのに、やっぱり髪の毛はないと困るってことでしょう。ニコさんの坊主頭も一度くらいは見てみたかったし、何より美し〜い若き皇帝が見られるかと期待していただけにちょっと残念。でもニコさんが断念したというより、監督さんから交代を言い渡されたみたいで仕方ないですね。シャンプーのCM撮影はカツラでどうにかできなかったんでしょうか(ダメか、やっぱり)。
大陸のファン達は「霆鋒の光頭、絶対反対!」と騒いでいたから、ドラマ降板でホッとしたことでしょう。

 ※ずっと前のCM撮影の時の画像を引っ張り出して来ました。“皇帝”ニコさんです。

5029.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。